検索頁へ
 
件 (1/1833頁) 総数36654件
  農業・食品・健康・医療  

346910
西欧科学は狂っている 19/06/19 PM08
地球の植物は、予測されていたより「500倍の速度で絶滅し続けて」いる 匿名希望

346909
健康と食と医 19/06/19 PM07
人と本物の食をつなげる takajin

346908
環境破壊 19/06/19 PM06
家畜の成長促進に使われる抗生物質が人体の免疫機能に影響を与える。 匿名希望

346907
生命原理・自然の摂理 19/06/19 PM05
土に触れる生活が心身の健康につながる。抗ストレスの妙薬は「土壌」にあった:研究結果 匿名希望
トラック
バック
新しい共認勢力 19/06/19 PM03
最も身近で誰もが当事者である「食」から、リアリティを取り戻していく 新しい「農」のかたち

346898
脳回路と駆動物質 19/06/19 AM01
筋肉を失うと脳の細胞も減少する。 匿名希望

346869
古代社会 19/06/18 AM01
水銀が貴重資源だった理由 竹村誠一

346868
健康と食と医 19/06/18 AM00
改めてみるカロリー計算のウソと成分表示の曖昧さ 匿名希望

346865
環境破壊 19/06/17 PM11
「5Gの“発がん性”は第一級、タバコに匹敵」がん研究の権威がガチ警告! 被曝・不眠・痒み・頭痛… 数々の健康被害が指摘される! 吉 四六

346858
これからの暮らしはどうなるの? 19/06/17 PM09
通信技術覇権で敗北する米国 5Gで先行する中国 技術開発の差は歴然 高梨俊寛

346838
健康と食と医 19/06/16 PM11
腸活は育菌の時代に 匿名希望

346830
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 19/06/16 PM08
あの悪名高いラウンドアップが、日本では今も別名で販売されている 匿名希望

346829
健康と食と医 19/06/16 PM08
透明なジュースにはらむ危険 松山恵実

346819
環境破壊 19/06/16 AM02
海の恵みを大切にしてきた日本で「海が死につつある」 蔵端敏博

346818
原発 19/06/16 AM01
放射性物質が北太平洋を循環 福島第1原発事故で流出 立川久

346805
未知なる回路:気・霊感・予知 19/06/15 PM09
早期死亡リスクを低減させるのは“笑い”の習慣化 「笑う門には福来る」は本当だった! 匿名希望

346804
人工物質の脅威:大気・水・食品 19/06/15 PM09
乳がん患者の8割は朝食にパンを食べている? 田村正道

346803
暴走する悪徳エリートの所業 19/06/15 PM08
製薬会社71社、288億円寄付 大学病院への売り込み手段 野崎章

346797
もはや学校は終っている 19/06/15 PM03
これから日本では業界ごと消滅するような大変化が起きる じゃがじゃーが

346795
これからの暮らしはどうなるの? 19/06/15 PM00
人を抜きにして、サービスは成り立つのか。 三上公平
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp