検索頁へ
 
件 (1/375頁) 総数7498件
  原発・地震・気象・環境  
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 19/07/15 PM05
農をめぐる、世界の闘い4〜子どもを守ろうとする母親たちの闘い 新しい「農」のかたち

347625
食糧危機は来るのか? 19/07/14 PM11
ロシアでミツバチの大量死が観察され、学者らが警鐘を鳴らす 石山 巌

347574
環境破壊 19/07/13 AM01
[衝撃] 2億5000万年前の地球史上最大の大量絶滅では「まず植物が先に絶滅」し、それから他のすべての絶滅が始まったことが判明。そこから思う「今まさに進行している地球の6度目の大量絶滅事象」B 土偶

347570
環境破壊 19/07/12 PM11
PETを分解して栄養源とする細菌を発見-ペットボトルなどのPET製品のバイオリサイクルに繋がる成果- 達磨防人

347539
人工物質の脅威:大気・水・食品 19/07/12 AM00
昆虫類の極めて急激な減少 田村正道

347538
西欧科学は狂っている 19/07/11 PM11
気象学の間違いは奥が深い 前田重男

347537
原発 19/07/11 PM11
世界の放射性汚染土が日本に集まることが懸念される 匿名希望

347536
西欧科学は狂っている 19/07/11 PM11
「原発はもう無理」という経団連会長の宣言〜その2 志水満

347535
西欧科学は狂っている 19/07/11 PM11
「原発はもう無理」という経団連会長の宣言〜その1 志水満

347507
学者とマスコミはグルで頭脳支配 19/07/10 PM11
地球温暖化説終焉か?イタリア科学会がほぼ全会一致で「人為的な要因による地球温暖化という説はまったく科学的ではない」と決議・請願書を提出! 匿名希望

347504
地震・噴火・気象 19/07/10 PM11
狂った気候と気温の中で、世界の食糧生産地帯を見てみれば 匿名希望h

347503
世界各国の状況 19/07/10 PM10
カリフォルニアの地震はロシアの地震兵器によるもの 加賀正一

347502
地震・噴火・気象 19/07/10 PM10
ケムトレイル+京大MUレーダーで気象操作 元京大講師の内部告発 匿名希望

347501
原発 19/07/10 PM10
太陽光、風力に駆逐され原発はオワコン化ー安倍ジャパンだけが直視しないエネルギー産業の激変 吉 四六

347479
学者とマスコミはグルで頭脳支配 19/07/09 PM11
この異常気象がヤバい!あなたに迫る地球温暖化の脅威 大川剛史

347475
新資源・新エネルギーの開発は? 19/07/09 PM10
ペットボトル問題を解決し、環境問題を解決する新技術の潮流 白海豚

347434
農村を活性化させる為には? 19/07/08 PM05
有機農業は体に良いのか?は果てしない問題→環境を維持するためには?を思考する 匿名希望
トラック
バック
新しい共認勢力 19/07/08 PM03
農をめぐる、世界の闘い3〜せめぎあう二つのパラダイム 新しい「農」のかたち

347418
環境破壊 19/07/07 PM11
スマホなどの電磁波が人体に及ぼしうる悪影響とその対策 時田 弘

347417
人工物質の脅威:大気・水・食品 19/07/07 PM11
世界中が禁止するラウンドアップ 余剰分が日本市場で溢れかえるC 孫市
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp