検索頁へ
 
件 (1/200頁) 総数3992件
  学者とマスコミによる共認支配  

355425
マスコミに支配される社会 20/04/06 AM09
都市封鎖を強制しないスイス・スウェーデン・オランダ 山澤貴志
トラック
バック
経済破局は来るのか? 20/04/06 AM00
コロナウイルス危機、世界秩序は保たれるか 金貸しは、国家を相手に金を貸す

355403
マスコミに支配される社会 20/04/05 PM07
日本人医師からの情報拡散@〜2019年10月に既にコロナ第一波感染がスタート。現在は第二波〜 匿名希望

355402
マスコミに支配される社会 20/04/05 PM07
ウイルス・戦争・飢餓の死亡数比較 大森久蔵

355394
経済破局は来るのか? 20/04/05 PM01
消費刺激は不要、それどころか社会に危機をもたらす 佐藤有志
トラック
バック
マスコミに支配される社会 20/04/05 AM00
何度も繰り返されてきたパンデミックとの闘い〜・歴史を紐解く・〜 地球と気象・地震を考える

355376
これからの暮らしはどうなるの? 20/04/04 PM10
イタリアやスペインでロックダウン疲れ 匿名希望

355375
これからの暮らしはどうなるの? 20/04/04 PM10
ロックダウンとは 実際どうなの? 匿名希望
トラック
バック
経済破局は来るのか? 20/04/04 PM09
コロナ騒動の背後、奥の院の狙い 2 日本を守るのに右も左もない

355332
経済破局は来るのか? 20/04/03 PM10
3月19日のドイツ・メルケル首相演説 宮田一郎

355295
健康と食と医 20/04/03 AM01
コロナウイルスの感染しやすさと湿度の関係。相対湿度40〜60%の場合ほとんど感染しない。それ以上それ以下でもダメ。 吉 四六

355293
マスコミに支配される社会 20/04/03 AM00
突然変異と分岐 : 現在判明しているだけで「8種類の異なる新型コロナウイルス」株が世界に広がっている。さらに100以上の遺伝子の変異も 匿名希望

355285
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 20/04/02 PM10
エリートの大量逮捕は始まっている 匿名希望

355270
マスコミに支配される社会 20/04/02 PM07
学校閉鎖やイベントの中止などは戒厳令下における施設接収の予行演習に 匿名希望

355238
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/04/02 AM01
地球温暖化CO2犯人説が信憑性に欠ける証拠@〜気温が上がっているのは 都市部だけという事実 太刀川省治
トラック
バック
新しい共認勢力 20/04/02 AM00
国際情勢の大変動を見抜く!-58〜これから起こる世界の大転換と人々の変化〜 金貸しは、国家を相手に金を貸す

355231
新しい共認勢力 20/04/01 PM10
攻撃するだけの欧米と、支援に動くロシア・中国 村上祥典
トラック
バック
マスコミに支配される社会 20/04/01 PM08
ビル・ゲイツ、新型コロナ、5G(EP3172319A1=Coronavirus) 日本を守るのに右も左もない

355220
るいネットを応援する 20/04/01 PM01
【メルマガるい909】 5Gとコロナウィルスは関係していた!? [2020.03.31] るいネット編集部

355215
マスコミに支配される社会 20/04/01 AM10
東京も時間の問題。「ロックダウン」された米シアトルの現状A 伊達政宗
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp