検索頁へ
 
件 (1/828頁) 総数16559件
  学者とマスコミによる共認支配  

353021
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 20/01/21 PM08
CIA工作員最期の告白: 9.11 WTC7は我々が爆破した 山本紀克

352992
マスコミに支配される社会 20/01/20 PM00
オーストラリア火災で「誤報」流すメディアの愚 ABC豆

352979
マスコミに支配される社会 20/01/19 PM10
不全の増大から認識収束が加速 天神地祇

352944
民主主義と市民運動の正体 20/01/18 PM08
「多様性」はコストがかかる。 別所彦次郎

352940
市場は環境を守れない、社会を統合できない 20/01/18 PM07
労働運動の歴史、バブル崩壊による派遣法改正が働き方を大きく変えた 井上智貴

352909
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 20/01/17 PM10
戦後日本を闇支配する米国戦争屋は、国民人気のない安倍氏の後継首相として、河野防衛大臣(米ジョージタウン大卒)を想定しているのではないか

352903
市場の支配構造(金貸し支配) 20/01/17 PM08
謎の組織ユニセフの活動 透明性がなく批判も 玉田 聡

352902
暴走する悪徳エリートの所業 20/01/17 PM08
ワクチンの正体 池谷菜奈子

352881
国債経済とその破綻(大破局の予感) 20/01/16 PM10
経常黒字を「稼ぐ力」と言う間違い→経常赤字のほうが儲かる ぴぴ

352876
マスコミに支配される社会 20/01/16 PM08
毎日新聞が12日の新宿でのデモ記事掲載。これは出来事である。掲載の継続を望む。 匿名希望

352871
共認心理学:現代の精神病理 20/01/16 PM05
「一見、いいひと」が一番やばい 匿名希望

352857
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/01/15 PM11
ダマされる日本。武田教授が明かす「温暖化」利権の不都合な真実 HAYABUSA
トラック
バック
世界各国の状況 20/01/15 PM09
イランがアメリカを挑発しすぎて、アメリカが跳ねた?! 金貸しは、国家を相手に金を貸す
トラック
バック
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 20/01/15 PM03
イランの司令官殺害とアメリカへの報復は誰が仕掛けたのか 日本を守るのに右も左もない

352812
農村を活性化させる為には? 20/01/14 PM07
農業補助金が収入の5割 アメリカ農業は競争社会ではない  匿名希望
トラック
バック
一次・二次大戦 20/01/14 PM03
国際情勢の大変動を見抜く!-46〜朝鮮戦争はアメリカが種をまきソ連が協力した戦争だった〜 金貸しは、国家を相手に金を貸す

352802
日本を守るのに、右も左もない 20/01/14 PM00
「あの日本人でさえ怒りを制御できないのなら、世界はもう危機的状況」を読んで感じたこと 酒井俊弘

352787
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/01/13 PM09
事実を知るとは、身近な事実を知り、それを取り巻く大きな枠との矛盾=不整合感を追求すること 酒井俊弘

352781
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 20/01/13 PM06
ゴーン氏の悪質さと捜査機関(検察)のリーク体質について 匿名希望
トラック
バック
市場の支配構造(金貸し支配) 20/01/13 PM05
世界情勢:イラン、ゴーン逃走、市場・・・、民族派による、ロスチャ・ネオコンの詰め将棋。中銀廃止・国家紙幣化はいつか? 日本を守るのに右も左もない
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp