検索頁へ
 
件 (1/239頁) 総数4764件
  市場拡大→世界大戦・環境破壊  

358154
これからの暮らしはどうなるの? 20/07/04 PM01
「遊ぶ」ということが「商品化」している 姜ヨセフ

358110
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 20/07/02 PM08
米抗議デモを的中させた専門家の警告C〜アメリカの社会不安の行き着く先は分裂か 蔵端敏博

358105
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 20/07/02 PM03
米抗議デモを的中させた専門家の警告B〜アメリカの社会不安は一層激しくなる 蔵端敏博

358103
国家の支配構造と私権原理 20/07/02 PM01
米抗議デモを的中させた専門家の警告A〜近代以降の帝国パターンと現代アメリカの内乱パターン 蔵端敏博

358099
国家の支配構造と私権原理 20/07/02 AM02
米抗議デモを的中させた専門家の警告@〜近代以降の帝国のパターン 蔵端敏博
トラック
バック
新しい共認勢力 20/07/02 AM00
アメリカ情勢〜内乱から自治区の出現/11都市がベーシックインカム導入実験/小都市による自立の兆しか〜 日本を守るのに右も左もない

358079
共認心理学:現代の精神病理 20/07/01 PM03
差別は何に利用されるのか 姜ヨセフ
トラック
バック
市場の支配構造(金貸し支配) 20/07/01 AM00
市場論・国家論8.宗教改革とイエズス会 日本を守るのに右も左もない

358026
密室家庭は人間をダメにする 20/06/29 AM10
こどもはあそびを通して能力を獲得する 前田重男

357991
新しい共認勢力 20/06/27 PM10
全米の若者が熱狂する「新しい社会主義」〜新しい社会の実現への追求機運が高まってきた どうなる資本主義

357977
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 20/06/27 AM09
週刊文春が明かした陸上イージス白紙撤回の本当の理由 井上誠
トラック
バック
日本を守るのに、右も左もない 20/06/26 PM05
極東情勢〜連絡所爆破の北朝鮮とイージス中止の日本〜 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
市場の支配構造(金貸し支配) 20/06/25 AM00
市場論・国家論7.大航海時代(ポルトガル→スペイン→オランダ→イギリス) 日本を守るのに右も左もない

357902
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 20/06/24 AM00
アメリカ人の3人に1人が「5年以内に内戦が起きる」と考えていることが代表的な世論調査で判明。そのアメリカはコロナの感染者数の再増加に歯止めが効かない状態に突入 匿名希望
トラック
バック
新しい共認勢力 20/06/24 AM00
思想の解体、帝国の解体 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 20/06/23 PM01
在日米軍の撤退は時間の問題。・・・予想もできない事態の予感。 日本を守るのに右も左もない

357852
市場の支配構造(金貸し支配) 20/06/22 AM02
金貸しの次の標的は、天皇の金塊と財務省の裏金 匿名希望
トラック
バック
西欧科学は狂っている 20/06/21 PM09
5G電磁波で世界はどう変わる? 地球と気象・地震を考える

357829
市場は環境を守れない、社会を統合できない 20/06/21 AM10
新型コロナ感染症を生み出したのは資本主義的生産関係であり、必ずそれは経済社会に影響を及ぼす関係にある どうなる資本主義

357760
世界各国の状況 20/06/18 PM10
覇権国家が維持できなくなる時代 加賀正一
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp