検索頁へ
 
件 (1/407頁) 総数8134件
  原発・地震・気象・環境  

358227
環境破壊 20/07/07 AM01
人工的に雨を降らす国が急増中、50カ国以上が導入と判明! ビッグチキン

358226
人工物質の脅威:大気・水・食品 20/07/07 AM00
ミツバチ大量死の原因・ネオニコ系農薬を制限へ 高梨俊寛
トラック
バック
健康と食と医 20/07/07 AM00
ヒトの腸内環境と土壌は、根本的につながっている 生物史から、自然の摂理を読み解く

358198
環境破壊 20/07/05 PM11
マイクロプラスティックは深い海底にも堆積し、生態系を“汚染”している:研究結果(その3) 末廣大地

358197
環境破壊 20/07/05 PM11
マイクロプラスティックは深い海底にも堆積し、生態系を“汚染”している:研究結果(その2) 末廣大地

358196
環境破壊 20/07/05 PM11
マイクロプラスティックは深い海底にも堆積し、生態系を“汚染”している:研究結果(その1) 末廣大地
トラック
バック
地震・噴火・気象 20/07/05 AM00
火山活動、地震などの地球活動には宇宙線が関与!? 地球と気象・地震を考える

358169
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 20/07/04 PM11
「レジ袋有料化」で政府が隠したい不都合な"3つの真実" 新直

358168
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 20/07/04 PM11
レジ袋有料化で環境問題は解決するのか?? 匿名希望

358167
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 20/07/04 PM10
エコバッグやマイカップは本当に環境に優しいのか? 「エコ」な行動に隠された6つの真実 光大

358166
環境破壊 20/07/04 PM10
なぜ? 日本の子どもたちにアレルギーが増えている原因を調べてみた きんぐ

358164
環境破壊 20/07/04 PM09
植物にもマイクロプラスチック粒子が蓄積し、成長を阻害していることが判明 長曾我部幸隆

358145
古代社会 20/07/03 PM11
古代マヤ文明の都市が放棄されたのは「水が毒で汚染されたから」という可能性 匿名希望

358114
日本を守るのに、右も左もない 20/07/02 PM10
何かが世界的に禁止されると、それが必ず日本で規制緩和されるというおかしな構図 高橋克己

358113
地震・噴火・気象 20/07/02 PM09
ヨーロッパ、アメリカ…。発生源はそれぞれ不明ながら、世界中で急上昇し続ける放射能レベル 匿名希望

358095
環境破壊 20/07/01 PM11
ミツバチ大量死の原因・ネオニコ系農薬を制限へ 欧米では既に使用禁止A 孫市

358093
環境破壊 20/07/01 PM11
ミツバチ大量死の原因・ネオニコ系農薬を制限へ 欧米では既に使用禁止@ 孫市

358091
市場は環境を守れない、社会を統合できない 20/07/01 PM10
コロナ禍で「環境破壊の主犯は人間」に気づいた人々 太刀川省治

358085
地震・噴火・気象 20/07/01 PM08
アイスランドで過激化する群発地震は「火山活動とも関係ない」上に「プレート活動とも関係ない」不可解な現象。しかしその発生数はすでに数日で4500回超に 匿名希望

358084
地震・噴火・気象 20/07/01 PM08
日本の「地滑りの発生数」は、悪天候の過激化と共に、過去10年で50%急上昇していたことが判明 匿名希望
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp