検索頁へ
 
件 (1/25頁) 総数489件
  農業・食品・健康・医療  

357172
暴走する悪徳エリートの所業 20/05/26 PM10
◆21世紀という時代は「ウイルスの機能獲得学」を巡ってウイルス学者たちとゲイツ財団が共に進んだ人類統制のためのパンデミックへの道だったC Bannister

357164
暴走する悪徳エリートの所業 20/05/26 PM08
◆21世紀という時代は「ウイルスの機能獲得学」を巡ってウイルス学者たちとゲイツ財団が共に進んだ人類統制のためのパンデミックへの道だった@ Bannister
トラック
バック
新しい共認勢力 20/05/26 PM05
追求勢力登場の予感 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
新資源・新エネルギーの開発は? 20/05/25 PM09
木は伐採してからも生きている〜「自然界にある温度でなきゃかわいそう」 生物史から、自然の摂理を読み解く
トラック
バック
私権原理から共認原理への大転換 20/05/24 AM00
今回のコロナ禍でグローバル社会から共同体社会へ転換するのか? -エピローグ 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 20/05/23 PM09
農的社会7〜改めて、日本農業の強みと課題を整理する 新しい「農」のかたち
トラック
バック
食糧危機は来るのか? 20/05/20 PM03
コロナ後は、食糧不足で社会混乱か? 金貸しは、国家を相手に金を貸す
トラック
バック
経済破局は来るのか? 20/05/19 PM03
ロスチャ・中国の野望と奥の院2 〜コロナ後、9月頃までの動き。株式暴落・大恐慌から国家紙幣導入へ〜 日本を守るのに右も左もない

356886
環境破壊 20/05/17 PM10
5G、重大な健康被害示す研究相次ぐ…世界で導入禁止の動き、日本では議論すら封印 匿名希望

356840
暴走する悪徳エリートの所業 20/05/16 PM11
NY:「人工呼吸器はつけないで!」と懇願する患者・人工呼吸器の患者は致死率90% 紀伊谷高那
トラック
バック
世界各国の状況 20/05/15 PM03
キューバ:食料・エネルギー危機から生まれた、都市型有機農業と省エネな暮らし 新しい「農」のかたち

356712
経済破局は来るのか? 20/05/14 PM09
コロナ後、3割の人が元の仕事に戻れず、残りは収入激減の衝撃予測。 橋本正雄
トラック
バック
これからの暮らしはどうなるの? 20/05/14 PM08
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/05/14 AM00
コロナに見る頭脳支配の構図 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
マスコミに支配される社会 20/05/13 PM09
新型コロナウイルスは、どうやって感染するのか? そして重症化する患者の特徴は? 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
健康と食と医 20/05/13 PM07
近年の食の異常事態〜微生物との共存は、人間の体内だけでなく自然界も全く同じ仕組み 生物史から、自然の摂理を読み解く

356645
これからの暮らしはどうなるの? 20/05/13 AM10
「Zoom疲労」はなぜ起こる?〜外識機能が十全に働かない?! 女の職場話
トラック
バック
共認運動をどう実現してゆくか? 20/05/12 PM09
今回のコロナ禍でグローバル社会から共同体社会へ転換するのか? -4.既存ライフラインへの危機感とエネルギー自給への流れ 共同体社会と人類婚姻史

356605
食糧危機は来るのか? 20/05/12 PM05
自分の頭と体で何ができるか 〜菜園つき別荘「ダーチャ」で生活力を養ってきたロシア人 竹村誠一
トラック
バック
西欧科学は狂っている 20/05/12 AM00
健康強化(免疫力強化)はミトコンドリアの活性〜健康の原点はマイナスイオン、微量ミネラルとソマチット 生物史から、自然の摂理を読み解く
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp