検索頁へ
 
件 (1/1336頁) 総数26711件
  子育て・能力形成(家庭・学校・企業)  

353001
共認心理学:現代の精神病理 20/01/20 PM10
無意味に子どもの短所を指摘する親たちの「罪」 井垣義稀

353000
共認心理学:現代の精神病理 20/01/20 PM10
本当の育児はその子が生まれる 20〜30年前から始まる 柏木悠斗

352999
もはや学校は終っている 20/01/20 PM09
最近の学校に蔓延する「SNSいじめ」の実態 ビッグチキン
トラック
バック
もはや学校は終っている 20/01/20 PM09
学校で成績のいい良い子にはならない方がいい? 感謝の心を育むには

352996
社員の活力を引き上げるには? 20/01/20 PM07
働く全ての人に読んで欲しい1冊。リカルド・セムラー著「奇跡の経営」が人生を変える! 大川剛史

352994
密室家庭は人間をダメにする 20/01/20 PM03
からだだけ動かしてもダメ!「頭と、心と、からだが統合された感覚」の体験である「遊び」を☆ 男と女の職場話

352967
密室家庭は人間をダメにする 20/01/19 PM01
遊びの大切を改めて知りました 酒井俊弘

352966
密室家庭は人間をダメにする 20/01/19 PM00
本能に根ざした「遊び」だから能力形成に直結する 宮田一郎
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 20/01/18 PM09
農と全人教育3〜田植え体験の意味 新しい「農」のかたち

352937
社員の活力を引き上げるには? 20/01/18 PM06
学習やチャレンジを誘発させるシステムは作れるのか・・・闘える組織、人に活力をもたらす組織づくりとは? 是安知和

352935
共認心理学:現代の精神病理 20/01/18 PM05
男の子ママ震撼! あの事件に学ぶ、わが子に言ってはいけない言葉とは? 柴田英明
トラック
バック
子育てをどうする? 20/01/18 PM03
お手伝いできる子は出来る子?6 〜子ども家事の三原則 感謝の心を育むには

352925
社員の活力を引き上げるには? 20/01/18 PM01
「思い」より強烈な「野望」が責任感や実行力を生み出す 匿名希望

352924
素人による創造 20/01/18 PM00
閃きを生むにはどうする? 佐藤有志

352923
素人による創造 20/01/18 AM10
伝統産業とひとをつなぐ「能作」の秘密(社員15倍! 見学者300倍! 踊る町工場) 紀伊谷高那

352908
試験・身分制度の根深い害 20/01/17 PM10
目指すものは「メシが食える大人」「モテる人」〜花まる学習会が目指すもの 石山 巌

352907
密室家庭は人間をダメにする 20/01/17 PM09
ひきこもり100万人超:日本では家族単位で社会から孤立する 光大

352906
密室家庭は人間をダメにする 20/01/17 PM09
「折り紙」「けん玉」等。昔の子供たちは日本古来の遊びから多くを学んでいた 匿名希望
トラック
バック
密室家庭は人間をダメにする 20/01/17 PM09
子どもにとって遊びはなぜ大事? 発達心理学から見た遊びの役割 感謝の心を育むには

352900
試験・身分制度の根深い害 20/01/17 PM06
外国人留学生が過去最高 中国で「日本の大学は楽」と思われている 匿名希望
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp