検索頁へ
 
件 (1/186頁) 総数3716件
  学者とマスコミによる共認支配  

349560
西欧科学は狂っている 19/09/21 PM11
現代科学は裸の王様…よりひどい 前田重男
トラック
バック
地震・噴火・気象 19/09/21 AM00
地球の気象は宇宙からの電磁波とエネルギーの周期によって決まっている 〜真の学者に求められる資質とは何か〜 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
新資源・新エネルギーの開発は? 19/09/20 PM09
エネルギー問題は、金貸しの儲けのネタだ。 金貸しは、国家を相手に金を貸す

349510
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 19/09/20 PM01
現実味を帯びてきた年金破綻 彗星

349498
市場は環境を守れない、社会を統合できない 19/09/19 PM11
「創造的破壊」では世界は決してよくならない 野崎章

349300
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 19/09/13 PM08
WTC7は、全ての柱が同時に崩壊したことを証明→火事ではなく制御崩壊だった 村上祥典

349270
社員の活力を引き上げるには? 19/09/12 PM10
働き方改革は適用外「課長だけぶっ壊れる」問題 若い平社員の8割が"出世意欲ゼロ" 森浩平
トラック
バック
学者とマスコミはグルで頭脳支配 19/09/12 AM00
脳回路を解く(15)〜・思考ベクトルが逆転している架空観念・〜 地球と気象・地震を考える

349159
学者とマスコミはグルで頭脳支配 19/09/08 PM11
広瀬隆「なぜ人類は二酸化炭素を悪者扱いするようになったか?」(2/2) 山上勝義
トラック
バック
脳回路と駆動物質 19/09/07 AM00
脳回路を解く(14)〜・意欲と追求力を上げるには?・〜 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
西欧科学は狂っている 19/09/04 AM02
全般的な絶滅の様相・滅亡の予感 日本を守るのに右も左もない

348958
人工物質の脅威:大気・水・食品 19/09/01 AM02
日本政府、グリホサートの残留基準値を大幅緩和 匿名希望

348840
一次・二次大戦 19/08/27 AM01
宮城前の土下座写真、実はやらせだった? takigawa hayami
トラック
バック
もはや学校は終っている 19/08/26 PM09
脱強制圧力・活力再生の突破口 日本を守るのに右も左もない

348810
学者とマスコミはグルで頭脳支配 19/08/25 PM11
二酸化炭素温暖化説の嘘が警告する地球の危機(2/2) 山上勝義

348809
学者とマスコミはグルで頭脳支配 19/08/25 PM11
二酸化炭素温暖化説の嘘が警告する地球の危機(1/2) 山上勝義

348735
次代の活力源は? 19/08/23 PM03
子どもたちから学ぶ〜働くことは、苦役ではなく活力源、そして私権対象ではなく共認充足対象 男と女の職場話
トラック
バック
学者とマスコミはグルで頭脳支配 19/08/22 PM10
脳回路を解く(13)〜・記憶ではなく把握機能・〜 地球と気象・地震を考える

348712
市場の支配構造(金貸し支配) 19/08/22 PM08
日本人の知らない日本(13)  支配者の実態を監視し、事実を把握しして支配者に振り回されない社会を作るしかない。 今井勝行

348668
暴走する悪徳エリートの所業 19/08/20 PM10
この事件の真相を墓場まで持っていくと公言している中曽根康弘の思惑の忖度?!(2) 小圷敏文
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp