検索頁へ
 
件 (1/54頁) 総数1070件
  原発・地震・気象・環境  
トラック
バック
地震・噴火・気象 17/08/16 PM11
地球内部に水は存在するのか? 地球と気象・地震を考える

328657
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/08/08 PM10
地球温暖化データはペテン科学と判明A(※動画文字起こし) 紺碧空

328636
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/08/07 PM11
「核のゴミ、この辺に捨てます」国が突如発表した恐ろしい意図〜科学的特性マップ発表 志水満

328570
地震・噴火・気象 17/08/05 AM02
日本列島の形成過程 北村浩司

328545
環境破壊 17/08/04 AM01
男性の精子レベルの著しい低下がイスラエルの大学の大規模調査で確認される。論理的な観点からは「西暦2060年に男性の生殖機能はこの世から消滅」する 1/2 吉 四六

328521
環境破壊 17/08/03 AM02
淡水魚たちの5分の1が《オスからメスへと》変化しつつある。その原因は川に入りこむ避妊薬 岸良造

328446
新資源・新エネルギーの開発は? 17/07/31 PM00
ドイツの「再生エネルギー転換」が大失敗だったと明らかに(2) 今井勝行

328445
新資源・新エネルギーの開発は? 17/07/31 PM00
ドイツの「再生エネルギー転換」が大失敗だったと明らかに(1) 今井勝行

328377
市場は環境を守れない、社会を統合できない 17/07/28 AM10
あなたを静かに蝕む「テクノロジー依存症」@ 志葉楽

328343
地震・噴火・気象 17/07/26 PM11
地震の正体はミューオン核融合によるものではないか? 紺碧空

328299
近代科学を切開する 17/07/25 AM00
超個体(生態系)の崩壊。〜私たちは独立した単独の存在(生命)ではない〜 田村正道

328277
地震・噴火・気象 17/07/24 AM02
地震は地下での放電現象−電気的地球科学へ どーんと行こう

328275
地震・噴火・気象 17/07/24 AM00
【1週間前に地震を予知】早川教授の最新『WEEKLY 地震予報』@〜世界的発見 惻隠之心

328154
地震・噴火・気象 17/07/19 AM00
雨は「水素と酸素が結合する化学現象」 上前二郎

328063
新資源・新エネルギーの開発は? 17/07/15 AM00
自然エネルギー〜世界中で進むエネルギー革命〜”太陽光発電は3円/KW、対して原発は13円/kw” 田野健

328027
共同体社会の実現 17/07/13 PM09
「ブロックチェーンを使って環境を守る」という提言:スウェーデンの学者が公表 本田友人

327986
環境破壊 17/07/11 PM11
世界最深部の汚染 立川久

327771
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/07/03 PM00
急増する、すい臓ががんや糖尿病は、核実験や原発由来の放射性物質の増加量と、ぴったりシンクロしている 2 本田真吾

327546
地震・噴火・気象 17/06/23 PM11
露メモ カムチャッカ五大火山が一斉噴火 航空コードはオール危険度2 志葉楽

327510
暴走する悪徳エリートの所業 17/06/22 PM07
フクシマの嘘〜ドイツのテレビ放送より〜A 北村浩司
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp