検索頁へ
 
件 (1/335頁) 総数6689件
  原発・地震・気象・環境  
トラック
バック
暴走する悪徳エリートの所業 18/05/24 AM00
抗がん剤を初めとする薬(=毒)が生物全般の絶滅を招くという危険性 地球と気象・地震を考える

335890
宇宙・地球 18/05/23 AM02
「太陽系の変化」に唖然とし……。もうすぐ「月には大気が形成され」、「太陽の縁からは1000%増加したプラズマ光がやってくる」 岸良造

335732
地震・噴火・気象 18/05/17 PM09
キラウエア火山の噴火は「トリガー」なのか。 急激に活溌化している地球の地質の動きの中、アメリカではカリフォルニアの複数の火山に爆発的噴火の警告が。では日本は? 廣渕一志

335731
地震・噴火・気象 18/05/17 PM08
9世紀も巨大地震か 「相模トラフ」の痕跡が鎌倉、逗子に 温地研調査で 立川久

335713
環境破壊 18/05/16 PM11
体外に排出された「抗がん剤」が海洋生物の細胞に作用を及ぼしている!? 匿名希望

335638
原発 18/05/14 AM09
チェルノブイリと福島 〜事故は異なるが、結果は似ている〜 HAYABUSA

335608
新資源・新エネルギーの開発は? 18/05/13 AM02
天然素材で作られた“水に溶ける”プラスチック 匿名希望

335592
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 18/05/12 PM07
携帯電話基地局の危険性F 明治時代にできた法律が現在社会に対応できるわけがない。これが法制支配の恐さか! ハリケーンミキサー

335581
原発 18/05/12 AM01
ストロンチューム除去には藻が最適 今井勝行

335555
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 18/05/11 AM10
衝撃!経産省が環境省の「温室効果ガス削減プラン」を握りつぶした(2/2) 山上勝義

335554
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 18/05/11 AM09
衝撃!経産省が環境省の「温室効果ガス削減プラン」を握りつぶした(1/2) 山上勝義

335547
暴走する悪徳エリートの所業 18/05/10 PM11
世界中で、命の根源である種子がモンサントに支配されている。もちろん、日本も。 白海豚

335530
地震・噴火・気象 18/05/10 AM03
ハワイ キラウェア火山の噴火 立川久

335522
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 18/05/09 PM10
携帯電話基地局の危険性E 携帯電話基地局の正確な位置情報を決して教えない携帯電話会社。そして総務省。 ハリケーンミキサー

335521
学者とマスコミが人類を破滅に導く 18/05/09 PM10
携帯電話基地局の危険性D 「電磁波は安全である」と主張する御用学者一覧 ハリケーンミキサー

335498
地震・噴火・気象 18/05/08 PM11
「津浪と村」からの学び〜社会を読み解くプロセス 匿名希望

335470
環境破壊 18/05/08 AM00
急速に進む海の酸性化が、一部の海洋生物には「有益」だった? 実験結果から明らかに 古越拓哉

335469
環境破壊 18/05/07 PM11
「継続は力なり」の観察で、ウニと人間の関係が分かった 立川久

335466
環境破壊 18/05/07 PM10
携帯電話基地局の危険性C 基地局を建てる理由 ハリケーンミキサー

335465
環境破壊 18/05/07 PM10
携帯電話基地局の危険性B 総務省の見解がもはや理由になっていない。 ハリケーンミキサー
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp