検索頁へ
 
件 (1/800頁) 総数15991件
  性・婚姻・家族  

351937
恋愛って、何?結婚って、何? 19/12/15 PM08
恋愛は12世紀の「発明」だった 匿名希望

351936
新しい男女関係(→婚姻制)の模索 19/12/15 PM07
本源的恋愛の価値観〜原モグラの影を見る〜 匿名希望

351934
いい女って、何? いい男って、何? 19/12/15 PM05
「生かされている」感覚が男の闘争性を磨く 男と女の職場話

351851
市場は環境を守れない、社会を統合できない 19/12/12 PM07
日本の人口減は構造的な問題 匿名希望

351682
生命原理・自然の摂理 19/12/06 PM09
雄雌(男女)が在るからこそ適応してきた 男と女の職場話

351660
いい女って、何? いい男って、何? 19/12/05 PM10
男性は察することができない。だからこそ、「感情表現が豊かな女性」が男性を幸せにする 藤井智子

351659
恋愛って、何?結婚って、何? 19/12/05 PM10
"夢に出てきた意外な人"に恋をするメカニズム 新直

351568
現代意識潮流を探る 19/12/03 AM00
縮まる性差が言葉を変える 匿名希望

351567
いい女って、何? いい男って、何? 19/12/03 AM00
生命原理を追求することは、性の再生に繋がる☆ 男と女の職場話

351505
密室家庭は人間をダメにする 19/11/30 PM07
虐待のない社会へ。 春野うらら

351474
いい女って、何? いい男って、何? 19/11/29 PM05
女の「強者選択本能」が集団を強くも弱くもする 男と女の職場話
トラック
バック
原始人類の婚姻様式と男女和合充足 19/11/28 AM00
母系(母権)の研究3〜母系を紐帯とする哺乳類の群れ社会 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
原始人類の婚姻様式と男女和合充足 19/11/28 AM00
母系(母権)の研究2〜哺乳類(げっ歯類と有蹄類)の母系社会 共同体社会と人類婚姻史

351373
新しい男女関係(→婚姻制)の模索 19/11/25 PM10
代々木忠(AV監督、映画監督、映画プロデューサー)の追求〜人とつながるのが苦手な人。そこには幼少期の親との関係が関係している〜 木戸康平
トラック
バック
日本人と縄文体質 19/11/24 PM09
人類の男の本来の闘争とは何か?⇒未知追求であり、統合であり、その実現態が長老システム 縄文と古代文明を探求しよう!

351286
いい女って、何? いい男って、何? 19/11/22 PM06
女が集団を強くする 男と女の職場話

351284
いい女って、何? いい男って、何? 19/11/22 PM03
語源を知れば判る、「お母さん」がいるだけで温かく感じられる訳 津田大照

351254
いい女って、何? いい男って、何? 19/11/21 AM09
彼の男としての大きな自信に繋がる!そう思ったら・・・♪ 男と女の職場話

351213
恋愛って、何?結婚って、何? 19/11/19 PM07
私権集団→殖産一帯となった本源集団へ移行するための実現方針が急務 小川泰文

351186
私権社会の婚姻制 19/11/18 PM01
「種の保存」が「個人の自由」に委ねられている人類 宮田一郎
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp