検索頁へ
 
件 (1/326頁) 総数6519件
  原発・地震・気象・環境  

331885
地震・噴火・気象 17/12/15 PM11
いま、日本の近海で大きな異変が起きている 匿名希望

331884
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 17/12/15 PM11
なぜ日本は3・11以前の原子力政策に後戻りしているのか 匿名希望

331883
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 17/12/15 PM10
伊方原発、「立地不適」と問題視=運転停止は期間限定−広島高裁決定 惻隠之心

331878
日本を守るのに、右も左もない 17/12/15 PM07
凄まじい東日本大津波のアーカイブは、日本人の命と集落を守るために活かしていきたいと願う。 持国天

331835
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 17/12/13 PM09
電気も作らず廃炉にもできない「高速増殖炉もんじゅ」 匿名希望

331833
暴走する悪徳エリートの所業 17/12/13 PM08
福島の除染作業員が草むしり、清水建設執行役員が辞任!環境省から危険手当! 橋本正雄

331819
地震・噴火・気象 17/12/13 AM00
地球上の「超巨大噴火」の発生周期がこれまでの定説より何十倍も短いことが英国ブリストル大学の最新の研究で明らかに。これによって現在は「完全に噴火発生時期の範囲内」に 廣渕一志

331782
事業・仕事 17/12/11 AM00
■ヴェルフ・ヘッセンの故国オランダの危機克服術 荘家為蔵

331735
地震・噴火・気象 17/12/09 AM00
世界で728件以上の“人工地震”が起きまくっていることが最新研究で判明A 蔵端敏博

331734
地震・噴火・気象 17/12/09 AM00
世界で728件以上の“人工地震”が起きまくっていることが最新研究で判明@ 蔵端敏博

331713
環境破壊 17/12/08 AM10
ベトナム戦争後、行き場を失った“枯葉剤”が日本に埋められている――全国54か所の国有林リスト 瀬部倫一郎

331711
市場の支配構造(金貸し支配) 17/12/08 AM02
ロスチャイルド&ロックフェラー帝国が狙う日本列島の「金」 今野恵祭

331671
市場は環境を守れない、社会を統合できない 17/12/06 PM03
本当の省エネは、どこから 彗星

331670
環境破壊 17/12/06 PM01
省エネLED、世界の光害拡大に拍車 中田燿平

331595
近代科学を切開する 17/12/03 AM01
地震も含めて、地球上の自然現象は、素粒子や磁気を介して宇宙空間と繋がっている 本田真吾

331592
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/12/02 PM11
もんじゅの知恵遅れ〜もともと廃炉にはできない設計になっている 佐藤晴彦

331518
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/11/29 PM11
原発爆発より恐ろしい、使用済み核燃料の暴走。 洞口海人

331495
地震・噴火・気象 17/11/28 PM11
<東北沿岸部>震災後、続く地盤隆起 復興工事変更も 立川久

331492
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/11/28 PM11
いよいよ気象兵器の存在が明らかになりそうです 匿名希望

331373
新資源・新エネルギーの開発は? 17/11/24 AM01
ペロブスカイト型太陽電池によって原発すべて廃炉 孫市
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp