検索頁へ
 
件 (1/21頁) 総数416件
  学者とマスコミによる共認支配  
トラック
バック
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/08/17 AM09
世界を動かす12の原理-7〜「国益」のために、国家はあらゆる「ウソ」をつく〜 金貸しは、国家を相手に金を貸す
トラック
バック
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/08/15 PM10
近代医学理論は、どれもこれもペテンだった 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
近代科学を切開する 17/08/14 PM09
科学はなぜ停止したのか? 生物史から、自然の摂理を読み解く

328564
現代意識潮流を探る 17/08/04 PM11
マスコミに対する信頼格差が拡大中 山澤貴志
トラック
バック
新しい共認勢力 17/07/28 PM07
金貸しの牙城、マスコミの凋落 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
日本を守るのに、右も左もない 17/07/23 AM00
田布施一味 VS 官僚の100年戦争 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/07/15 PM08
トランプ大統領VSマスコミ、客観的に見ればトランプ大統領優位? 金貸しは、国家を相手に金を貸す
トラック
バック
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/07/15 AM09
日本人の活力を再生するには? 〜近代思想・自分観念から徹頭徹尾対象認識へ〜 日本を守るのに右も左もない

327959
学校って、必要なの? 17/07/10 PM10
サラリーマンに成る勉強だけで、“楽しい”ですか? 松本幸二
トラック
バック
日本を守るのに、右も左もない 17/07/10 PM08
輝きを失った近代からの決別〜正しい変革は民衆の側から起こさなければならない 共同体社会と人類婚姻史

327892
本能⇒共認機能⇒観念機能 17/07/08 AM00
「宗教と近代思想」と「精霊信仰」の違いとは何か 田野健
トラック
バック
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/07/04 PM10
西洋発の「教育論」は不要。寺子屋・徒弟制度にみる実践的な学びの場をいかに再生するかが日本の課題。 感謝の心を育むには
トラック
バック
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/07/04 AM09
プロによる観念支配 〜近代観念による全面閉塞〜 日本を守るのに右も左もない

327762
民主主義と市民運動の正体 17/07/02 PM11
不正選挙の仕組み 今野恵祭
トラック
バック
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/06/28 PM10
現代の学校教育〜何で本当のことを教えないのか〜 日本を守るのに右も左もない

327642
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/06/28 AM09
「食べ間違い」の元凶、フォイト栄養学の大罪 その1 岸良造
トラック
バック
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/06/27 AM10
「かつて人間であったことを忘れてしまった大人たち」〜いまこそ思考停止から脱して、人間としての生き方を取り戻す時 感謝の心を育むには
トラック
バック
共認運動をどう実現してゆくか? 17/06/25 PM09
世の中を動かしている力の正体は? 〜「観念支配の歴史」と突破口〜 日本を守るのに右も左もない

327468
近代科学を切開する 17/06/21 AM00
近代科学の正体〜自然を拷問にかけて白状させる〜科学者たちの言葉から 冨田彰男
トラック
バック
政治:右傾化の潮流 17/06/15 PM03
世界・人々の意識と逆行する日本の支配層(天皇・田布施一味) 日本を守るのに右も左もない
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp