検索頁へ
 
件 (1/400頁) 総数7997件
  原発・地震・気象・環境  

355442
西欧科学は狂っている 20/04/06 PM09
5Gのヤバ過ぎる… 欲望操作、脳波改変、人体制御…日本人が人体実験に!? 直永亮明
トラック
バック
西欧科学は狂っている 20/04/06 PM03
世界のコロナ感染と5G導入の世界地図が重なる。人類の健康はデジタル操作されている? 地球と気象・地震を考える

355328
西欧科学は狂っている 20/04/03 PM09
5G、チャイナコロナウイルス、ケムトレイル、ワクチンの相互関係−2 森羅万象

355327
西欧科学は狂っている 20/04/03 PM09
5G、チャイナコロナウイルス、ケムトレイル、ワクチンの相互関係−1 森羅万象

355290
西欧科学は狂っている 20/04/03 AM00
新型コロナの挙動・対策の2つの方向性 田村正道

355276
西欧科学は狂っている 20/04/02 PM09
「5Gで20億人が死亡する」カナダ海軍大佐、「自宅で何百万人もの人々が殺される」元英海軍物理学者! 5Gの脅威を強い言葉で伝える! 吉 四六

355239
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/04/02 AM02
地球温暖化CO2犯人説が信憑性に欠ける証拠A〜CO2増加は 食物や緑を豊かにする 太刀川省治

355238
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/04/02 AM01
地球温暖化CO2犯人説が信憑性に欠ける証拠@〜気温が上がっているのは 都市部だけという事実 太刀川省治

355234
西欧科学は狂っている 20/04/01 PM11
人類絶滅への道 : コロナウイルスとイナゴに対しての「殺菌と消毒の嵐」が吹き荒れる中、地球の微生物と昆虫類が「大絶滅」に向かう可能性。 二島圭入

355222
マスコミに支配される社会 20/04/01 PM03
コロナ発生と5G導入範囲が酷似 匿名希望

355169
西欧科学は狂っている 20/03/31 AM01
コロナウィルスと5Gとワクチン 1 本田真吾

355164
環境破壊 20/03/30 PM11
人類絶滅への道 : コロナウイルスとイナゴに対しての「殺菌と消毒の嵐」が吹き荒れる中、地球の微生物と昆虫類が「大絶滅」に向かう可能性。そしてその次は… 匿名希望

355163
環境破壊 20/03/30 PM11
5世代移動通信(5G)のリスク 2 高橋克己

355162
環境破壊 20/03/30 PM10
5世代移動通信(5G)のリスク 1 高橋克己

355066
共認運動をどう実現してゆくか? 20/03/28 AM09
新型コロナ禍により、常識となっていたグローバリズムに疑問視⇒エネルギー問題や環境問題の解決に向かうのではないか 紺碧空

355014
西欧科学は狂っている 20/03/26 PM09
人工物質で汚染された空気はウイルスより危険 斎藤幸雄

355011
新しい共認勢力 20/03/26 PM09
新型コロナウイルスパンデミックは、肉体破壊や環境問題を止める起点になるか? 本田真吾

354926
環境破壊 20/03/24 PM09
海に流されたプラスティックゴミは、「食塩」に混じってわたしたちの食卓に戻ってくる 匿名希望
トラック
バック
西欧科学は狂っている 20/03/24 PM08
福島原発事故から9年〜改めて私たちは事故から何を学ぶか?〜妄想や現実否定から現実直視へ思考パラダイムの転換 地球と気象・地震を考える

354904
地震・噴火・気象 20/03/23 PM11
地震に伴う発光現象、科学で解明 蔦宇兵衛
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp