検索頁へ
 
件 (1/1165頁) 総数23295件
  子育て・能力形成(家庭・学校・企業)  

335953
学校って、必要なの? 18/05/25 PM09
試験制度、学校制度への評価軸への疑問 匿名希望

335952
共認心理学:現代の精神病理 18/05/25 PM09
教室で突然みんなが無視…「いじめ調査」で感じた教育現場の限界 廣渕一志

335951
学校って、必要なの? 18/05/25 PM09
消えてなくなれPTA! 母親たちの切実な叫び 月あかり

335950
社員の活力を引き上げるには? 18/05/25 PM08
2018年は副業解禁元年! 上前二郎

335949
社員の活力を引き上げるには? 18/05/25 PM08
探求型の人材育成 匿名希望

335948
社員の活力を引き上げるには? 18/05/25 PM08
アマゾンはなぜ最強なのか。破壊者に共通する最強の思考法 紀伊谷高那

335947
社員の活力を引き上げるには? 18/05/25 PM07
オフィス空間から見る新たな働き方の変化「共創の場」〜個人の資質に頼るのではなく、チームで取り組む生産性の向上 津田大照

335941
心の本体=共認機能の形成過程 18/05/25 PM00
赤ちゃんに一切愛情を与えない実験をした結果 加藤俊治

335940
密室家庭は人間をダメにする 18/05/25 AM10
家族と同居している高齢者の『孤独死』 匿名希望

335924
試験制度と暗記脳 18/05/24 PM07
大学と企業が教育連携事業を行う可能性。正解のない問いに、共に挑む。 秋田稔行

335920
密室家庭は人間をダメにする 18/05/24 PM01
あなたは大丈夫?過保護な親の口癖チェック 匿名希望

335919
心の本体=共認機能の形成過程 18/05/24 PM00
育児は親子のコミュニケーション!「スキンシップ」と「ことば」の力 華里

335904
学校って、必要なの? 18/05/23 PM09
学校における教育・学習を支える集団・コミュニティの問題・・・E 加藤俊治

335903
試験・身分制度の根深い害 18/05/23 PM09
塾がないデンマーク 変わる教育制度 山上勝義
トラック
バック
学校って、必要なの? 18/05/23 PM08
14歳は大人です!〜教育制度が大人への扉を閉ざしている 感謝の心を育むには

335901
学校って、必要なの? 18/05/23 PM08
いじめはなぜ起こる?〜いじめの背景にある環境要因とは〜 大越菜央

335900
学校って、必要なの? 18/05/23 PM07
学校教育は勝利至上主義の場に成り下がっている。 ABC豆

335899
学校って、必要なの? 18/05/23 PM07
大企業すらも、学歴信仰から転換しつつある・・・大企業に続々"国立グローバル高専"の実力 時田 弘

335898
試験・身分制度の根深い害 18/05/23 PM06
大企業に勤めるサラリーマンは「弱者」ではないが、多くは「脆弱(ぜいじゃく)」だ。 長曾我部幸隆

335897
試験・身分制度の根深い害 18/05/23 PM05
「人並みで十分」な新入社員が増えている「働くこと」に対して冷めている 「仕事は手段」が、指示待ちを生む 今井勝行
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp