検索頁へ
 
件 (1/55頁) 総数1092件
  原発・地震・気象・環境  

331819
地震・噴火・気象 17/12/13 AM00
地球上の「超巨大噴火」の発生周期がこれまでの定説より何十倍も短いことが英国ブリストル大学の最新の研究で明らかに。これによって現在は「完全に噴火発生時期の範囲内」に 廣渕一志

331713
環境破壊 17/12/08 AM10
ベトナム戦争後、行き場を失った“枯葉剤”が日本に埋められている――全国54か所の国有林リスト 瀬部倫一郎

331670
環境破壊 17/12/06 PM01
省エネLED、世界の光害拡大に拍車 中田燿平

331373
新資源・新エネルギーの開発は? 17/11/24 AM01
ペロブスカイト型太陽電池によって原発すべて廃炉 孫市

331083
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/11/11 PM09
出口が見えないデブリ取り出しと汚染水 匿名希望

330936
古代社会 17/11/05 AM02
一神教の自然観 末廣大地

330531
地震・噴火・気象 17/10/20 AM00
「世界で最も危険な火山」1位に日本の火山が選出される!!近未来、「カルデラ噴火」で日本壊滅か!? 津田大照
トラック
バック
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/10/18 PM09
放射能〜チェルノブイリから30年。同じことがこれから日本で起きる〜 日本を守るのに右も左もない

330385
地震・噴火・気象 17/10/14 AM00
地球膨張論再び、普遍的地震論を求めて どーんと行こう

330360
地震・噴火・気象 17/10/13 AM02
地震は「爆縮」と「爆発」の連鎖 佐藤有志

330090
地震・噴火・気象 17/10/02 AM01
現在、地球は「ものすごい磁気嵐」に見舞われている 匿名希望

329987
生命原理・自然の摂理 17/09/28 AM00
木は会話する〜人間が知らない驚くべき地中界の樹木社会とは?? 立川久

329836
原発 17/09/22 PM01
福島原発事故、原子炉に届いた冷却水は「ほぼゼロ」だったと判明(4/4) 山上勝義

329806
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/09/21 PM06
プーチン:ロシアは米政府が「ハリケーンを機械で作った」という証拠をもっている 中田燿平

329739
地震・噴火・気象 17/09/19 AM03
宇宙との関係の中に観る、地球の物理現象 本田真吾

329707
人工物質の脅威:大気・水・食品 17/09/17 PM11
すでに世界の食塩の多くがプラスチックに汚染されている…最新の研究 瀬部倫一郎

329621
地震・噴火・気象 17/09/14 PM11
太陽フレアが地震を起こす仕組み どーんと行こう

329274
環境破壊 17/09/02 PM11
【警告】22年後に世界から精子が尽きることが判明、人類滅亡へ! 研究者「爆速で精子が減少中」(最新研究) 加藤俊治

329120
宇宙・地球 17/08/28 AM02
地球空洞理論のかんたん説明B 〜外側に行くにつれて、中心からの引力は弱まる→星の形成時、外から来た物質の抵抗強度が勝ってしまい、地球内部に圧力が掛からなくなる臨界点に達する〜 紺碧空

329119
宇宙・地球 17/08/28 AM01
地球空洞理論のかんたん説明A 〜星が大きくなるほど、距離増大のせいで「中心に向かって引き締まる力」が比率的には弱まる〜 紺碧空
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp