検索頁へ
 
件 (1/172頁) 総数3433件
  農業・食品・健康・医療  

333576
日本を守るのに、右も左もない 18/02/19 PM10
種子法廃止がもうすぐ実施。どうなる? 花山薫

333500
これからの暮らしはどうなるの? 18/02/16 PM05
ワークライフバランス ⇒ ワークアズライフ 志葉楽

333337
農村を活性化させる為には? 18/02/09 PM06
最適な環境の日本でなぜ林業は衰退するのか・・・「自伐型の林業に活路」 本田真吾

333332
農村を活性化させる為には? 18/02/09 PM00
起業家に最長3年間のベーシックインカムを提供開始、3市町エリアに新たに導入 松下晃典

333298
健康と食と医 18/02/07 PM09
インフルエンザの爆発的流行を作り出しているのが「ワクチンそのもの」である可能性が浮上。最新の医学論文に示される「ワクチン摂取は《呼気からのウイルスの排出を6倍》にしている」という事実 廣渕一志

333285
健康と食と医 18/02/07 AM10
世界医薬産業の犯罪 化学・医学・動物実験コンビナート 〜医学シンジケート 岸良造

333266
るいネットを応援する 18/02/06 PM07
【メルマガるい797】 インフルエンザの正体 [2018.02.06] るいネット編集部

333228
これからの暮らしはどうなるの? 18/02/04 PM11
12年後に実現する? 量子通信による「安全なインターネット」の可能性 古越拓哉

333203
農村を活性化させる為には? 18/02/03 PM10
農地解放が地域から経営を消滅させた〜農の企業家が語る「地主制の再評価」 根木貴大

333128
暴走する悪徳エリートの所業 18/01/31 PM10
世界医薬産業の犯罪 化学・医学・動物実験コンビナート ハンス・リューシュ 太田龍訳〜その3 岸良造

333115
暴走する悪徳エリートの所業 18/01/31 PM00
世界医薬産業の犯罪 化学・医学・動物実験コンビナート ハンス・リューシュ 太田龍訳〜その1 岸良造
トラック
バック
学校って、必要なの? 18/01/29 AM09
子どもの未来を考えるなら、学校で勉強などしている場合じゃない。 感謝の心を育むには

333025
人工物質の脅威:大気・水・食品 18/01/27 PM03
WiFiやスマホの電磁波が生物に与える影響 匿名希望

333024
農村を活性化させる為には? 18/01/27 PM02
◎四国バイオ炭普及プロジェクトから[バイオ炭リッチ]商品開発 山下安音

333001
市場は環境を守れない、社会を統合できない 18/01/26 PM03
世界からバナナがなくなるまえに   匿名希望

332932
健康と食と医 18/01/23 PM09
治療効果よりも有害性が恐ろしい人気の処方薬6種 本田真吾

332889
生物学を切開する 18/01/21 PM09
私たち人間の遺伝子情報(ゲノム)は「自らの腸内細菌によってコントロールされている」ことが判明 廣渕一志

332866
健康と食と医 18/01/20 PM07
人を健康にする発想が生んだ神経波磁力線発生器 岸良造

332829
健康と食と医 18/01/19 AM00
細胞の若返りが実現 二島圭入

332749
共認運動をどう実現してゆくか? 18/01/16 AM10
お金を入れるのではなく、人を集めることで地域活性化を目指す遠野市の人達 横田雅彦
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp