検索頁へ
 
件 (1/127頁) 総数2531件
  原始共同体社会  
トラック
バック
私権社会の婚姻制 20/04/09 PM09
【世界の各部族の婚姻形態シリーズ】掠奪婚の風習を持つ部族 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
原始人類の婚姻様式と男女和合充足 20/03/31 AM00
性充足(チャネリング)回路を土台として生まれた、宇宙との一体充足=観念原回路 共同体社会と人類婚姻史

355061
もはや学校は終っている 20/03/28 AM02
定住の生産様式の変化が、子どもの遊び→内発意欲→能力にも影響 麻丘東出
トラック
バック
原始人類の婚姻様式と男女和合充足 20/03/26 AM00
【世界の各部族の婚姻形態シリーズ】「勇士婚」の風習を持つ部族 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
原始共同体社会 20/03/25 AM00
原始人類の自然認識〜宇宙・自然との一体充足 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
原始人類の婚姻様式と男女和合充足 20/03/19 AM00
【世界の各部族の婚姻形態シリーズ】ボス集中婚 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
原始人類の婚姻様式と男女和合充足 20/03/12 AM00
母系社会シリーズ〜トロブリアント諸島(ニューギニア)〜 共同体社会と人類婚姻史

354426
採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ 20/03/11 AM02
古代人は実は有害な物質を含んだものを食べていた!? 匿名希望
トラック
バック
人類の起源と人類の拡散 20/03/02 AM00
農耕・牧畜によって現生人類の脳容量が縮小した2 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
人類の起源と人類の拡散 20/03/02 AM00
農耕・牧畜によって現生人類の脳容量が縮小した1 共同体社会と人類婚姻史

353903
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 20/02/20 AM00
農耕以前から私たちは炭水化物をたくさん食べていたー縄文人の食生活と骨の形成ー 穴瀬博一
トラック
バック
私権社会の婚姻制 20/02/20 AM00
母系社会シリーズ〜ミナンカバウ部族〜 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
人類の起源と人類の拡散 20/02/19 AM00
原始人類の道具の進化 30万年前〜1万年前 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
日本人と縄文体質 20/02/16 PM10
海洋シリーズ第4回〜現在知られている編み方の殆どが、7500年前には成立していた(それも漁労から派生) 縄文と古代文明を探求しよう!

353666
健康と食と医 20/02/11 PM09
現在進行形で人類に起こっている「進化」とは? 花田裕実
トラック
バック
原始共同体社会 20/02/11 PM09
母系社会シリーズ〜原始人類集団のリーダーは、精霊信仰⇒祭祀を司る女であった 共同体社会と人類婚姻史

353604
日本人と縄文体質 20/02/09 AM00
黒曜石の加工に日本の技術立国の芽が見える 時田 弘
トラック
バック
原始人類の婚姻様式と男女和合充足 20/02/08 AM00
母系社会シリーズ〜母系社会が平和への鍵になる〜 共同体社会と人類婚姻史

353310
人類の起源と人類の拡散 20/02/01 PM08
石器時代の人々にも、“食べ残し”を容器に保存する習慣があった!? ビッグチキン

353269
採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ 20/01/30 PM10
人類はいつからベジタリアンをやめて肉食となったのか? 新直
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp