検索頁へ
 
件 (1/125頁) 総数2499件
  前史  

316525
新資源・新エネルギーの開発は? 16/06/20 AM01
燃料なしで宇宙船を半永久的に航行させる常識破りの推進装置「EMドライブ」と、謎だった原理を解明する新しい理論とは?(1) 深ヰ紫

316493
宇宙・地球 16/06/19 AM00
地球コアは水素で満たされているという京大理論と、佐野千遥の反論 山澤貴志

316469
本能⇒共認機能⇒観念機能 16/06/18 AM11
もし何の教育も受けなかったらどうなるのか? 二郎板

316454
素人による創造 16/06/17 PM10
アイデアが浮かぶ瞬間、脳では何が起きているのだろうか? 匿名希望

316422
生物学を切開する 16/06/17 AM00
人間より先に「男性が消滅」して繁栄する社会があった : 南アフリカのミツバチがメス「だけ」で繁殖を続けていることが初めて同定される −その@− 高橋謙太

316393
脳回路と駆動物質 16/06/16 PM01
オキシトシンを“自閉症”の治療薬に 長曾我部幸隆

316383
未知なる回路:気・霊感・予知 16/06/16 AM00
生物は意思(意識)された方向に進化する。〜【意識と生命】 岸良造

316287
宇宙・地球 16/06/13 AM00
地球空洞説 佐藤有志

316243
西欧科学は狂っている 16/06/11 PM10
ロシアの先端科学〜未病の段階で病気の可能性を類推することが可能な「細胞ナノスキャン」 斎藤幸雄

316193
西欧科学は狂っている 16/06/10 PM00
近代科学の起点はキリスト教世界の神の存在証明にあった 雲渓

316147
西欧科学は狂っている 16/06/09 AM00
時間・空間は本来どこにも実存するものではない 〜空間編 岸良造

316146
西欧科学は狂っている 16/06/09 AM00
時間・空間は本来どこにも実存するものではない 岸良造

316110
脳回路と駆動物質 16/06/08 AM00
【幸せホルモン】ストレスを消し多幸感を与えてくれる“オキシトシン”を出す方法【神秘の力】 志水満

316076
未知なる回路:気・霊感・予知 16/06/07 AM01
太陽を食べる男 NASAが研究へ す太郎

316036
地震・噴火・気象 16/06/05 PM09
人工地震の基礎知識C〜技術的に3段階:地下爆弾→水爆や原爆→HAARP〜 猛獣王S

316011
素人による創造 16/06/05 AM00
「ぼーっとしてる」時、脳はいつもの「20倍」働いている 匿名希望

315986
地震・噴火・気象 16/06/04 AM11
人工地震の基礎知識@〜人工地震は世界中にその存在を認められてきている〜 猛獣王S

315974
未知なる回路:気・霊感・予知 16/06/03 PM11
遠赤外線領域テラヘルツ波(気とも呼ばれている) 〜生命のエネルギー源 岸良造

315934
いい女って、何? いい男って、何? 16/06/02 PM08
女性だけがもつ能力・・・『女の勘』について 多田奨

315900
西欧科学は狂っている 16/06/01 PM06
あと数年で西洋医療は崩壊するかもしれない 音瀬世那
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp