検索頁へ
 
件 (1/1368頁) 総数27357件
  子育て・能力形成(家庭・学校・企業)  

359035
社員の活力を引き上げるには? 20/08/05 PM09
仕事のチームワークとは? チームをうまく機能させるための5つのポイント 志葉楽

359034
るいネットを応援する 20/08/05 PM09
【メルマガるい927】 一体充足のない集団では勝てない! [2020.08.04] るいネット編集部
トラック
バック
もはや学校は終っている 20/08/05 PM09
普通じゃない「普通高校」 感謝の心を育むには

359002
社員の活力を引き上げるには? 20/08/04 PM07
集団とはA〜日本人が持つ二面性〜 前野将克

359000
社員の活力を引き上げるには? 20/08/04 PM06
集団とは@〜共同体集団と機能体集団〜 前野将克

358996
密室家庭は人間をダメにする 20/08/04 PM03
ルールが決まっている遊びの方がいい?><。。 女の職場話
トラック
バック
新しい男女関係(→婚姻制)の模索 20/08/04 AM09
セックスレスは人類滅亡の危機。どうする 共同体社会と人類婚姻史

358970
子育てをどうする? 20/08/03 PM06
「遊ぶ子」と「忙しい子」自己肯定感に出る大差 大川剛史

358969
子育てをどうする? 20/08/03 PM05
『子どもは遊びが仕事』!教育改革で不安を感じ父・母へ 直永亮明
トラック
バック
子育てをどうする? 20/08/03 PM03
こどもが外で遊ぶことの大切さ 〜そっか4 感謝の心を育むには

358964
これからの暮らしはどうなるの? 20/08/03 AM10
「ウサギ小屋(xLDK信仰)」から脱却 姜ヨセフ

358961
これからの暮らしはどうなるの? 20/08/03 AM02
身体性の重視が人類を救う 匿名希望

358951
収束不全:やりたいことが見つからない 20/08/02 PM09
「悩むだけの人」は自分の人生を無駄にしている 長曾我部幸隆

358950
試験制度と暗記脳 20/08/02 PM09
考えるな、悟れ。東洋哲学の「身もふたもない」神髄 別所彦次郎
トラック
バック
もはや学校は終っている 20/08/02 PM09
この先生がすごい!子どもたちのやる気を引き出す数々の仕掛けとは 感謝の心を育むには

358947
共認心理学:現代の精神病理 20/08/02 PM08
親の機嫌が子供の感情発達に影響する きんぐ

358941
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/08/02 PM01
資本主義・個人主義・社会契約の浸透が少子化の元凶 どうなる資本主義

358934
社員の活力を引き上げるには? 20/08/01 PM11
松下幸之助や本田宗一郎も。人を活気づかせる経営者がしている事 伊達政宗

358911
子育てをどうする? 20/08/01 AM02
日本の性教育はセックス中心? kanarchy
トラック
バック
企業を共同体化するには? 20/08/01 AM00
女性社員の活躍は風土づくりから これからは探求の時代
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp