検索頁へ
 
件 (1/174頁) 総数3477件
  サル・人類史  

348428
人類の起源と人類の拡散 19/08/12 AM01
ヒトにだけ起きる動脈硬化―進化の過程で失われた遺伝子が関与 立川久
トラック
バック
人類の起源と人類の拡散 19/08/09 AM00
覆る人類の起源(2) ホモ・サピエンスはユーラシア大陸で誕生した可能性が高い 共同体社会と人類婚姻史

348302
人類の起源と人類の拡散 19/08/08 AM00
ヨーロッパは「今も昔も移民の大陸」 科学が示す-民族主義者の思い込みを覆したDNA解析- 穴瀬博一

348226
人類の起源と人類の拡散 19/08/05 AM02
数万年前の人類が見ていた「星座」 古代の壁画から発見。彼らは既に高度な天文学を持っていた! 匿名希望
トラック
バック
人類の起源と人類の拡散 19/08/03 PM11
人類は進化ではなく退化する道へ向かっている? 生物史から、自然の摂理を読み解く

348184
サル社会を解明しよう 19/08/03 PM07
「ティーンズの脳の驚異」はヒトだけなのか? 匿名希望
トラック
バック
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 19/08/03 AM01
インカ帝国をつくったのは縄文人の末裔〜このトンでも説に、これだけの証拠が残っている。 縄文と古代文明を探求しよう!
トラック
バック
人類の起源と人類の拡散 19/08/02 AM00
覆る人類の起源(1) 〜現生人類(ホモサピエンス)とネアンデルタール人、デニソワ人は同種〜 共同体社会と人類婚姻史

348100
新しい男女関係(→婚姻制)の模索 19/07/31 PM05
家族制度の行く末をどう考えておくべきか 匿名希望

348037
人類の起源と人類の拡散 19/07/29 AM01
石器時代から青銅器時代へ、DNAが入れ替わったイギリス。混ざりあった縄文日本。 山澤貴志

347917
心の本体=共認機能の形成過程 19/07/25 AM02
チンパンジー研究から考える、「学ぶ」という意味〜良い学び(真似)の対象が少ない〜 わたっきー

347916
人類の起源と人類の拡散 19/07/25 AM01
「アフリカ以外で最古の現生人類発見」に異論百出 穴瀬博一

347883
人類の起源と人類の拡散 19/07/24 AM00
そして、人類は水生生活から陸生生活に戻った 上前二郎

347839
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 19/07/22 PM09
O2染色体は四千二百年前シナ海岸部に暮らした人々が日本列島に来たもの? 匿名希望
トラック
バック
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 19/07/22 PM09
日本の民族の交雑は緩やか、対してイギリスは一気に入れ替わった。その2国の歴史、差異はその後の歴史が示している。 縄文と古代文明を探求しよう!

347804
人類の起源と人類の拡散 19/07/21 PM06
【進化の謎】地球上の生物は多種多様なのに、なぜ人間は一種類だけなのか? 理学博士が驚愕の真実を語った! 匿名希望

347763
人類の起源と人類の拡散 19/07/20 AM01
21万年前に現生人類はユーラシア大陸へ進出していた 稲依小石丸

347762
人類の起源と人類の拡散 19/07/20 AM00
人類は水生環境で進化した 上前二郎

347761
人類の起源と人類の拡散 19/07/20 AM00
人類の先祖は猿。ではその前は…? 長曾我部幸隆
トラック
バック
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 19/07/14 PM11
人類の誕生から日本人の出生を見る〜日本人には3つの旧人の遺伝子が入っている。 縄文と古代文明を探求しよう!
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
外圧適応態
外圧適応と多様化
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
収束と統合とは生きているという状態そのもの
雌雄分化における統合
闘争適応と共生適応の関係A
人類はDNAではなく、共認内容や観念内容を組み換えて適応している
ミラーニューロンと共認機能
改めて自然との共認
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
失語症の回復過程から言葉以前の共認を探る
主体認識と状況認識は一体では無いか
無意識とは本能・共認回路上の意識である
音読する感覚
音読と共認回路
対象への同化について
共認治癒力A
共認適応
ロール・レタリングという手法
脳構造についての視点
脳回路の2段階構造
胃腸から脳へ伝わる情報の方がはるかに多い
書籍紹介『奇跡の脳』B〜右脳マインドの働きとは?〜
書籍紹介『奇跡の脳』C〜左脳マインドの働きとは?〜
ドーパミンの基礎知識(ドーパミンの特異性)
ドーパミンは加速(増幅)物質
思考とドーパミンの分泌
エンドルフィンの不思議
エンドルフィンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その1
セロトニンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その3
「怒りのホルモン!」 ノルアドレナリン
「恐怖のホルモン!」 アドレナリン

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp