検索頁へ
 
件 (1/126頁) 総数2519件
  原始共同体社会  
トラック
バック
人類の起源と人類の拡散 20/02/19 AM00
原始人類の道具の進化 30万年前〜1万年前 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
日本人と縄文体質 20/02/16 PM10
海洋シリーズ第4回〜現在知られている編み方の殆どが、7500年前には成立していた(それも漁労から派生) 縄文と古代文明を探求しよう!

353666
健康と食と医 20/02/11 PM09
現在進行形で人類に起こっている「進化」とは? 花田裕実
トラック
バック
原始共同体社会 20/02/11 PM09
母系社会シリーズ〜原始人類集団のリーダーは、精霊信仰⇒祭祀を司る女であった 共同体社会と人類婚姻史

353604
日本人と縄文体質 20/02/09 AM00
黒曜石の加工に日本の技術立国の芽が見える 時田 弘
トラック
バック
原始人類の婚姻様式と男女和合充足 20/02/08 AM00
母系社会シリーズ〜母系社会が平和への鍵になる〜 共同体社会と人類婚姻史

353310
人類の起源と人類の拡散 20/02/01 PM08
石器時代の人々にも、“食べ残し”を容器に保存する習慣があった!? ビッグチキン

353269
採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ 20/01/30 PM10
人類はいつからベジタリアンをやめて肉食となったのか? 新直
トラック
バック
原始人類の婚姻様式と男女和合充足 20/01/30 PM08
母系社会シリーズ〜カシ族の母系社会〜 共同体社会と人類婚姻史

353118
人類の起源と人類の拡散 20/01/25 AM01
ネアンデルタール人は海に素潜りし、道具になる完璧な貝を探していた 匿名希望

353083
私権原理から共認原理への大転換 20/01/23 PM09
教育からの「不可能視」→赤ん坊に戻って一体の充足を求める☆ 女の職場話

352920
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 20/01/18 AM02
貝が関東の縄文人を救った(縄文時代と日本人) 時田 弘

352818
健康と食と医 20/01/14 PM09
「人間の体は肉を食べるようにできていない」科学者断言 ヴィーガン増加は必然だった!? 吉 四六

352801
日本人と縄文体質 20/01/14 AM10
梅原猛の哲学と縄文思想 時田 弘
トラック
バック
人類の起源と人類の拡散 20/01/12 AM00
人類初の航海はスンダランドから始まった。その渡航手段は「いかだ」だったのではないかと言われている。 縄文と古代文明を探求しよう!

352693
人類の起源と人類の拡散 20/01/10 AM01
イースター島のモアイ像が作られた“真の目的”ついに判明! 定説覆る「単なる岩石ではない…」成分分析で衝撃の報告! 達磨防人

352643
私権社会の婚姻制 20/01/08 AM02
母系社会が土台となって作られた「女の力」☆ 女の職場話

352342
日本人と縄文体質 19/12/30 AM00
自然との共生思想を持ちこんだ人々(アイヌ系と日本人) 時田 弘
トラック
バック
人類の起源と人類の拡散 19/12/30 AM00
【新説提案】現世人類の最古の産業は漁労ではないか? 縄文と古代文明を探求しよう!
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 19/12/29 PM03
土の探求16〜環境保全型農業の三原則 新しい「農」のかたち
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp