検索頁へ
 
件 (1/794頁) 総数15872件
  学者とマスコミによる共認支配  

346208
環境破壊 19/05/25 PM11
大嘘だらけの「プラスチック製ストロー有害説」 takigawa hayami

346203
マスコミに支配される社会 19/05/25 PM10
マスコミの経済オンチを改善しなければ、この国が確実に滅びる訳2 直永亮明

346202
マスコミに支配される社会 19/05/25 PM09
マスコミの経済オンチを改善しなければ、この国が確実に滅びる訳1 直永亮明

346163
次代の活力源は? 19/05/24 AM10
グーグル社員が「労働時間」を問われない理由 「時間で管理は愚かな考え方」だ A 匿名希望

346162
次代の活力源は? 19/05/24 AM09
グーグル社員が「労働時間」を問われない理由 「時間で管理は愚かな考え方」だ @ 匿名希望
トラック
バック
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 19/05/23 PM09
マスコミはトランプを叩くが、SNSで発信するトランプが支持率45.1%に。マスコミは今や世論を操作できない。 金貸しは、国家を相手に金を貸す

346139
これからの暮らしはどうなるの? 19/05/23 PM07
軍事兵器と同じ周波数の5G。”本当の問題に目を向けさせない”日本のマスコミと医学界 紺碧空

346138
これからの暮らしはどうなるの? 19/05/23 PM06
ドル体制に続き通信分野の支配が揺らいでいる米国の戦い (櫻井ジャーナル) ぴぴ

346137
これからの暮らしはどうなるの? 19/05/23 PM05
ネット階級社会 インターネットがつくる新たな階級社会という悪夢 高橋克己

346092
暴走する悪徳エリートの所業 19/05/21 PM10
事実を隠蔽(検閲)することで世論を支配するグーグル・フェイスブック・ツイッター 村上祥典

346091
マスコミに支配される社会 19/05/21 PM09
高い利益率、複雑な料金プラン…携帯大手、問われるあり方 匿名希望
トラック
バック
脳回路と駆動物質 19/05/21 PM09
視覚優位の日常が「聞く力」を弱らせている 感謝の心を育むには

346084
環境破壊 19/05/21 PM06
全米で“反5G運動”が急速拡大中、日本は大丈夫か!? 脳腫瘍協会トップ「今後30年でどんな健康被害がでるか把握不可能」 紺碧空

346080
日本を守るのに、右も左もない 19/05/21 PM01
本来真似るべきものはアメリカではない 西本圭

346079
国家の支配構造と私権原理 19/05/21 PM00
日本の皇室、英国の王室にみる、立憲君主制の正体 匿名希望

346068
環境破壊 19/05/20 PM11
「レジ袋は環境を破壊する」という真っ赤な大嘘 紀伊谷高那

346052
マスコミに支配される社会 19/05/20 PM01
連日の高齢者による交通事故報道を受けて 松山健二

346039
民主主義と市民運動の正体 19/05/19 PM11
「民主主義」聞こえはいいが私たちが向かう所はどこか どうなる資本主義

346038
民主主義と市民運動の正体 19/05/19 PM11
「ハラ・ハラ問題」誰得か? ハラスメントを大義の粘着社員が増殖中A 石山 巌

346037
民主主義と市民運動の正体 19/05/19 PM10
「ハラ・ハラ問題」誰得か? ハラスメントを大義の粘着社員が増殖中!@ 石山 巌
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp