検索頁へ
 
件 (1/753頁) 総数15044件
  ’70年貧困の消滅と支配階級の暴走  

351235
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 19/11/20 PM01
安倍首相の前夜祭のお金処理について言い訳をする程ドツボの深みに陥る。 匿名希望

351232
暴走する悪徳エリートの所業 19/11/20 PM00
「桜を見る会」だけじゃない!安倍首相の地元で公共事業が激増! 〜そのA takigawa hayami

351231
暴走する悪徳エリートの所業 19/11/20 AM10
「桜を見る会」だけじゃない!安倍首相の地元で公共事業が激増! 〜その@ takigawa hayami

351205
次代の活力源は? 19/11/19 AM10
「乾けない世代」こそが希望 原てふ子

351195
経済破局は来るのか? 19/11/18 PM09
来たるべくリーマンショック以上のクラッシュ後の世の中は… 〜世界中のスーパーリッチたちが「2020年の株式市場の劇的な崩壊」への準備を進めている〜 匿名希望
トラック
バック
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 19/11/18 PM09
原発裁判における権力の暴走、司法の崩壊! 民主主義など現実には存在しない。 地球と気象・地震を考える

351173
新しい共認勢力 19/11/17 PM10
「病院がなくても住民の健康は変わらない!?」医療と医療費の不都合な真実とは kanarchy

351172
健康と食と医 19/11/17 PM10
大ウソで脅迫・・・メタボ 匿名希望

351164
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 19/11/17 PM05
財務省が下水道料金への公費削減や値上げを提言 水道民営化への地ならし 高梨俊寛

351145
経済破局は来るのか? 19/11/16 PM09
資本主義の課題〜信用経済と謳っているが、結局は表面的な評価で変わる金利に翻弄されている日本〜 どうなる資本主義
トラック
バック
一次・二次大戦 19/11/16 PM09
天皇とその閨閥・財閥は、日本最大の売国奴 日本を守るのに右も左もない

351142
経済破局は来るのか? 19/11/16 PM08
アメリカ・シェールオイルの凋落 村上祥典

351135
政治:右傾化の潮流 19/11/16 PM01
安倍晋三とはA 匿名希望

351134
政治:右傾化の潮流 19/11/16 PM00
”安倍晋三”とは 匿名希望

351131
経済破局は来るのか? 19/11/16 AM09
株価と企業利益の乖離がひどい 上前二郎

351119
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 19/11/15 PM10
狂牛病を告発したのは山口組? 今井勝行

351106
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 19/11/15 PM00
どちらの言い分に説得力があるか。籠池夫妻の「真相トーク」 高橋克己

351085
市場の支配構造(金貸し支配) 19/11/14 PM09
国際決済銀行(BIS)は日本にゴールドの備蓄を許さない〜その4 惻隠之心

351084
市場の支配構造(金貸し支配) 19/11/14 PM09
国際決済銀行(BIS)は日本にゴールドの備蓄を許さない〜その3 惻隠之心

351081
市場の支配構造(金貸し支配) 19/11/14 PM08
国際決済銀行(BIS)は日本にゴールドの備蓄を許さない〜その2 惻隠之心
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp