検索頁へ
 
件 (1/125頁) 総数2495件
  原始共同体社会  

351891
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 19/12/14 AM01
中国地方で出土した縄文後期の赤色顔料、北海道産だった 山澤貴志

351890
原始共同体社会 19/12/14 AM00
黒曜石発見前後で旧石器時代を分けることができる 時田 弘

351742
原始共同体社会 19/12/08 PM09
縄文時代には“社長”も“上司”もいない 匿名希望

351710
採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ 19/12/07 PM09
水田稲作で人口が何故増えるのか 時田 弘

351624
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 19/12/04 PM11
縄文人と現代の日本人の食生活がほぼ同じであることが科学的に判明 : 東京大学の研究所による縄文人の人骨と日本人の毛髪の放射性同位体の分析は驚くほど似ていた 達磨防人
トラック
バック
日本人と縄文体質 19/11/28 PM05
ツタ考3〜森がはぐくんだ“円環の思想”〜 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
原始人類の婚姻様式と男女和合充足 19/11/28 AM00
母系(母権)の研究3〜母系を紐帯とする哺乳類の群れ社会 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
原始人類の婚姻様式と男女和合充足 19/11/28 AM00
母系(母権)の研究2〜哺乳類(げっ歯類と有蹄類)の母系社会 共同体社会と人類婚姻史

351288
原始共同体社会 19/11/22 PM08
おたがいに車座になって大地に座る、そして無言で待つ 竹村誠一

350816
人類の起源と人類の拡散 19/11/04 PM11
人類は氷河期に肉食になった 匿名希望

350784
原始共同体社会 19/11/03 PM11
贈与の成り立ちと、集団(統合)適応について 峯川道明
トラック
バック
私権原理から共認原理への大転換 19/10/28 PM03
歴史からなにを学ぶか 感謝の心を育むには

350576
日本人と縄文体質 19/10/27 PM09
縄文集落内における墓・祭り・親族・地域共同体の変遷A 志葉楽

350575
日本人と縄文体質 19/10/27 PM09
縄文集落内における墓・祭り・親族・地域共同体の変遷@ 志葉楽

350558
日本人と縄文体質 19/10/27 AM01
縄文人は高い計算能力と計測の概念をもちあわせていた!? kanarchy

350557
日本人と縄文体質 19/10/27 AM00
技術立国日本のルーツは縄文時代に 時田 弘

350536
採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ 19/10/26 AM01
農業は温暖期ではなく寒冷期(逆境時)に生まれた 西本圭
トラック
バック
私権原理から共認原理への大転換 19/10/22 PM03
終らない環境破壊〜いまこそ近代思想・科学ではなく、先人の自然観、自然の摂理を学ぶべき。 感謝の心を育むには

350425
原始共同体社会 19/10/21 AM09
黒曜石は縄文時代の基礎を作った 時田 弘

350415
原始共同体社会 19/10/20 PM09
縄文時代の集落形態から見る「生活様式」と「地域共同体」A kanarchy
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp