検索頁へ
 
件 (1/183頁) 総数3650件
  学者とマスコミによる共認支配  

347674
地震・噴火・気象 19/07/16 PM10
気候変動は「人為的な要因のものではない」ことを神戸大学の科学者が「証明」!地球の気候に影響を与えているものは「宇宙線と雲」であることを78万年前の地磁気逆転時のデータから突き止める 匿名希望

347634
新しい男女関係(→婚姻制)の模索 19/07/15 AM10
男性社会の幸福な女性たち 別所彦次郎

347568
健康と食と医 19/07/12 PM11
「栄養補助サプリメントは健康にまったく寄与しない」という衝撃的な医学研究が米国で発表される。それどころか、カルシウムとビタミンDの同時服用は「脳卒中になるリスクを高める」ことが判明 匿名希望

347529
政治:右傾化の潮流 19/07/11 PM09
選挙結果は投票率に比例して激変する 佐藤晴彦

347507
学者とマスコミはグルで頭脳支配 19/07/10 PM11
地球温暖化説終焉か?イタリア科学会がほぼ全会一致で「人為的な要因による地球温暖化という説はまったく科学的ではない」と決議・請願書を提出! 匿名希望

347501
原発 19/07/10 PM10
太陽光、風力に駆逐され原発はオワコン化ー安倍ジャパンだけが直視しないエネルギー産業の激変 吉 四六

347477
学者とマスコミはグルで頭脳支配 19/07/09 PM10
『地球温暖化の不都合な真実』 マーク・モラノ著 渡辺正訳@ 孫市
トラック
バック
日本を守るのに、右も左もない 19/07/09 PM03
民族・集団本能を開放するには?8 〜日本人の不整合感からの突破口〜 日本を守るのに右も左もない

347445
西欧科学は狂っている 19/07/08 PM10
カロリーに関する大きな誤解 HAYABUSA
トラック
バック
市場の支配構造(金貸し支配) 19/07/08 PM09
国際情勢の大変動を見抜く!-19〜中央銀行が政府から独立している本当の理由〜 金貸しは、国家を相手に金を貸す

347426
日本人と縄文体質 19/07/08 AM09
日本人は、驚くほど「スキンシップ欠乏症」だ -人間は本能的に接触要求を持っているのに… 匿名希望
トラック
バック
新しい共認勢力 19/07/07 PM09
現代貨幣理論(MMT)はベーシックインカムの財源になるか 金貸しは、国家を相手に金を貸す

347373
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 19/07/06 AM10
タルムードを世界立法府の法的礎石にするトランプD〜その2 惻隠之心

347353
密室家庭は人間をダメにする 19/07/05 PM08
"遊び"が"学び"に欠かせないわけ takajin
トラック
バック
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 19/07/05 AM00
アメリカは、イランを叩き欧州から信頼を失っている。 金貸しは、国家を相手に金を貸す

347328
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 19/07/04 PM10
元国税調査官が暴露。「日本の法人税は世界的に高額」という大嘘 2/2 磯貝朋広
トラック
バック
西欧科学は狂っている 19/07/03 PM08
核実験・原発事故による放射能汚染の現状 生物史から、自然の摂理を読み解く

347257
日本を守るのに、右も左もない 19/07/02 PM00
「日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない」と日銀が明言 天神地祇

347227
近代市場の拡大 19/07/01 AM01
「江戸時代、日本は鎖国していた」は大誤解! おぬこ
トラック
バック
学者とマスコミはグルで頭脳支配 19/06/30 AM00
民族・集団本能を開放するには?7 〜頭脳支配機構(学校・マスコミ)を超え、外圧・期待をつかむ〜 日本を守るのに右も左もない
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp