検索頁へ
 
件 (1/758頁) 総数15159件
  ’70年貧困の消滅と支配階級の暴走  
トラック
バック
市場の支配構造(金貸し支配) 20/01/19 PM03
米バブル(国債経済)崩壊の兆し、・・・中央銀行システムの終焉と国家紙幣への転換は待ったなし 日本を守るのに右も左もない

352948
人工物質の脅威:大気・水・食品 20/01/18 PM09
操られ続ける日本人の胃袋 望月宏洋

352947
日本を守るのに、右も左もない 20/01/18 PM09
種子法廃止を骨抜きにする反撃〜代替の条例制定に動き出した地方自治体〜 小圷敏文

352903
市場の支配構造(金貸し支配) 20/01/17 PM08
謎の組織ユニセフの活動 透明性がなく批判も 玉田 聡

352902
暴走する悪徳エリートの所業 20/01/17 PM08
ワクチンの正体 池谷菜奈子

352882
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 20/01/16 PM10
1億総低所得社会に向かっている日本 蔵端敏博

352881
国債経済とその破綻(大破局の予感) 20/01/16 PM10
経常黒字を「稼ぐ力」と言う間違い→経常赤字のほうが儲かる ぴぴ

352847
暴走する悪徳エリートの所業 20/01/15 PM07
今だけ金だけ自分だけ強欲人間が諸悪の根源 佐藤晴彦

352845
暴走する悪徳エリートの所業 20/01/15 PM06
治験はなぜ不正が繰り返されるのか(1) 今井勝行

352844
暴走する悪徳エリートの所業 20/01/15 PM05
大学病院の現役医師が「ガン治療のウラ」大暴露(1)「大変なことになりますよ」 野崎章

352820
経済破局は来るのか? 20/01/14 PM10
米銀システムのドル不足→米国債の発行限界が近い 匿名希望

352749
現代意識潮流を探る 20/01/12 PM00
開国から商社の発展に伴う働き方の変化→グローバル化による商社の衰退とこれから 井上智貴

352748
現代意識潮流を探る 20/01/12 AM10
ミニマリストの欲望 うつろう欲望の先はモノから感情・体験へ どうなる資本主義
トラック
バック
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 20/01/10 PM09
ゴーンの逃走劇から見える世界情勢 日本を守るのに右も左もない

352686
次代の活力源は? 20/01/09 PM10
昔の生活がもたらしたもの 橋本正雄

352664
経済破局は来るのか? 20/01/08 PM11
米銀システムのドル不足は何を意味するのか−2 匿名希望

352663
経済破局は来るのか? 20/01/08 PM11
米銀システムのドル不足は何を意味するのか−1 匿名希望

352660
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 20/01/08 PM10
深刻な消費不況に移行している日本経済 匿名希望☆
トラック
バック
もはや学校は終っている 20/01/08 PM08
小学校は「刑務所に通わされてるようなもん」なのかどうか? これからは探求の時代

352639
環境破壊 20/01/07 PM11
史上最悪のオーストラリアの山火事の原因は「人為的なもの」であることが判明。これまでに放火で200人近くが逮捕されていた。しかし他国では一切報じられず、いまだに気候変動を非難している mitokondoria
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp