検索頁へ
 
件 (1/1328頁) 総数26543件
  子育て・能力形成(家庭・学校・企業)  

351849
密室家庭は人間をダメにする 19/12/12 PM05
子供の外遊び、絶滅危機 街中に遊び場「プレーバス」期待 柴田英明
トラック
バック
もはや学校は終っている 19/12/12 PM03
学校教育がダメな理由と、学校には価値がある」という主張が無意味なわけ 感謝の心を育むには

351836
密室家庭は人間をダメにする 19/12/12 AM01
「孤食」という問題 匿名希望

351830
もはや学校は終っている 19/12/11 PM10
『勉強させない為に』勉強させられている日本 姜ヨセフ

351827
密室家庭は人間をダメにする 19/12/11 PM10
小学生の76・5%、中学生の94・9%が近視 慶應義塾大研究チームの調査 前田重男

351826
試験・身分制度の根深い害 19/12/11 PM09
子供の受験で"嫉妬心"を抱く高学歴の親の葛藤 大崎

351805
密室家庭は人間をダメにする 19/12/10 PM11
家庭でのお母さんの存在は「笑顔」、すなわち「輝き」です。 姜ヨセフ

351797
密室家庭は人間をダメにする 19/12/10 PM06
家庭や小集団で虐待やイジメが発生するのは、親和充足が欠落した先にある「ゆがんだ闘争充足」に意識が向かうからだ。 是安知和

351795
密室家庭は人間をダメにする 19/12/10 PM05
精神破壊は自主性を重んじた末路の姿 匿名希望
トラック
バック
もはや学校は終っている 19/12/10 PM03
いじめがなくならない〜根本原因は学校という特殊空間にある。 感謝の心を育むには

351767
社員の活力を引き上げるには? 19/12/09 PM08
やる気満々な人ほど「目標達成」できない理由 大崎

351758
子育てをどうする? 19/12/09 PM00
外遊びの大切さ!子供をもっと外で遊ばせよう 匿名希望

351756
社員の活力を引き上げるには? 19/12/09 AM10
「称賛し合う文化」は自発的な行動を生むーー組織の一体感醸成で得た確信 柴田英明

351738
もはや学校は終っている 19/12/08 PM08
失敗も含めて生徒を否定しない学校 匿名希望

351736
もはや学校は終っている 19/12/08 PM07
大学入試から、英語を外すこと。それが英語の上達の最初で最後の条件だ。 大森久蔵

351720
密室家庭は人間をダメにする 19/12/08 AM02
おせっかい文化の復活が解決の鍵 匿名希望

351719
もはや学校は終っている 19/12/08 AM01
科学的に正しい子どもの教育――最高の学習ツールは〇〇〇だった! 紀伊谷高那

351718
共認心理学:現代の精神病理 19/12/08 AM00
いまの子供たちを苦しめている虐待やいじめの辛さは、原猿時代の弱オスたちの辛さを上回っている 是安知和

351716
共認心理学:現代の精神病理 19/12/07 PM11
子供を殺す「鬼母」 動物としての本能が消失 匿名希望

351715
密室家庭は人間をダメにする 19/12/07 PM11
幼稚園児が刃物を振り回す時代 匿名希望
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
因果関係と収束関係(実現関係)の矢印
原因→逆境(不全)⇒どうする?⇒可能性収束  
原基構造の不変部分と可変部分
「観念力を鍛えるには?」(1) 話し言葉と書き言葉の断層はどこから登場したのか?
「観念力を鍛えるには?」(2) 5000年前の文字登場以降、共認機能は衰弱している?
「観念力を鍛えるには?」(3) 「理解する」とはどういうことか?
「観念力を鍛えるには?」(4) 求道者と解釈者では思考の自在さが全く違う
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
『生命と場所』より…生命観
共生思想ということ
精霊の措定は手順律の逆転か?
「生物的な知」と「機械的な知」
「変性願望」批判
認識の創発性
認知と探索と統合
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
未知の世界の知性?
シャーマニズムと幻覚回路
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp