検索頁へ
 
件 (1/23頁) 総数454件
  学者とマスコミによる共認支配  
トラック
バック
学者とマスコミが人類を破滅に導く 18/06/16 PM10
人工物質(化学物質・薬物)、滅亡の危機・・・・市場社会の末期、学者・マスコミの犯罪 日本を守るのに右も左もない

336452
西洋医療と東洋医療 18/06/14 AM10
薬物療法の終焉〜現代医学の9割が有害無益な存在 中村英起

336112
学者とマスコミが人類を破滅に導く 18/06/01 AM00
悪魔に魂を売った近代医学の父 中村英起

336021
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 18/05/28 PM07
日航123便墜落の暗黒に差し込んだ光A 蒔田一雪

335936
国家の支配構造と私権原理 18/05/25 AM00
奴隷制度の歴史5〜西洋の宗教家や思想家は奴隷制度を肯定していた 冨田彰男
トラック
バック
暴走する悪徳エリートの所業 18/05/24 AM00
抗がん剤を初めとする薬(=毒)が生物全般の絶滅を招くという危険性 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
学者とマスコミが人類を破滅に導く 18/05/21 PM03
ワクチンとは一体、何なのか〜ワクチンを打たなければ健康になる〜 日本を守るのに右も左もない

335349
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 18/05/04 AM00
「国際連合」の正体 天神地祇

335329
新しい共認勢力 18/05/03 PM00
東アジアの春。米朝中露韓合意、安倍日本は蚊帳の外 立石裕美

335180
近代科学を切開する 18/04/27 PM10
科学はコントロールされている どーんと行こう

334378
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 18/03/26 PM06
元国税が暴露。佐川氏も就いた財務省の子分「国税庁長官」の正体 蒔田一雪
トラック
バック
国家の支配構造と私権原理 18/02/16 PM11
国家紙幣の可能性〜 一次大戦前のロシアは、国家紙幣を発行する国立銀行によって安定していた〜 日本を守るのに右も左もない

333310
民主主義と市民運動の正体 18/02/08 PM02
沖縄・名護市長選の出口調査によれば、稲嶺氏が圧勝していたはず:選挙屋ムサシの粉飾は度が過ぎて、遂に不正の闇の一端が国民に垣間見えた 新聞会

333041
マスコミに支配される社会 18/01/28 AM01
ホロコースト(ナチスによるユダヤ人大量虐殺)に重大な疑義 北村浩司

331907
市場の支配構造(金貸し支配) 17/12/17 AM00
金貸しの思考 〜常に一石三鳥の抱き合わせを狙う。支配目的からの逆算思考〜 北村浩司

331857
市場の支配構造(金貸し支配) 17/12/14 PM09
常識は全て嘘である理由1 匿名希望F
トラック
バック
国家の支配構造と私権原理 17/11/20 PM11
国家権力支配(法制共認+官僚支配)と突破口 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
国家の支配構造と私権原理 17/11/12 AM00
国家は二重の支配構造、裏から支配する者達 日本を守るのに右も左もない

330965
民主主義と市民運動の正体 17/11/06 PM05
選挙で世の中が変わらない理由 1 紀伊谷高那

330881
市場の支配構造(金貸し支配) 17/11/03 AM00
ドイツの1兆倍のハイパーインフレは、「独立性」の高い中央銀行によって引き起こされた 〜中央銀行による通貨安定説の嘘〜 北村浩司
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp