検索頁へ
 
件 (1/1811頁) 総数36204件
  農業・食品・健康・医療  

343421
環境破壊 19/02/16 PM11
地球上の昆虫の減少が「カタストロフ的なレベル」であることが包括的な科学的調査により判明。科学者たちは「100年以内にすべての昆虫が絶滅しても不思議ではない」と発表 達磨防人

343414
農村を活性化させる為には? 19/02/16 PM07
過疎医療はおもしろい! 高梨俊寛

343391
健康と食と医 19/02/15 PM09
病気になる人の思考回路には共通点があるA〜病気を治すのではなく「やめてもらう」 小平健介

343390
健康と食と医 19/02/15 PM09
病気になる人の思考回路には共通点がある@〜病気も健康も自分が選んだ脳の動かし方に過ぎない 小平健介

343389
健康と食と医 19/02/15 PM08
医者の「余命宣告」は確証はなかった。 ABC豆
トラック
バック
私権原理から共認原理への大転換 19/02/15 AM00
ベーシックインカムを実験導入したフィンランドからの報告と今後の可能性 日本を守るのに右も左もない

343359
農村を活性化させる為には? 19/02/14 PM09
都市部に増え続ける「マルシェ」の魅力 匿名希望

343357
新資源・新エネルギーの開発は? 19/02/14 PM08
甘いトマトは高分子フィルムの上で育つ!「砂漠を緑に変える」ベンチャーの新技術 池谷菜奈子

343316
暴走する悪徳エリートの所業 19/02/13 AM02
日本の「精神医療」は患者をダメにしているのか(2/2) 山上勝義

343315
暴走する悪徳エリートの所業 19/02/13 AM01
日本の「精神医療」は患者をダメにしているのか(1/2) 山上勝義

343306
健康と食と医 19/02/12 PM10
医師が胃がん検診でバリウムを飲まない理由(2) 匿名希望

343305
健康と食と医 19/02/12 PM09
医師が胃がん検診でバリウムを飲まない理由(1) 匿名希望

343303
健康と食と医 19/02/12 PM09
インフルエンザワクチンを接種した人が呼吸するだけで、ウィルスが広まっている 久里亜

343286
健康と食と医 19/02/12 AM01
腸内微生物とメンタルヘルスとの関係が判明 吉 四六

343285
暴走する悪徳エリートの所業 19/02/12 AM00
医学論文の半分は不正」ランセット編集長の内部告発 志水満

343283
人工物質の脅威:大気・水・食品 19/02/11 PM11
微生物により生分解されるプラスチック 匿名希望

343282
環境破壊 19/02/11 PM11
深刻化する水銀汚染、その大きな要因は「金の採掘」だった 古越拓哉

343281
健康と食と医 19/02/11 PM10
本当は危ない植物油 柏木悠斗

343258
農村を活性化させる為には? 19/02/10 PM11
地域に根付いた農業は消費者が支える takajin

343257
農村を活性化させる為には? 19/02/10 PM11
荒廃農地が28・3万f 歯止めかからぬ農地の縮小 高梨俊寛
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp