検索頁へ
 
件 (1/56頁) 総数1114件
  原発・地震・気象・環境  
トラック
バック
暴走する悪徳エリートの所業 18/05/24 AM00
抗がん剤を初めとする薬(=毒)が生物全般の絶滅を招くという危険性 地球と気象・地震を考える

335530
地震・噴火・気象 18/05/10 AM03
ハワイ キラウェア火山の噴火 立川久

335521
学者とマスコミが人類を破滅に導く 18/05/09 PM10
携帯電話基地局の危険性D 「電磁波は安全である」と主張する御用学者一覧 ハリケーンミキサー

335466
環境破壊 18/05/07 PM10
携帯電話基地局の危険性C 基地局を建てる理由 ハリケーンミキサー

335462
環境破壊 18/05/07 PM09
携帯電話基地局の危険性A 日本は電磁波の規制をしていないに等しい。なんで? ハリケーンミキサー

335440
地震・噴火・気象 18/05/06 PM11
いよいよ本格的に始まった「地球寒冷化」:この2年間の地球が過去1世紀で最大の寒冷化を記録していたにも関わらず「メジャーメディアはそれを黙殺し続ける」と米保守系ニュースサイトが報じる 廣渕一志

335208
18/04/29 AM00
プラスチックを「食べる」酵素を作成 環境問題解決への期待高まる A.i

334925
新資源・新エネルギーの開発は? 18/04/17 PM11
石油は人工的に作られている、しかも日本で!? 今野恵祭

334905
子育てをどうする? 18/04/17 AM10
書籍紹介『サイバー・エフェクト 子どもがネットに壊される』 鳴海伝治

334818
環境破壊 18/04/13 PM09
メガソーラーの健康被害〜 新たな公害施設になりうる 太陽光パネル 橋口健一

334601
原発 18/04/04 AM09
福島県で発生した除染土、再利用に向けて政府が説明!「公共工事や農地で再生利用する」 磯貝朋広

334464
原発 18/03/29 PM09
福島原発事故、国が東京電力に支援した総額が13兆5000億円に!回収期間の延期も 立川久

334077
原発 18/03/14 PM05
311以降の福島県でのがんの増加!(胃がんが急増している) 田村正道

333522
環境破壊 18/02/17 PM03
流出した原油とコンデンセートに最初に襲われたのはその宝という名のつく美しく小さな島だった 匿名希望

333442
地震・噴火・気象 18/02/13 PM10
「地球の磁場が反転しつつあることへの懸念」で世界は結構な騒動の渦中に 廣渕一志

333384
地震・噴火・気象 18/02/11 PM06
記録的な寒い冬。ひと頃騒がれた温暖化問題とはなんだったのか? 志水満

333279
環境破壊 18/02/06 PM11
もうじき日本の海が死ぬ : 「史上最悪の原油流出」が日本の海域を直撃する予測が英国海洋センターより発令。3ヶ月以内に九州から東北までの全海域が汚染される可能性 Bannister

333184
宇宙・地球 18/02/03 AM00
RE:地球内部から「次々と噴き出してくる熱」は何を意味しているのか どーんと行こう

333101
原発 18/01/30 PM08
裏ビジネスに従事する隠れ里と隠れ国民・・・(新) 日本の黒い霧より 本田真吾

333025
人工物質の脅威:大気・水・食品 18/01/27 PM03
WiFiやスマホの電磁波が生物に与える影響 匿名希望
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp