検索頁へ
 
件 (1/275頁) 総数5491件
  戦争と国家の起源:私権原理  
トラック
バック
国家の支配構造と私権原理 20/10/20 AM00
日本を支配しているのは日本人ではない 4 〜 朝鮮血族の閨閥が政・官・財を牛耳る 〜 日本を守るのに右も左もない

361047
試験・身分制度の根深い害 20/10/17 PM05
勉強圧力→順応回路からの脱却は、自分の頭で考えることが突破口 匿名希望
トラック
バック
新しい男女関係(→婚姻制)の模索 20/10/15 AM00
「祭り」と「性」の関係 共同体社会と人類婚姻史

360965
国家の支配構造と私権原理 20/10/14 AM00
伊勢神宮の内宮はキリスト教、外宮はユダヤ教の聖地/式年遷宮は明治以降の作り話 佐藤有志
トラック
バック
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 20/10/14 AM00
火山噴火が「古事記」のアマテラス神話を生み出した。 縄文と古代文明を探求しよう!
トラック
バック
もはや学校は終っている 20/10/13 PM07
学校が無くならないのは何故か 共同体社会と人類婚姻史

360945
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 20/10/13 PM01
日本人が自粛警察になりやすいのは「体育の授業」に原因がある 森浩平
トラック
バック
市場の支配構造(金貸し支配) 20/10/08 AM00
市場論国家論16.奥の院は90年代に共産革命から民族革命へと戦略転換 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
市場は環境を守れない、社会を統合できない 20/10/06 PM05
「お金のため」が働くこと、学ぶことの本質を見誤らせている。 感謝の心を育むには

360738
日本を守るのに、右も左もない 20/10/05 PM05
靖国神社は、田布施出身の政府要人の神社/彼らに利用され殺された日本人の怨霊を招き封印する場 佐藤有志
トラック
バック
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 20/10/05 PM03
日本を支配しているのは日本人ではない 3 〜 朝鮮支配層の意識(目先の権力維持と属国根性)〜 日本を守るのに右も左もない

360699
日本人と縄文体質 20/10/03 PM10
古来、我が国には「国家」という言葉は無かった 望月宏洋

360698
国家の支配構造と私権原理 20/10/03 PM09
人が生み出した「想像の共同体」国民国家の本質 匿名希望

360678
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 20/10/03 AM01
国民総投資社会へ!? 匿名希望
トラック
バック
市場の支配構造(金貸し支配) 20/10/03 AM00
市場論・国家論15.21世紀の世界 日本を守るのに右も左もない

360667
政治:右傾化の潮流 20/10/02 PM09
伊藤詩織さんを評価した米国知識層は、魂を売って総理ポストをゲットした菅氏の貧乏性を鋭く見抜いている:このザマでは日本人全体が軽蔑される
トラック
バック
もはや学校は終っている 20/09/30 PM05
学校に順応するより、落ちこぼれ、落第、不登校の方が可能性を秘めている。 感謝の心を育むには
トラック
バック
戦争の起源 20/09/30 AM09
市場論・国家論6.西欧「契約」社会の精神構造 金貸しは、国家を相手に金を貸す

360568
日本を守るのに、右も左もない 20/09/28 PM09
『古事記』は、古代ユダヤの『旧約聖書』が下敷きになってできている 田中拓帆

360501
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 20/09/25 PM10
行政の縦割りを利用した補助金流用の実例の実態 匿名希望
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動27 実感投稿と現象発掘が会議室の生命
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動33 投稿様式の模索
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
素人の社会活動35 素人こそ創造者(論点の整理)
素人の社会活動36 探求思考と説明思考⇒表出(会議と投稿)のパラダイム転換
素人の社会活動37 表出規範(or思考規範・表現規範)
共認革命6 チンケな運動(要求運動の終焉)
共認革命7 錯誤の根は、古い武力闘争のパラダイムにある
共認革命8 運動信仰を捨てて、共認革命を
共認革命9 強制共認と発信階級の犯罪
共認革命10 新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである
共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
「まず実践」の問題性
市民という言葉の欺瞞
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
頭で理解しただけでは、新理論は使いこなせない
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp