検索頁へ
 
件 (1/27頁) 総数536件
  サル・人類史  

337415
心の本体=共認機能の形成過程 18/07/22 AM00
あお向け姿勢が人聞を進化させた 斎藤幸雄

337370
原始共同体社会 18/07/20 AM09
“声”の持つ可能性を極限まで追求していた古代人 男と女の職場話

337215
人類の起源と人類の拡散 18/07/14 AM00
人類の二足歩行への進化の過程 チンパンジーやゴリラと違う? 匿名希望

336824
人類の起源と人類の拡散 18/06/29 AM01
ネアンデルタール人、集団で狩り、獲物に忍び寄りやりで突く 匿名希望

336526
人類の起源と人類の拡散 18/06/17 AM00
生物は子ども時代に可能性をかけてきた 男と女の職場話

336502
人類の起源と人類の拡散 18/06/16 AM00
人類の出アフリカは早かった?アラビア半島で足跡−8.5万年前の足跡から浮かび上がる、新たな人類拡散の歴史− 穴瀬博一

335453
次代の活力源は? 18/05/07 PM01
世界一孤独な国民は日本人 花塚優人

335405
密室家庭は人間をダメにする 18/05/05 PM10
子供の「遊び」は、人類が辿った自然との同化の歴史の振り返り行為そのものだ! 酒井俊弘

334952
サル社会を解明しよう 18/04/19 AM00
チンパンジーが好きな肉は脳? 初期人類も同様か 匿名希望
トラック
バック
原始共同体社会 18/03/25 PM06
踊りと性のエクスタシー〜シャーマン〜観念回路 共同体社会と人類婚姻史

334055
るいネットを応援する 18/03/13 PM07
【メルマガるい802】 日本人の起源 [2018.03.13] るいネット編集部

333673
古代社会 18/02/24 AM01
キリストもローマ人も白人ではなかった? ぴぴ

333555
共同体社会の実現 18/02/18 PM11
キューバ、ブータン国、日本の「高い共認度」を生み出した環境外圧とは?! 酒井俊弘

333536
原始共同体社会 18/02/18 AM00
70万年前頃の人類の足跡と生活 斎藤幸雄

332875
人類の起源と人類の拡散 18/01/21 AM00
■核DNA解析でたどる日本人の源流〜縄文系、弥生系とは別の集団が中間で渡来した可能性あり 荘家為蔵

332630
原始共同体社会 18/01/11 AM00
『世界神話学入門』〜すべては、すべてに繋がっている 太刀川省治

332069
サル社会を解明しよう 17/12/24 AM00
共同養育〜他の霊長類の子育てからの見えてくる、人間の子育ての特徴 斎藤幸雄
トラック
バック
人類の起源と人類の拡散 17/11/06 PM10
草原に適応して人類が誕生したという草原説は、既に撤回されている 共同体社会と人類婚姻史

330510
人類の起源と人類の拡散 17/10/19 AM00
【衝撃】青い目の人間は、たった1人の共通祖先を持っていることが判明! 遺伝子HERC2の突然変異がもたらした神秘 土偶

329566
心の本体=共認機能の形成過程 17/09/13 AM00
人類の進化に伴う脳容量の拡大率とその時に獲得した機能を追いかける 4 猿人は宇宙と一体だった! 酒井俊弘
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp