検索頁へ
 
件 (1/670頁) 総数13391件
  ’70年貧困の消滅と支配階級の暴走  

335016
市場は環境を守れない、社会を統合できない 18/04/21 PM07
Amazonに激怒のG20。法人税を払わぬ巨大企業を追い詰める包囲網 猪飼野

334968
政治:右傾化の潮流 18/04/19 PM08
7万人が仮設住宅で暮らす国 匿名希望

334967
政治:右傾化の潮流 18/04/19 PM08
「国民の生活が台無し」アベノミクスの真実 匿名希望

334962
暴走する悪徳エリートの所業 18/04/19 PM03
医者には患者の死が見えている!〜本当のことを言わない訳〜 櫻井佑衣子

334915
事業・仕事 18/04/17 PM08
地方創生が進む中で立地企業が考えなければならないこと 今井勝行

334912
経済破局は来るのか? 18/04/17 PM06
本当はぼろぼろの米国経済 猪飼野

334909
市場の支配構造(金貸し支配) 18/04/17 PM03
朝鮮半島のX-dayB〜ディープ・ステートは、国境を超越した秘密のネットワーク 惻隠之心

334898
市場の支配構造(金貸し支配) 18/04/16 PM11
朝鮮半島のX-dayA〜 世界は、少なくとも三層構造になっている。 惻隠之心

334897
市場の支配構造(金貸し支配) 18/04/16 PM11
朝鮮半島のX-day@〜世界は、少なくとも三層構造になっている。 惻隠之心

334895
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 18/04/16 PM10
人民元建ての原油先物取引が米国の支配システムを支える柱のひとつペトロダラーを揺るがす可能性 匿名希望

334893
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 18/04/16 PM09
グローバル経済 VS 国家主権経済(中国構想)の戦い(1) 村上祥典

334883
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 18/04/16 PM03
官僚組織の隠蔽、誤魔化し体質はどこからくるのか? 雪竹恭一

334878
政治:右傾化の潮流 18/04/16 AM09
加計問題で愛媛県の公開した備忘録を捏造だと断言できない安倍氏は、その内容を認めたも同然:後世まで“ウソ吐き首相”呼ばわりされることになる 匿名希望

334868
世界各国の状況 18/04/15 PM10
友達付き合いとインスタ映えに、ない袖を振るミレニアル世代 やおよろず

334835
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 18/04/14 PM01
東西資源戦争の勃発と中国・ロシアの脱SWIFTへの動きB 惻隠之心

334834
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 18/04/14 PM00
東西資源戦争の勃発と中国・ロシアの脱SWIFTへの動きA 惻隠之心

334810
’70年貧困の消滅と私権の衰弱 18/04/13 PM00
形のない「事」を売る 物から事への転換 ぴぴ

334779
経済破局は来るのか? 18/04/12 AM01
次の大恐慌を生きのびるには:太陽黒点活動が終わる中でも、市場と経済の壊滅的崩壊が避けられないと主張する人たちが増加する中で 匿名希望
トラック
バック
共同体社会の実現 18/04/09 PM09
国家紙幣による経済運営A 為替競争 ⇒世界的にも追求力・同化力の時代へ 日本を守るのに右も左もない

334711
国家の支配構造と私権原理 18/04/09 AM00
クロカモ(賀茂氏)と御巣鷹山事変(高天原山事変)の関係 六文銭
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp