検索頁へ
 
件 (1/19頁) 総数370件
  学者とマスコミによる共認支配  
トラック
バック
新しい共認勢力 17/03/30 AM00
新たな情報戦:万人の不整合感刺激 → 事実追求・歴史構造追求へ 日本を守るのに右も左もない

325227
民主主義と市民運動の正体 17/03/23 PM07
CIAの米主要メディアの支配史 ぴぴ

325182
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/03/21 PM10
暴露された米CIAの「監視・盗聴技術」と森友スキャンダルを繋ぐものA takigawa hayami

324672
マスコミに支配される社会 17/03/01 AM09
がん治療の最大の問題は、マスコミ発の偽りの社会共認 本田真吾

324618
健康と食と医 17/02/27 PM07
 < 「大阪健康再生会事件再考」(3) >後半 千田祐介
トラック
バック
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 17/02/21 AM00
日本の支配層=二重の売国勢力 日本を守るのに右も左もない

324337
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/02/16 PM10
原発廃炉作業に絶望、もはやお手上げ、死の墓場への道 孫市

324246
民主主義と市民運動の正体 17/02/13 PM03
米大統領選挙に不正投票疑惑 紀伊谷高那

323903
民主主義と市民運動の正体 17/01/31 PM06
現役の米大統領が堂々と「不正選挙」に触れる takigawa hayami

323686
民主主義と市民運動の正体 17/01/22 PM10
ドナルド・トランプの激しい女性攻撃の裏側に何があるのか 匿名希望

323580
環境破壊 17/01/18 PM08
ゴミの分別とはなんだったのか。日本人が騙されていた不都合な真実 加藤俊治

323436
日本を守るのに、右も左もない 17/01/13 AM09
生産の現場で磨かれた言葉づかい 〜言葉狩りの無意味さについて〜 多田奨

323037
これからの暮らしはどうなるの? 17/01/01 PM04
「日本は高齢社会」のウソ。NHKが故意に作り出した幻想のカラクリ 廣渕一志

322868
近代科学を切開する 16/12/27 PM01
現代医学は細菌が病気の原因=敵とする思想 匿名希望SY

322745
学者とマスコミが人類を破滅に導く 16/12/23 PM01
がん治療の真実を考える@ー権威ある医師たちの本物の言葉。 楊数未知

322707
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 16/12/21 PM09
トランプ政権に関する「報道と現実の乖離」 takigawa hayami

322693
学者とマスコミが人類を破滅に導く 16/12/21 AM09
史上最大の汚染物質 フッ素 匿名希望
トラック
バック
民主主義と市民運動の正体 16/11/07 AM00
2016年世界情勢はこうなる!20〜真実を隠すツールとなったネット〜 金貸しは、国家を相手に金を貸す

321300
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 16/11/02 PM09
FBI長官、ヒラリー捜査を再開〜トランブに対する国民の支持が、FBIを全く孤立状態にした 惻隠之心

320897
民主主義と市民運動の正体 16/10/23 PM02
不正選挙=電子投票数の操作(巨大な犯罪)は今行われている@ 猛獣王S
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp