検索頁へ
 
件 (1/8頁) 総数141件
  サル・人類史  

324000
採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ 17/02/04 AM00
農耕・牧畜がホモ・サピエンスの魂を細らせ、脳容量を減少させた 村田貞雄

323302
実現論を塗り重ねてゆく 17/01/09 AM00
【書籍紹介】サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 ⇒実現論に近似する書籍が世界的ベストセラーに。 洞口海人
トラック
バック
子育てをどうする? 16/11/01 AM09
子供はなぜ遊ぶ?〜生物の古い記憶をたどっている子供の遊び。 感謝の心を育むには
トラック
バック
子育てをどうする? 16/09/18 PM04
子供は絵を描くのが好き〜言葉とともに発達する感覚の表現と共有 感謝の心を育むには
トラック
バック
子育てをどうする? 16/09/10 PM07
子供が歌と踊りが好きなのはなんで?〜脳に与える意外な効用 感謝の心を育むには

317003
人類の起源と人類の拡散 16/07/04 PM11
【人類の移動】〜 人類は5万年前頃に言語を著しく発達させた!? 麻丘東出

316047
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 16/06/06 AM03
【人類の移動】〜Y染色体遺伝子からみた人類の移動 (※参考資料) 麻丘東出
トラック
バック
人類の起源と人類の拡散 16/05/07 PM06
人類はチンパンジーと分岐したとする定説の根拠2~1980年代以降、分子系統学でチンパンジー起源説に 共同体社会と人類婚姻史

314916
本能⇒共認機能⇒観念機能 16/05/07 AM00
【言語の進化】11.同類闘争以降、人称代名詞が分化した。 縄文男児

314869
本能⇒共認機能⇒観念機能 16/05/06 AM00
【言語の進化】10.更に詳しく伝える必要から文言が長く複雑になり、各語の関係を示す関係詞が生み出された。 縄文男児

314868
本能⇒共認機能⇒観念機能 16/05/06 AM00
【言語の進化】9.より正確に考える必要から文言が2語以上になり、それに伴って語順規則が出来ていった。 縄文男児

314863
人類の起源と人類の拡散 16/05/05 PM10
スンダランドからの移動の原因か?〜クラカタウ火山の大爆発〜 北村浩司

314835
本能⇒共認機能⇒観念機能 16/05/05 AM00
【言語の進化】8.1.5万年前〜1万年前頃の抱合語 縄文男児

314834
本能⇒共認機能⇒観念機能 16/05/05 AM00
【言語の進化】7.観念機能の発達と道具の発達。人類は1.5万年前に洞窟を出てから、一気に言葉の数を増やした。 縄文男児

314801
本能⇒共認機能⇒観念機能 16/05/04 AM00
【言語の進化】6.予測の重要性から、未来への意思や推測であることを区別する意志動詞や予測動詞が生み出され、続いて過去と現在の区別(時制)を明示する動詞の語尾変化が生まれた。 縄文男児

314800
本能⇒共認機能⇒観念機能 16/05/04 AM00
【言語の進化】5.「何?」の内容に応じて、4種類の品詞が生み出された。 縄文男児
トラック
バック
密室家庭は人間をダメにする 16/05/03 PM10
子育ての生物学〜人類は「群れ」で子供を育ててきた 感謝の心を育むには

314764
本能⇒共認機能⇒観念機能 16/05/03 AM00
【言語の進化】4.観念機能が発達するにつれて、追求すべき対象が増えてゆくと共に、より正確に捉えることができる方向に、言葉が進化していった。 縄文男児

314748
人類の起源と人類の拡散 16/05/02 PM08
【人類の移動】〜 遺跡などの整理 麻丘東出
トラック
バック
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 16/05/02 PM03
Y染色体 東アジアに於けるD系統分布の謎を解く 共同体社会と人類婚姻史
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp