検索頁へ
 
件 (1/364頁) 総数7273件
  原発・地震・気象・環境  

344213
環境破壊 19/03/18 PM11
流産の原因は女性ではなく、男性の「精子DNAの欠陥」 久里亜

344189
環境破壊 19/03/18 AM09
世界人口削減計画に最も効率的な兵器、5Gテクノロジー 匿名希望

344184
環境破壊 19/03/17 PM11
LED照明とサーカディアンリズム 匿名希望

344181
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 19/03/17 PM10
特権階級のウソ・デマ・捏造 〜福島第一原発 放射性物質の放出量が前年比2倍〜 紺碧空

344161
地震・噴火・気象 19/03/16 PM11
磁北極の移動加速、下がり続ける地磁気 生物脅かす地球深部の異変 岸良造

344160
地震・噴火・気象 19/03/16 PM11
政府公認の地震予知は害悪ですらある 上前二郎

344131
学者とマスコミはグルで頭脳支配 19/03/15 PM11
気候変動は国連主導でおこなわれた陰謀 村田頼哉

344130
原発 19/03/15 PM11
2011/03/12 トモダチ作戦の乗組員が被爆した本当の原因 HAYABUSA

344097
人工物質の脅威:大気・水・食品 19/03/14 PM11
未来の子どもや孫にまで及ぼすプラスチックによる環境ホルモンの影響 二島圭入

344094
地震・噴火・気象 19/03/14 PM10
2011年3.11地震津波は海底核爆発が引き金か(事件当時「震源海面上の」放射能汚染が判明) 匿名希望

344069
原発 19/03/13 PM11
原発代替火力建設に10兆円という脅し 佐藤晴彦

344068
原発 19/03/13 PM11
東電福島第1原発の事故から8年 匿名希望

344065
人工物質の脅威:大気・水・食品 19/03/13 PM10
「子どもに抗生物質を使ってはいけない」 : デンマークで行われた世界最大規模の調査により、幼少時の抗生物質の使用は若年時の精神疾患と強く関係することが明確に(その1) 達磨防人

344039
環境破壊 19/03/12 PM11
プラスチックごみ、国内で行き場失う恐れ 中国の輸入規制が契機とIGESが分析・提言 立川久

344021
地震・噴火・気象 19/03/12 PM03
なぜ緊急地震速報チャイムは“怖い”のか――作曲者が明かす「アイヌ文化」との意外な関係 匿名希望

343987
人工物質の脅威:大気・水・食品 19/03/10 PM11
化学物質が脳の異常を生み出す 匿名希望

343973
マスコミに支配される社会 19/03/10 PM06
多大なテレビ視聴が高齢者の認知症を増加させている可能性がロンドン大学の研究により判明。そして、脳はいつでも「静かな状態」を望んでいる 匿名希望h

343962
人工物質の脅威:大気・水・食品 19/03/09 PM11
花粉×排気ガス×黄砂×PM2.5による深刻な大気汚染 竹村誠一

343960
環境破壊 19/03/09 PM11
ほとんどの海洋生物が、プラスチックに汚染されていることが判明。 白海豚

343906
人工物質の脅威:大気・水・食品 19/03/07 PM11
グリホサートが残留している濃縮還元ジュース一覧 匿名希望
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp