検索頁へ
 
件 (1/1301頁) 総数26015件
  子育て・能力形成(家庭・学校・企業)  

348807
本能⇒共認機能⇒観念機能 19/08/25 PM10
活力再生の道⇒適応不全に陥った生物は根源=「0」=古い機能に戻って生きて来た歴史がある 酒井俊弘

348806
社員の活力を引き上げるには? 19/08/25 PM10
新しい葬儀社アイル社の「変革する社員を育てる」急成長を生み、社会課題を解決する人事制度 玉田 聡

348805
もはや学校は終っている 19/08/25 PM10
実業学校の潮流〜職人養成学校「匠の学舎」 宮田一郎
トラック
バック
企業を共同体化するには? 19/08/25 PM09
肩書きを超えた『役割』を共認した集団は強い! これからは探求の時代

348795
次代の活力源は? 19/08/25 PM01
本物・本質に触れることで追求欠乏(学ぶ意欲)を生起させる 匿名希望

348794
次代の活力源は? 19/08/25 PM00
メモるべきはインプットではなくアウトプット 吉 四六

348793
社員の活力を引き上げるには? 19/08/25 AM10
モチベーションが上がらないときに考えるべきは、マネジメント術ではありません⇒期待の掛け方 大川剛史

348792
社員の活力を引き上げるには? 19/08/25 AM09
人材育成どうする? 匿名希望

348780
次代の活力源は? 19/08/24 PM10
働くことから学ぶ教育 井垣義稀

348779
密室家庭は人間をダメにする 19/08/24 PM09
“日常的に”自然で遊ぶメリット。「感性で動く」幼少期に多くの自然体験をすべき理由 紀伊谷高那

348778
子育てをどうする? 19/08/24 PM09
「夢を持て」と強要するのも、夢を否定するのも、子どもを潰す 蔵端敏博

348777
もはや学校は終っている 19/08/24 PM09
国民を洗脳するための義務教育 西本圭
トラック
バック
密室家庭は人間をダメにする 19/08/24 PM08
子供の仕事は遊びである!36 〜遊んだ子の方が成績がいい、、そこはどうでもいいんだけど 感謝の心を育むには

348775
もはや学校は終っている 19/08/24 PM08
型にはまらない為には、まず型を知る 二島圭入

348774
社員の活力を引き上げるには? 19/08/24 PM07
社内スペースを開放し、イノベーションを生む新しい働き方。 大崎

348773
社員の活力を引き上げるには? 19/08/24 PM07
様々なアイデアを生み出し続ける、オフィス内の「キューブ」スペース 新川啓一

348753
社員の活力を引き上げるには? 19/08/23 PM11
若者の言動に抱く「違和感」を「好奇心」に変えよ 匿名希望

348751
社員の活力を引き上げるには? 19/08/23 PM11
「ありがとう」よりも伝わる感謝の方法 匿名希望

348750
社員の活力を引き上げるには? 19/08/23 PM10
相手に喜んでもらうために「ありがとう」 匿名希望

348749
次代の活力源は? 19/08/23 PM10
しあわせだから感謝するのではなく、まずは感謝 伊達政宗
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp