検索頁へ
 
件 (1/1299頁) 総数25977件
  子育て・能力形成(家庭・学校・企業)  

348639
民主主義と市民運動の正体 19/08/19 PM11
民主主義と家父長権と学校 匿名希望

348638
次代の活力源は? 19/08/19 PM10
岸恵子さんが、子供をやめると決心した日 小圷敏文

348637
密室家庭は人間をダメにする 19/08/19 PM10
泥んこ遊びを嫌がる子供 ビッグチキン

348636
私権社会の婚姻制 19/08/19 PM10
子ども、彼らは誰だったか。 匿名希望

348633
密室家庭は人間をダメにする 19/08/19 PM10
結婚の新しいかたち 五芒星

348628
もはや学校は終っている 19/08/19 PM08
寺子屋の「手習い」は手本の意味内容を理解することを通して実学と修身とを習得すること。 わたっきー

348627
密室家庭は人間をダメにする 19/08/19 PM08
うちの4歳児が小学生と遊びたがる訳 西本圭

348626
脳回路と駆動物質 19/08/19 PM08
「10代の脳」と正しく付き合う方法 匿名希望

348625
子育てをどうする? 19/08/19 PM07
脳重量の発達は身長や体重にくらべてとても速い。成長に応じた外圧の適応戦略が重要。 日出・真田十勇士

348624
もはや学校は終っている 19/08/19 PM06
本気の外遊びが、子供達の意欲・能力を開花させていく 千葉裕樹

348623
次代の活力源は? 19/08/19 PM05
“課題探究”で答えのない課題に挑戦、志を持って突き進む人材を育成する 直永亮明

348620
本能⇒共認機能⇒観念機能 19/08/19 PM00
高速音読で辿り着く境地 K.F

348619
もはや学校は終っている 19/08/19 AM10
劣等感を植え付ける教育はおかしい コキマール

348618
もはや学校は終っている 19/08/19 AM09
スイスの強さを支える職業教育システム 竹村誠一

348609
企業を共同体化するには? 19/08/18 PM10
どんな職場働きたい?〜自分を信じて仲間を信じてチャレンジしていく進んでいく〜 松山恵実

348608
次代の活力源は? 19/08/18 PM10
「仕事が嫌だ」という人も、潜在的には働くことが活力源であることに気づいている 久里亜

348607
社員の活力を引き上げるには? 19/08/18 PM10
なぜチームの生産性が上がらないのか?若手リーダーが押さえておきたい4箇条 大川剛史

348603
社員の活力を引き上げるには? 19/08/18 PM08
真似るが勝ち!最短で成功するためのマネ方手順 伊達政宗

348598
もはや学校は終っている 19/08/18 PM03
受験も勉強も教えない教室 井垣義稀

348596
もはや学校は終っている 19/08/18 PM01
「社会に対する問題意識」と、その「本気度」が問われるのが、AO入試 野崎章
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp