検索頁へ
 
件 (1/52頁) 総数1036件
  原発・地震・気象・環境  
トラック
バック
人工物質の脅威:大気・水・食品 17/04/28 PM10
日々、人工物質の脅威を感じる 日本を守るのに右も左もない

326097
人工物質の脅威:大気・水・食品 17/04/28 PM09
アレルギーの本当の原因〜慢性毒性と急性毒性 がらがらどん♪

326081
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/04/28 AM00
岐阜県土岐市での核融合実験始まる。トリチウムは排出されるのか? 古越拓哉

325910
人工物質の脅威:大気・水・食品 17/04/21 AM00
汚れた電気(1) 〜高周波の電圧過渡現象?〜 ぴぴ

325875
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/04/19 PM08
青森六ヶ所再処理工場〜推定33京ベクレル/年放出〜周辺への影響無し!?〜福島どころじゃないぜ! 志水満

325741
地震・噴火・気象 17/04/14 AM01
日本が内部のマントルまで地球を掘削 加藤俊治

325704
健康と食と医 17/04/12 PM05
世界規模での「失明の流行」の懸念 : LEDの光による「網膜の損傷」の実態を研究で明らかにしたスペインの専門家たちは「過度な液晶画面依存生活」へ警鐘を鳴らす 達磨防人

325561
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/04/06 PM05
日本は、自力で福島第一原発を廃棄処分することをあきらめた? 本田真吾

325192
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/03/22 AM01
原子力エンジニア: 福島は“世界史上最悪の産業上の大惨事@〜政府は隠蔽している 志水満

325141
人工物質の脅威:大気・水・食品 17/03/20 AM02
「マイクロファイバーがプランクトンを殺しながら食物循環に入る様子」が初めて撮影される。そして、魚、微生物、クジラ、海鳥などあらゆる海の生物たちがプラスチック大好きな状況から想像する「海の終焉の日」 前田重男
トラック
バック
人工物質の脅威:大気・水・食品 17/03/17 AM00
プラスチックが海を終焉へと導く日 〜植物由来のプラスチック「リグノフェノール」の再考の日が近い〜 地球と気象・地震を考える

325069
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/03/17 AM00
福島県内の子どもたちの甲状腺がんの発生率は全国平均の20〜50倍で今後さらに多発する可能性は大きい 孫市

325038
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 17/03/15 PM11
日本の都市計画、住宅政策の大失敗!(その4) 猪 飼野

324866
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/03/08 PM09
東電福島第一原子力発電所はチャイナシンドロームで危険だが、廃炉までに数百年必要 2/2 明石 甫

324843
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/03/07 PM09
【実録】3.11以降、日本人全員が内部被ばくしている! 検査を受けてわかった衝撃的事実 紺碧空

324806
生物学を切開する 17/03/06 AM01
発達障害(脳の障害)の急増 〜人工物質によるエピジェネティックな環境因子が多大に影響 麻丘東出

324758
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/03/04 PM01
近代教育の弊害を再び問う 井垣義稀

324490
市場は環境を守れない、社会を統合できない 17/02/23 AM02
アスクル火災は何故消す事ができないのか?⇒太陽光発電パネルが原因?【その2】 洞口海人

324475
環境破壊 17/02/22 PM07
インドで使い捨てプラスチック製品の使用を全面禁止 今野恵祭

324372
共同体社会の実現 17/02/18 PM00
「鎖国」=「定常経済」の可能性 1/4 加藤俊治
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp