検索頁へ
 
件 (1/1558頁) 総数31153件
  アメリカ支配と官僚支配  
トラック
バック
もはや学校は終っている 19/11/19 PM09
決断力は追求力 これからは探求の時代
トラック
バック
もはや学校は終っている 19/11/19 PM01
「学校へ行けない僕は失敗作」 追いつめられた僕に訪れた転機 感謝の心を育むには

351207
もはや学校は終っている 19/11/19 PM00
「ハンパな優等生」が職場で嫌われる4大理由 ABC豆

351198
もはや学校は終っている 19/11/18 PM10
「教育という名の虐待」が蝕む愛着障害という病 大川剛史

351196
世界各国の状況 19/11/18 PM10
露メモ ロシアと中国が新たな軍事協力の段階へ 志葉楽

351194
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 19/11/18 PM09
悪名高い東京地検特捜部は「桜を見る会」を私物化した安倍総理の捜査に着手するのか
トラック
バック
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 19/11/18 PM09
原発裁判における権力の暴走、司法の崩壊! 民主主義など現実には存在しない。 地球と気象・地震を考える

351183
世界各国の状況 19/11/18 AM09
でっち上げに必死な韓国メディア 匿名希望

351175
新しい共認勢力 19/11/17 PM11
「教育界の劇団四季に」30年後の日本の教育に企業の役割は大きい。 藤井智子

351173
新しい共認勢力 19/11/17 PM10
「病院がなくても住民の健康は変わらない!?」医療と医療費の不都合な真実とは kanarchy
トラック
バック
試験・身分制度の根深い害 19/11/17 PM09
「なんのために」を見失うのも見つけるのも、すべては自分の意思 感謝の心を育むには

351164
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 19/11/17 PM05
財務省が下水道料金への公費削減や値上げを提言 水道民営化への地ならし 高梨俊寛
トラック
バック
新しい共認勢力 19/11/17 PM03
プーチン大統領の世界戦略(脱欧米=脱金融支配に向かう) 金貸しは、国家を相手に金を貸す

351162
もはや学校は終っている 19/11/17 PM01
世界は本源的価値に収束している 匿名希望
トラック
バック
一次・二次大戦 19/11/16 PM09
天皇とその閨閥・財閥は、日本最大の売国奴 日本を守るのに右も左もない

351141
近代市場の拡大 19/11/16 PM08
EU統合失敗の4要因 匿名希望

351135
政治:右傾化の潮流 19/11/16 PM01
安倍晋三とはA 匿名希望

351134
政治:右傾化の潮流 19/11/16 PM00
”安倍晋三”とは 匿名希望

351133
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 19/11/16 AM10
「在職老齢年金」の廃止検討 “不公平是正”という言い分の裏側 コキマール

351131
経済破局は来るのか? 19/11/16 AM09
株価と企業利益の乖離がひどい 上前二郎
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp