検索頁へ
 
件 (1/141頁) 総数2820件
  ’70年貧困の消滅と支配階級の暴走  

335918
暴走する悪徳エリートの所業 18/05/24 AM10
がんは自分で治せる!!!〜これを知ったら病院へ行けない!〜 北尾璃枝

335917
暴走する悪徳エリートの所業 18/05/24 AM09
ガン利権は年間15兆円 国防費の3倍 抗がん剤やめるわけがない 明石 甫
トラック
バック
暴走する悪徳エリートの所業 18/05/24 AM00
抗がん剤を初めとする薬(=毒)が生物全般の絶滅を招くという危険性 地球と気象・地震を考える

335906
暴走する悪徳エリートの所業 18/05/23 PM10
ガン患者の8割が、抗がん剤などの副作用死と判明 今野恵祭

335905
西洋医療と東洋医療 18/05/23 PM09
西洋医療は、「原因を見てはいけない」と言いきっている。 紺碧空
トラック
バック
試験・身分制度の根深い害 18/05/23 AM00
力の支配の残骸・抜け殻としての制度支配・観念支配 日本を守るのに右も左もない

335841
学者とマスコミが人類を破滅に導く 18/05/21 PM05
効かないと知りながら平気で抗癌剤を使う癌の名医達 白海豚
トラック
バック
学者とマスコミが人類を破滅に導く 18/05/21 PM03
ワクチンとは一体、何なのか〜ワクチンを打たなければ健康になる〜 日本を守るのに右も左もない

335820
新しい共認勢力 18/05/20 PM09
お金の未来をひらくのは、現代の金融システムを越えてお金と向き合いはじめた生活者たち 秋田稔行
トラック
バック
国債経済とその破綻(大破局の予感) 18/05/20 PM09
日本銀行が「マイナス金利だいじょうぶですよ!」と広報。これが笑える!! 金貸しは、国家を相手に金を貸す

335783
国債経済とその破綻(大破局の予感) 18/05/19 PM03
国の借金を返す姿勢が見えないのに、国民には増税っておかしくない?(1/2) 山上勝義

335782
経済破局は来るのか? 18/05/19 PM01
東京オリンピックの経済効果は数兆円という大嘘。ギリシャの財政危機はオリンピック開催が原因 匿名希望

335714
人工物質の脅威:大気・水・食品 18/05/16 PM11
ガン細胞は、抗ガン剤(マスタードガス)に耐性を持った微生物の増殖ではないか? 田村正道

335691
近代市場の拡大 18/05/16 AM02
『需要発から供給発』の時代。「買う方が歩く」から「売る方が歩く」、江戸時代に学ぶ。 麻丘東出

335548
学者とマスコミが人類を破滅に導く 18/05/10 PM11
BMJの医学論文「悪玉コレステロール値の高い人のほうが長生きだった」 : これにより世界で最も処方されているコレステロール薬スタチンが無意味か、あるいは「人の短命化に貢献している」可能性が判明 廣渕一志

335525
日本を守るのに、右も左もない 18/05/09 PM11
バブル以前に築かれた地方の生活環境(日本のストック)が今だ現役であること、向島の脱走騒動から知ることになった。 持国天

335440
地震・噴火・気象 18/05/06 PM11
いよいよ本格的に始まった「地球寒冷化」:この2年間の地球が過去1世紀で最大の寒冷化を記録していたにも関わらず「メジャーメディアはそれを黙殺し続ける」と米保守系ニュースサイトが報じる 廣渕一志
トラック
バック
市場の支配構造(金貸し支配) 18/05/06 AM10
「信用創造」の本質と限界 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
国債経済とその破綻(大破局の予感) 18/05/04 AM09
マイナス金利とは何か? 金貸しは、国家を相手に金を貸す

335319
健康と食と医 18/05/02 PM10
ガン死者、日本だけ、なぜ増える……?欧米はガン、心臓病、脳卒中が急減 楊数未知
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp