検索頁へ
 
件 (1/1327頁) 総数26531件
  子育て・能力形成(家庭・学校・企業)  

351738
もはや学校は終っている 19/12/08 PM08
失敗も含めて生徒を否定しない学校 匿名希望

351736
もはや学校は終っている 19/12/08 PM07
大学入試から、英語を外すこと。それが英語の上達の最初で最後の条件だ。 大森久蔵

351720
密室家庭は人間をダメにする 19/12/08 AM02
おせっかい文化の復活が解決の鍵 匿名希望

351719
もはや学校は終っている 19/12/08 AM01
科学的に正しい子どもの教育――最高の学習ツールは〇〇〇だった! 紀伊谷高那

351718
共認心理学:現代の精神病理 19/12/08 AM00
いまの子供たちを苦しめている虐待やいじめの辛さは、原猿時代の弱オスたちの辛さを上回っている 是安知和
トラック
バック
もはや学校は終っている 19/12/08 AM00
日本の学校から「いじめ」が絶対なくならないシンプルな理由 感謝の心を育むには

351716
共認心理学:現代の精神病理 19/12/07 PM11
子供を殺す「鬼母」 動物としての本能が消失 匿名希望

351715
密室家庭は人間をダメにする 19/12/07 PM11
幼稚園児が刃物を振り回す時代 匿名希望
トラック
バック
子育てをどうする? 19/12/07 PM03
お手伝いできる子は出来る子?2 〜お手伝いによる効能2 感謝の心を育むには

351699
次代の活力源は? 19/12/07 PM01
「遊ぶように働く」を本当に実現した人の発想 〜学歴や職歴よりずっと大事なこと〜 井垣義稀

351697
共認心理学:現代の精神病理 19/12/07 AM10
自己肯定感という「閉じた世界」からの脱出 望月宏洋

351681
社員の活力を引き上げるには? 19/12/06 PM08
優れた思考は、練られた言葉に現れる。 別所彦次郎

351678
もはや学校は終っている 19/12/06 PM07
日本の15歳の子どもたちの読解力が8位→15位に 匿名希望

351673
社員の活力を引き上げるには? 19/12/06 PM01
時間が足りないと嘆く人は、まず最初に「行動の断捨離」をせよ 津田大照

351672
次代の活力源は? 19/12/06 PM00
教育の本質は実体験と感動からくる恩返し たかじん

351669
社員の活力を引き上げるには? 19/12/06 AM10
「働き方の多様化」の裏側と〈箱〉の秘密 匿名希望

351668
もはや学校は終っている 19/12/06 AM09
大卒・院卒の方が高卒よりもAIに仕事を奪われる可能性が高いという報告 蔵端敏博

351642
社員の活力を引き上げるには? 19/12/05 PM01
あなたのタイプはどれ?リーダーにふさわしい自己表現の型は? 伊達政宗

351631
社員の活力を引き上げるには? 19/12/05 AM10
オフィスを創造空間にするには? 新川啓一

351630
社員の活力を引き上げるには? 19/12/05 AM09
誰でも歓迎!の社員食堂を作った設計事務所 北口真穂
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp