検索頁へ
 
件 (1/731頁) 総数14607件
  学者とマスコミによる共認支配  

331884
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 17/12/15 PM11
なぜ日本は3・11以前の原子力政策に後戻りしているのか 匿名希望

331883
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 17/12/15 PM10
伊方原発、「立地不適」と問題視=運転停止は期間限定−広島高裁決定 惻隠之心

331858
市場の支配構造(金貸し支配) 17/12/14 PM09
常識は全て嘘である理由2 匿名希望F

331857
市場の支配構造(金貸し支配) 17/12/14 PM09
常識は全て嘘である理由1 匿名希望F

331835
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 17/12/13 PM09
電気も作らず廃炉にもできない「高速増殖炉もんじゅ」 匿名希望

331833
暴走する悪徳エリートの所業 17/12/13 PM08
福島の除染作業員が草むしり、清水建設執行役員が辞任!環境省から危険手当! 橋本正雄

331824
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 17/12/13 PM00
ゆとり教育と世論 植田正治

331816
日本を守るのに、右も左もない 17/12/12 PM10
「日本型組織の致命的弱点とは」 大相撲と大企業の不正問題の根っこは同じだ  匿名希望

331815
暴走する悪徳エリートの所業 17/12/12 PM10
一段と拍車がかかるNHKの偏向放送 匿名希望

331810
学校って、必要なの? 17/12/12 PM07
方程式を使って問題を解くのが、大学の経済学の授業 野崎章

331806
暴走する悪徳エリートの所業 17/12/12 PM00
NHKの東大研究不正という番組から 安冨啓之

331772
マスコミに支配される社会 17/12/10 PM07
「ゆとり」と決めつけられてきた学生の気持ちは? 秀凜

331759
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 17/12/09 PM11
米国CIAの事実上の日本支部・東京地検特捜部によるスパコン・ベンチャー社長逮捕劇は、国民から信頼を失った安倍氏の失脚シナリオ幕開けの合図か 吉 四六

331695
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/12/07 PM05
家畜教育のエリートが闊歩する現代 上前二郎

331658
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/12/05 PM10
戦争前夜の軍事演習に沈黙するこの国の政治の無力さ(天木直人のブログ) 匿名希望

331649
民主主義と市民運動の正体 17/12/05 PM07
難民を煽るソロスに宣戦布告したハンガリー政府 洞口海人

331644
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/12/05 PM01
戦争が差し迫っているのが見えないだろうか? 川内麻生

331642
共認心理学:現代の精神病理 17/12/05 AM10
フェイスブックなどのSNS〜「いかに子どもの脳を破壊しているか」元CEOが暴露 橋口健一

331641
世界各国の状況 17/12/05 AM09
日本の広辞苑が「台湾は中国の一部」に改定。日台の絆に深い傷 惻隠之心

331613
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 17/12/03 PM11
有効求人倍率という誤魔化し 村田頼哉
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp