検索頁へ
 
件 (1/3頁) 総数41件
  原始共同体社会  

2851
原始人類の婚姻様式と男女和合充足 01/04/06 AM02
近親相姦の規範について 西知子

4881
原始共同体社会 01/06/02 AM02
エスキモー族に見る性関係 かなくぼたろう

4997
人類の起源と人類の拡散 01/06/06 AM00
ネアンデルタール人は「野蛮」だったか?   人類の生活をどう復元するか 阪本剛

5402
採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ 01/06/19 PM11
人類はなぜ大地を耕しはじめたか? 寒冷期と農業の起源 阪本剛

5609
原始共同体社会 01/06/26 PM05
「交叉婚」の集団性は? 平野令

6039
原始共同体社会 01/07/16 PM07
縄文ネットワーク 三ヶ本万州夫

10382
採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ 01/09/11 PM11
スンダランド海洋航海民の誕生 麦秋

14551
原始共同体社会 01/10/25 PM11
黒曜石、翡翠の広域に渡る存在は、交易ではなく贈与の結果ではないか@ 北村浩司

14552
人類の起源と人類の拡散 01/10/25 PM11
黒曜石、翡翠の広域に渡る存在は、交易ではなく贈与の結果ではないかA 北村浩司

15154
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 01/11/01 PM10
三内丸山の大規模化は同類闘争に備えるためではないか?@ 北村浩司

15859
採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ 01/11/10 AM02
4大文明の多元的・同時発生説 岡本誠

16552
原始人類の婚姻様式と男女和合充足 01/11/19 AM04
原始婚と性習俗 高樋昇

19619
原始人類の婚姻様式と男女和合充足 01/12/28 PM10
「兄妹婚」についての補足 平野令

22832
原始人類の婚姻様式と男女和合充足 02/02/02 AM00
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力 岡本誠

22931
原始共同体社会 02/02/04 AM00
『日本婚姻史』の概略 岡本誠

25324
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 02/03/01 AM11
和島家族論 三ヶ本万州夫

25331
原始共同体社会 02/03/01 PM00
水野家族論 三ヶ本万州夫

28231
原始人類の婚姻様式と男女和合充足 02/04/07 AM10
多くの男に女として認められること 山田裕子

28378
原始共同体社会 02/04/10 AM01
風土、生産様式、婚姻制 岡本誠

28500
原始共同体社会 02/04/12 PM01
ポトラッチの実態 三ヶ本万州夫
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動27 実感投稿と現象発掘が会議室の生命
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動33 投稿様式の模索
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
素人の社会活動35 素人こそ創造者(論点の整理)
素人の社会活動36 探求思考と説明思考⇒表出(会議と投稿)のパラダイム転換
素人の社会活動37 表出規範(or思考規範・表現規範)
共認革命6 チンケな運動(要求運動の終焉)
共認革命7 錯誤の根は、古い武力闘争のパラダイムにある
共認革命8 運動信仰を捨てて、共認革命を
共認革命9 強制共認と発信階級の犯罪
共認革命10 新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである
共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
「まず実践」の問題性
市民という言葉の欺瞞
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
頭で理解しただけでは、新理論は使いこなせない
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp