検索頁へ
 
件 (1/852頁) 総数17030件
  市場拡大→世界大戦・環境破壊  

348585
市場は環境を守れない、社会を統合できない 19/08/17 PM11
団塊世代の犠牲になった若者たち。非正規雇用が増えた本当の理由 磯貝朋広

348561
経済破局は来るのか? 19/08/16 PM11
トランプ「中国は為替操作国」→IMF「中国の為替介入みられず」 渡辺卓郎

348560
経済破局は来るのか? 19/08/16 PM10
欧州最強”ドイツ銀行、破綻寸前&リストラの裏で「葬られる3つの闇」 中田燿平

348556
一次・二次大戦 19/08/16 PM09
大正天皇から昭和天皇への「御代替わり」。これがアジア全域を戦争の惨禍に巻き込む転機となった。 匿名希望

348548
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 19/08/16 PM06
ネオコンの戦争挑発 広島爆撃を賛美するフリー・ビーコンA takigawa hayami

348547
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 19/08/16 PM05
ネオコンの戦争挑発 広島爆撃を賛美するフリー・ビーコン@ takigawa hayami
トラック
バック
新しい共認勢力 19/08/16 PM03
国際情勢の大変動を見抜く!-25〜日ロ関係強化の世界史的意義〜 金貸しは、国家を相手に金を貸す

348538
日本を守るのに、右も左もない 19/08/16 AM00
『ゲノム食品』が解禁・・・食の安全は放棄された・・・ HAYABUSA
トラック
バック
日本を守るのに、右も左もない 19/08/15 PM03
アメリカに見捨てられた韓国と朝鮮半島の行方と日本 日本を守るのに右も左もない

348520
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 19/08/15 PM01
小泉ジュニアはわざわざ首相官邸で婚約会見:小泉父は米国ジャパンハンドラーに揉み手して、ポスト安倍に次男を据える工作を開始したのか

348519
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 19/08/15 PM00
「小泉進次郎の結婚劇」は「安倍政権幕引き」の序章か? 洞口海人

348516
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 19/08/15 AM09
広島・長崎への原爆投下は、戦争に勝つためには不必要な行為だった 村上祥典

348502
西欧科学は狂っている 19/08/14 PM09
遺伝子操作ベビーに「ノー」、WHOの声明が意味すること やおよろず

348493
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 19/08/14 PM01
加速するアメリカ離れ〜既存のシステムを変えるための動き 中村英起

348490
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 19/08/14 PM00
日本人の無知と隷属首相に付け込む米国はばかさ加減の極み 匿名希望

348489
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 19/08/14 AM10
「羽田新ルート」に関する日米合同委員会合意の公表が不可欠だ 井上誠

348472
新しい共認勢力 19/08/13 PM09
国益と国民と世界中の虐げられた人々を守るために立ち上がったロシア 村上祥典

348469
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 19/08/13 PM08
日本の食糧自給を破壊する米軍特殊工作部隊A 新聞会

348468
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 19/08/13 PM07
日本の食糧自給を破壊する米軍特殊工作部隊@ 新聞会

348453
経済破局は来るのか? 19/08/12 PM11
ドルの終焉に備えるJPモルガンと最強!ロシアの暗号通貨〜その2 惻隠之心
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp