検索頁へ
 
件 (1/1889頁) 総数37763件
  農業・食品・健康・医療  

354148
マスコミに支配される社会 20/02/29 PM01
『病気は社会が引き起こす』 孫市

354147
マスコミに支配される社会 20/02/29 PM00
21世紀から突如として莫大に出現してきたウィルス。1984年まではエイズのみという事実。 匿名希望

354146
マスコミに支配される社会 20/02/29 AM10
堀江貴文氏、日本国内のコロナ反応に「騒ぎすぎ」 匿名希望

354130
経済破局は来るのか? 20/02/28 PM09
日本は脆弱(自転車操業)なのだから、経済というサイクルが止まってしまうと死んでしまう 匿名希望

354127
健康と食と医 20/02/28 PM08
新型コロナウイルスはただの風邪(2) 桃子

354126
経済破局は来るのか? 20/02/28 PM08
コロナ騒ぎの仕掛け人は、中国とロスチャ。狙いは、アメリカ経済の崩壊 縄文男児

354122
健康と食と医 20/02/28 PM07
医師が推奨 体力の十分な回復には睡眠時に衣類を着用しないのが有効 長曾我部幸隆

354115
マスコミに支配される社会 20/02/28 PM01
まだ新型肺炎の真実を隠す中国、このままでは14億人の貧困層を抱える大きいだけの国になる 光大

354114
マスコミに支配される社会 20/02/28 PM00
オリンピック強行か。「新型肺炎は夏までに終息する」と思考停止している日本政府 二島圭入

354113
マスコミに支配される社会 20/02/28 AM10
新型コロナウィルスを凌ぐインフルエンザが日本にも存在していた。1か月当たりの感染者数:160万人超・死者数500人超 天神地祇

354112
マスコミに支配される社会 20/02/28 AM09
新型コロナウイルス最新情報 2020-02-27 中国以外での感染拡大が急増しパンデミックの手前に 匿名希望

354105
日本を守るのに、右も左もない 20/02/27 PM10
日本の農戸数がこの20年で半減、若者の就学就農定住が期待される。 持国天

354101
これからの暮らしはどうなるの? 20/02/27 PM09
UAEが「学費無料」「全学給付の奨学金」「毎月の手当て」「健康保険」「住居付き」のAI専門大学を設立 野崎章

354095
マスコミに支配される社会 20/02/27 PM06
新型コロナウイルス最新情報 2020-02-26 ハーバード大学の科学者が「地球上の人類の最大70%がこの新型ウイルスに感染する」という見通しを発表 匿名希望

354094
マスコミに支配される社会 20/02/27 PM05
新型コロナウィルスで追い詰められる金貸し 本田真吾
トラック
バック
マスコミに支配される社会 20/02/27 PM03
いたずらに不安を煽る人間や報道の不思議 地球と気象・地震を考える

354091
健康と食と医 20/02/27 PM01
抗生物質の濫用はウィルス感染にも影響する HAYABUSA

354090
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 20/02/27 PM00
なぜ?PCR検査実施の保健所は土日祝の連休に休んでいるのか? 匿名希望

354089
人工物質の脅威:大気・水・食品 20/02/27 AM10
「ワクチンを打たない子供は私が見た中で一番健康な子供」医師が断言! 吉 四六

354087
マスコミに支配される社会 20/02/27 AM02
コロナウイルス感染拡大は「3月までに終結」と大御所が断言する理由 磯貝朋広
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp