検索頁へ
 
件 (1/63頁) 総数1246件
  原発・地震・気象・環境  

342526
近代科学を切開する 19/01/15 PM11
ホリスティック(holistic)の重要性 どーんと行こう

342505
これからの暮らしはどうなるの? 19/01/15 PM00
デジタル・テクノロジーは脳に影響を及ぼす 志水満

342418
環境破壊 19/01/11 PM10
流産の原因は女性にではなく「男性にあった」 : 再発性の流産は「精子のDNAの欠陥」から起きている可能性が高いことが英国の科学者たちの研究で判明 匿名希望h
トラック
バック
地震・噴火・気象 19/01/09 AM00
定説・常識に囚われず、宇宙史・地球史・生物史を貫く自然の原理の本質解明にチャレンジしていく 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
地震・噴火・気象 19/01/02 PM10
2018年の災害を振り返る 地球と気象・地震を考える

342097
これからの暮らしはどうなるの? 18/12/31 PM10
PC・TV・スマホの電磁波はマインドコントロールに応用可能だった! 匿名希望

342018
地震・噴火・気象 18/12/28 PM11
重力に逆らう力によりサハラ砂漠の塵が世界中に拡散している 久里亜

341963
環境破壊 18/12/27 AM02
環境ホルモンにより、祖父→父親→息子へ次第に精子の減少が進んでゆく 柏木悠斗

341834
地震・噴火・気象 18/12/22 PM00
「人工地震や気象兵器は存在する」「噴火や地震は米国の仕業か?」元国会議員・国際政治経済学者の浜田和幸が断言!(インタビュー)A 紺碧空

341808
新資源・新エネルギーの開発は? 18/12/21 PM03
そのバイオプラスチックで本当に生態系を救えるか?(2/2) 山上勝義

341776
学者とマスコミが人類を破滅に導く 18/12/20 AM10
地球温暖化による海面の急激な上昇というストーリーは「完全な神話」…というより「架空の世界の話」であることを示すアメリカ海洋大気庁の数多くのデータを見て 匿名希望h

341664
環境破壊 18/12/15 PM11
水晶・ケイ素の不思議B〜ケイ素不足が水圏生態系を悪化させる「シリカ欠損仮説」 上前二郎

341604
環境破壊 18/12/13 PM09
海洋生物は「取り返しの付かないダメージ」に直面している 太刀川省治

341550
環境破壊 18/12/11 PM09
じわじわと迫りくる脅威…今、医薬品による水環境汚染が深刻化している 瀬部倫一郎

341267
環境破壊 18/11/30 PM09
世界の湿地、急激な速さで消滅 匿名希望

341241
健康と食と医 18/11/29 PM09
本当は怖い食品の裏側!栄養士が絶対口にしない体に悪い食べ物5つ 大越菜央

341219
人工物質の脅威:大気・水・食品 18/11/29 AM00
農薬成分はハチの集団活動を破壊する 野崎章

341188
環境破壊 18/11/28 AM00
避妊薬と化学物質が水生生物の生態に齎す影響 小圷敏文

341133
環境破壊 18/11/25 PM11
若者の精子減少が深刻化、親世代の半分か…原因はサラダ油などの植物油、生殖機能低下 末廣大地

341129
環境破壊 18/11/25 PM10
ロシアでは1976年に電子レンジ使用禁止〜電磁波は人体に影響を及ぼすことは明らか〜 匿名希望
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp