検索頁へ
 
件 (1/76頁) 総数1518件
  原発・地震・気象・環境  

355066
共認運動をどう実現してゆくか? 20/03/28 AM09
新型コロナ禍により、常識となっていたグローバリズムに疑問視⇒エネルギー問題や環境問題の解決に向かうのではないか 紺碧空

355011
新しい共認勢力 20/03/26 PM09
新型コロナウイルスパンデミックは、肉体破壊や環境問題を止める起点になるか? 本田真吾
トラック
バック
西欧科学は狂っている 20/03/24 PM08
福島原発事故から9年〜改めて私たちは事故から何を学ぶか?〜妄想や現実否定から現実直視へ思考パラダイムの転換 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
環境破壊 20/03/22 AM00
絶滅へと進む私たち 地球と気象・地震を考える

354559
原発 20/03/15 PM10
放射能被爆したが、多くが延命しているのは?・・・NIC(ソマチッド)の免疫力/珪素水の大量散布⇒生命体の免疫システムが転換 佐藤有志
トラック
バック
生物学を切開する 20/03/15 PM09
福島の今〜人類は何も解明できていない〜 地球と気象・地震を考える

354489
環境破壊 20/03/13 PM09
絶滅へと進む私たち : 英国の大規模研究で、カリブ海のサンゴ礁はあと15年で、アマゾンの熱帯雨林の生態系はあと50年で「消滅」する可能性があることを発表 匿名希望h
トラック
バック
生命原理・自然の摂理 20/03/05 PM05
チェルノブイリの原発事故が「動物の楽園」を生み出した? 地球と気象・地震を考える

353850
マスコミに支配される社会 20/02/18 AM00
過去の感染病大流行の共通事項から新型コロナウィルスを見る 1 本田真吾
トラック
バック
地震・噴火・気象 20/02/01 AM00
地球周辺の宇宙磁場が突然180度撹乱 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 20/01/29 PM03
地球の循環とは何か? (2/2) 農業を地球の循環の中に存在する生業ととらえていく 新しい「農」のかたち

353158
世界各国の状況 20/01/26 PM10
「兵器化された病原体が流出したのではないか?」新型ウイルスが発生した中国武漢は「世界で最も危険な病原体(バイオセーフティーレベル4)」を研究する施設がある場所だった。 匿名希望
トラック
バック
マスコミに支配される社会 20/01/26 PM09
オーストラリア大規模火災に見る地球の危機 地球と気象・地震を考える

353150
環境破壊 20/01/26 PM07
植物が500倍のスピードで絶滅しつつある 北村浩司

353122
環境破壊 20/01/25 AM10
化学物質が子供からIQを奪っている 中田燿平

353102
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 20/01/24 PM03
トランプはプーチン(マゴクのゴク)に中東を明け渡してエゼキエル戦争を引き起こすAその2 惻隠之心

353017
環境破壊 20/01/21 PM06
人体動植物を含め、4700種類もの化学的に作られたフッ素化合物があらゆる環境に存在!しかもすでに環境中にあるフッ素化合物を完全に除去するのは不可能に近い 匿名希望
トラック
バック
地震・噴火・気象 20/01/19 AM00
太陽活動の変動はどのような影響を及ぼすのかB〜・太陽活動と景気循環との関係・〜 地球と気象・地震を考える

352856
地震・噴火・気象 20/01/15 PM10
アメリカや世界の自然災害の発生件数と経済的損失が黙示録的な増加を続けていることから予測される「2020年はさらなる覚悟の時代となる Bannister

352803
環境破壊 20/01/14 PM01
近代科学に極度に依存した人類の活動を、自然の摂理に即した活動へ転換することが必要な時代 本田真吾
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp