検索頁へ
 
件 (1/222頁) 総数4422件
  農業・食品・健康・医療  

358148
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/07/04 AM01
過去(科学)を忘れ議論収縮 失った未来−1 森羅万象

358122
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 20/07/03 AM02
こんなに違う「人種と健康」―日本人は善玉菌が多く、日和見菌が少ない― 穴瀬博一

358090
健康と食と医 20/07/01 PM10
コロナウイルスがヒトの免疫系を機能麻痺させるメカニズム 本田真吾
トラック
バック
マスコミに支配される社会 20/07/01 PM09
コロナで世界中の対応が金太郎あめなのは、なんで? 金貸しは、国家を相手に金を貸す

358035
マスコミに支配される社会 20/06/29 PM08
PCR検査とは何か?発明者が「PCRでは、感染症の検査は出来ない」と言っている 和三盆

358031
農村を活性化させる為には? 20/06/29 PM06
ピロール農法(ラン藻農法)の可能性 〜シアノバクテリアの力で土壌が変わる! 竹村誠一
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 20/06/29 PM05
農的社会12〜コミュニティ農業U.地域農業の主体 新しい「農」のかたち
トラック
バック
新資源・新エネルギーの開発は? 20/06/28 AM00
自然の摂理に則った「日本文明(木の文明)→地域循環共生社会」に向う 生物史から、自然の摂理を読み解く
トラック
バック
食糧危機は来るのか? 20/06/27 PM09
イナゴに続いて史上最悪の大洪水、中国「三峡ダム」決壊の危機 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
西欧科学は狂っている 20/06/21 PM09
5G電磁波で世界はどう変わる? 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 20/06/21 PM05
農的社会11〜コミュニティ農業T.概観 新しい「農」のかたち

357820
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/06/20 PM10
英国では20%以上がコロナはヤラセと考え、米国でコロナ死者数を信じる人は20%以下 紀伊谷高那
トラック
バック
本能⇒共認機能⇒観念機能 20/06/20 PM06
有機農法を続けて得た熟練の境地「稲に見られている」 新しい「農」のかたち

357793
共認心理学:現代の精神病理 20/06/19 PM10
スマホが原因? 若者の”セックス離れ”が米国でも確認される A 立川久

357788
経済破局は来るのか? 20/06/19 PM08
戦争の噂に満ちた世界、そして民は民に、国は国に敵対して立ち上がっている今、朝鮮半島発の終末の観念と、ラダックからの混乱を再び見ている 匿名希望

357736
人類の起源と人類の拡散 20/06/17 PM09
腸内細菌に有用なのは「加熱した野菜」だけ。そこから考える人類が調理を始めた意味 穴瀬博一

357732
経済破局は来るのか? 20/06/17 PM07
コロナ禍が突付ける病院経営〜全国の3分の2の病院が赤字転落 中村英起
トラック
バック
市場の支配構造(金貸し支配) 20/06/17 AM00
これから起きること 〜私権・市場時代の遡り、逆回転現象〜 日本を守るのに右も左もない

357711
生物学を切開する 20/06/16 PM10
免疫の誤作動を防止する、自然免疫と獲得免疫の相互確認の制御システム 麻丘東出

357705
これからの暮らしはどうなるの? 20/06/16 PM08
消費を「不要不急」と「必要」に分けて調べてみた 大川剛史
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp