検索頁へ
 
件 (1/1337頁) 総数26737件
  子育て・能力形成(家庭・学校・企業)  

353188
社員の活力を引き上げるには? 20/01/27 PM11
働く人におせっかいを焼くために生まれた、「オフィスOKAN」。 峯川道明

353183
心の本体=共認機能の形成過程 20/01/27 PM09
遊びと仲間関係 宮田一郎

353182
サル社会を解明しよう 20/01/27 PM09
人間と類人猿の子育ち・子育てについて考える 匿名希望

353180
社員の活力を引き上げるには? 20/01/27 PM08
指示待ち人間はこうして自ら動く人材に成長する 直永亮明

353179
社員の活力を引き上げるには? 20/01/27 PM08
なぜすぐ行動できないのか? 石山 巌

353171
子育てをどうする? 20/01/27 PM01
「いないいないばあ」の驚くべき育脳効果とは。 松山恵実

353169
もはや学校は終っている 20/01/27 AM10
『数をかぞえられない』学生が急増  匿名希望

353168
共認心理学:現代の精神病理 20/01/27 AM09
「教育熱心な親」の子が潰れる原因 kanarchy

353160
密室家庭は人間をダメにする 20/01/26 PM11
身体を動かし子どもの集中力や判断力を高める わたっきー

353136
もはや学校は終っている 20/01/25 PM10
なんと7000種!和紙で作られた寺子屋の教科書 匿名希望

353135
次代の活力源は? 20/01/25 PM10
「不登校の子のSNS」は現実逃避でムダなのか 井垣義稀

353134
もはや学校は終っている 20/01/25 PM09
不登校を病気扱いする医療 植田正治

353133
次代の活力源は? 20/01/25 PM09
子供達に伝統的な集団遊びと外遊びは、大人になって社会スケールの闘争課題に挑むときの心と体の構えを育む 持国天
トラック
バック
次代の活力源は? 20/01/25 PM09
大人こそ遊べ!2〜「必死」ではなく「夢中」になるために〜 これからは探求の時代

353131
社員の活力を引き上げるには? 20/01/25 PM08
ラグビー日本のメンタル変えた女性の凄い手法 大川剛史

353128
試験・身分制度の根深い害 20/01/25 PM06
日本を弱体化させる大学序列と入試制度 野崎章

353127
密室家庭は人間をダメにする 20/01/25 PM05
学力も体力もカネで買う時代 長曾我部幸隆
トラック
バック
もはや学校は終っている 20/01/25 PM03
子供の不登校に疲れた……子供のケアの前に親自身のケアをする方法 感謝の心を育むには

353122
環境破壊 20/01/25 AM10
化学物質が子供からIQを奪っている 中田燿平
トラック
バック
次代の活力源は? 20/01/24 PM09
お手伝いできる子は出来る子?7 〜そのうち起業する子も出てくる1 感謝の心を育むには
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp