検索頁へ
 
件 (1/62頁) 総数1225件
  原発・地震・気象・環境  

341028
環境破壊 18/11/21 PM11
電子レンジの真の恐ろしさB〜国家による隠蔽工作 太刀川省治

341025
環境破壊 18/11/21 PM10
こんなに有害!ポリ塩化ビニル(PVC)を避けた方が良い理由 空野 晴美

340977
地震・噴火・気象 18/11/19 PM11
【衝撃】北海道地震は人工地震だったのか!? CO2圧入による“地震誘発の危険性”を地震学者が数年前から警告していた!@ 孫市

340959
これからの暮らしはどうなるの? 18/11/19 AM09
「聞く力」衰退の実感 と スマートフォンが普及した年代の不気味な一致 HAYABUSA

340878
地震・噴火・気象 18/11/16 AM00
私たちは、もはや昔とは違う地球に住んでいる takigawa hayami

340842
環境破壊 18/11/14 PM10
スマホで脳の「聞く力」が低下している。 ABC豆

340831
環境破壊 18/11/14 PM01
野菜の栄養価が昔と比べて激減〜化学肥料で日本の土壌が弱っている〜 匿名希望

340724
生命原理・自然の摂理 18/11/10 AM02
月と生命現象 北村浩司

340647
環境破壊 18/11/07 PM09
マイクロプラスチックにおける環境汚染 人体からもマイクロプラスチックが検出 匿名希望

340606
宇宙・地球 18/11/06 AM00
セシウムを瞬時に取り除く吸着装置『ゼオライト』の正体は珪素だった 今野恵祭

340553
地震・噴火・気象 18/11/04 AM00
「人工の月」を中国が2020年に打ち上げへ 植田正治

340479
近代科学を切開する 18/11/02 AM00
低脳化が進行中。 上前二郎

340449
地震・噴火・気象 18/10/31 PM11
宇宙線レベルが「観測史上最高」を記録している中で起き続ける地質的異変とエネルギー受動態としての物質 Bannister

340439
原発 18/10/31 PM08
お寿司屋さんの訃報や体調不良による休・廃業が増えてきた 橋本正雄

340060
これからの暮らしはどうなるの? 18/10/17 AM10
2年後、いよいよ「5G」ビーストが電磁波攻撃を開始するA 惻隠之心

340059
これからの暮らしはどうなるの? 18/10/17 AM09
2年後、いよいよ「5G」ビーストが電磁波攻撃を開始する@〜 携帯電話の電磁波が人間の生殖能力を奪う大きな要因となっている 惻隠之心

340024
地震・噴火・気象 18/10/15 PM10
海底地殻下の水素核融合による地震〜「D−D反応」→「n−リチウム反応」→「D−T連鎖反応」 麻丘東出

339955
学者とマスコミが人類を破滅に導く 18/10/13 AM02
原発はいつ壊れてもおかしくない 高嶋靖男

339954
環境破壊 18/10/13 AM01
人類の知能低下が進んでいます 匿名希望

339945
学者とマスコミが人類を破滅に導く 18/10/12 PM10
決定的証拠が出た!政府とマスコミは信用するな! 滝尾莉恵
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp