検索頁へ
 
件 (1/1729頁) 総数34574件
  農業・食品・健康・医療  

330465
健康と食と医 17/10/17 AM02
治ったときだけ支払う「成功報酬型」のがん治療薬「キムリア」で医療は変わるか? 匿名希望

330464
環境破壊 17/10/17 AM01
世界中の蜂蜜が殺虫剤で汚染されている 村上祥典

330458
共同体社会の実現 17/10/16 PM10
ベーシックインカムは、誰もが飢えずに生きる社会をデザインする B:私たちはすでに、太陽や水という恵みをベーシックインカムとして自然から貰っている 松重臣

330457
共同体社会の実現 17/10/16 PM09
ベーシックインカムは、誰もが飢えずに生きる社会をデザインする A:とりあえず飢えない収入があれば、働くことを義務とせず働いてしまう世の中になる 松重臣

330456
共同体社会の実現 17/10/16 PM09
ベーシックインカムは、誰もが飢えずに生きる社会をデザインする @:税金は生前より死後とるのがいちばん効率いい 松重臣

330431
これからの暮らしはどうなるの? 17/10/15 PM09
テレビに夢中になる子ども、危うさを感じてしまう「顔」 秋田稔行

330423
これからの暮らしはどうなるの? 17/10/15 PM07
「ビットコインは僕らのノアの箱舟」“ブロックチェーン世代”は国にも会社にも依存しない 落地独歩

330419
これからの暮らしはどうなるの? 17/10/15 PM03
資本主義の終焉?「価値を破壊することがもっとも儲かる」という禁断の果実 どうなる資本主義

330417
健康と食と医 17/10/15 PM00
「体にいい」は本当に体にいいのか? 花塚優人

330416
健康と食と医 17/10/15 AM10
ダンスで脳が若返る! 斎藤幸雄

330415
健康と食と医 17/10/15 AM09
私が「西洋薬」を基本的にやめていった経緯 佐藤晴彦

330412
生物の起源と歴史 17/10/15 AM01
人類とその共生微生物群が『超個体』として共進化してきたのだ 猪飼野

330375
新しい共認勢力 17/10/13 PM08
独メルケル首相は、GoogleやFBを欧州から締め出そうとしている 惻隠之心

330374
共認心理学:現代の精神病理 17/10/13 PM07
スマホにより崩壊する共認社会 二島圭入

330335
民主主義と市民運動の正体 17/10/12 PM00
国民をベーシックインカムで釣る希望の党「小池劇場」の三文芝居 1/2 磯貝朋広

330324
次代の活力源は? 17/10/11 PM09
「ミスなし、締切厳守」だけの経理では今後通用しない理由 孫悟空

330320
市場は環境を守れない、社会を統合できない 17/10/11 PM08
電子取引による株式市場という狂ったシステム 高橋克己

330319
これからの暮らしはどうなるの? 17/10/11 PM07
ビットコインに続く次なる爆騰「暗号通貨5選」 本田友人

330318
これからの暮らしはどうなるの? 17/10/11 PM07
ビットコインシステムの普及による膨大な電力はシステムが維持できなくなるほどの規模 中田燿平

330304
脳回路と伝達物質 17/10/10 PM11
ノーベル医学賞を受賞した「体内時計」に関する研究は、医療に革新をもたらす 古越拓哉
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp