検索頁へ
 
件 (1/324頁) 総数6471件
  原発・地震・気象・環境  

330531
地震・噴火・気象 17/10/20 AM00
「世界で最も危険な火山」1位に日本の火山が選出される!!近未来、「カルデラ噴火」で日本壊滅か!? 津田大照
トラック
バック
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/10/18 PM09
放射能〜チェルノブイリから30年。同じことがこれから日本で起きる〜 日本を守るのに右も左もない

330487
地震・噴火・気象 17/10/17 PM11
人為的な地震は150年間で728件も発生、主な原因は資源採掘とダム 中田燿平

330483
暴走する悪徳エリートの所業 17/10/17 PM11
毎度おなじみですが、10月22日(日)の衆院選に向けて台風21号ラン(LAN)嵐の意味 が発生。日本直撃予報 ― 達磨防人

330464
環境破壊 17/10/17 AM01
世界中の蜂蜜が殺虫剤で汚染されている 村上祥典

330385
地震・噴火・気象 17/10/14 AM00
地球膨張論再び、普遍的地震論を求めて どーんと行こう

330384
地震・噴火・気象 17/10/13 PM11
新燃岳 6年ぶりに噴火 噴煙一時700メートル 火山活動強まる恐れも 立川久

330360
地震・噴火・気象 17/10/13 AM02
地震は「爆縮」と「爆発」の連鎖 佐藤有志

330333
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/10/12 AM09
ドキュメント「放射能とトモダチ作戦」米軍兵士が証言するフクシマの闇 達磨防人

330299
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/10/10 PM09
福島原発事故由来の新たなホットスポットにご注意! 小圷敏文

330282
地震・噴火・気象 17/10/10 AM01
環境破壊によって地球破壊が進み、人為的な地震が増加 白海豚

330281
地震・噴火・気象 17/10/10 AM00
環太平洋火山帯での噴火数が近年最高レベルに。そしてさらに多くの火山で噴火の徴候が増加中 立川久
トラック
バック
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/10/08 PM06
前代未聞の深刻さをかかえる福島原発を、一向に報道しないマスコミ 社会で求められている能力を共に追求しよう

330208
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/10/07 AM02
海水浴場の砂に記録的放射能 匿名希望

330207
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/10/07 AM01
発生源不明の放射能がヨーロッパ各地で検出 真田俊彦

330112
地震・噴火・気象 17/10/03 AM02
大西洋上の「電磁波戦争」 村上祥典

330108
原発 17/10/02 PM11
マスコミが握りつぶす報告書「子どもの放射線被ばくの影響と今後の課題」 匿名希望

330090
地震・噴火・気象 17/10/02 AM01
現在、地球は「ものすごい磁気嵐」に見舞われている 匿名希望

330038
日本人と縄文体質 17/09/30 AM00
明治以降と明治以前の能力の差〜熊本城の石垣倒壊から 匿名希望

329987
生命原理・自然の摂理 17/09/28 AM00
木は会話する〜人間が知らない驚くべき地中界の樹木社会とは?? 立川久
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp