検索頁へ
 
件 (1/165頁) 総数3284件
  サル・人類史  

335718
人類の起源と人類の拡散 18/05/17 AM02
人類は、共認力・追求力で生き延びてきた 匿名希望

335717
サル社会を解明しよう 18/05/17 AM01
チンパンジーも脳の右半球に優位に依存して顔を認識することが明らかに−顔知覚様式および脳の左右脳非対称性の進化的基盤の解明に期待− 我妻佑磨

335605
人類の起源と人類の拡散 18/05/13 AM00
新たな「ネアンデルタール人絶滅仮説」〜小脳が小さかったからか 匿名希望

335463
本能⇒共認機能⇒観念機能 18/05/07 PM09
聴覚と脳や生命力にこんな大きな関係が! 加藤俊治

335453
次代の活力源は? 18/05/07 PM01
世界一孤独な国民は日本人 花塚優人

335424
次代の活力源は? 18/05/06 PM07
働くことの意味なんて、上機嫌に働いている人だけしか分からないもの・・・その1  人間だけが労働する 雲渓

335412
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 18/05/06 AM00
酒に弱い日本人が増えるよう「進化」 匿名希望

335405
密室家庭は人間をダメにする 18/05/05 PM10
子供の「遊び」は、人類が辿った自然との同化の歴史の振り返り行為そのものだ! 酒井俊弘

335346
脳回路と伝達物質 18/05/03 PM11
「笑う門には福来る」は本当だった!笑いがもたらす健康と、活力の源のヒミツ 楊数未知

334952
サル社会を解明しよう 18/04/19 AM00
チンパンジーが好きな肉は脳? 初期人類も同様か 匿名希望

334831
人類の起源と人類の拡散 18/04/14 AM02
眉の動きが表情の豊かさを高め人類進化を促進した 稲依小石丸

334753
人類の起源と人類の拡散 18/04/11 AM00
8万5000年前のホモ・サピエンスの指の骨がサウジアラビアで発見される 落地独歩

334752
人類の起源と人類の拡散 18/04/11 AM00
なぜ700万年の間にヒトへと進化できたのか? 匿名希望

334568
人類の起源と人類の拡散 18/04/02 PM10
ネアンデルタール人はホモ・サピエンスと同様に象徴的思考が可能だった 斎藤幸雄
トラック
バック
原始共同体社会 18/03/25 PM06
踊りと性のエクスタシー〜シャーマン〜観念回路 共同体社会と人類婚姻史

334317
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 18/03/24 AM00
日本の野菜は殆ど外国原産〜倭人のほとんどがユーラシア大陸の中央アジア、西アジアから来てる証 志水満

334116
人類の起源と人類の拡散 18/03/16 AM00
ネアンデルタール人は現代人と同じ知性を持っていた 中田燿平

334115
人類の起源と人類の拡散 18/03/16 AM00
中期旧石器時代の壁画は、ネアンデルタール人作成か? 中田燿平

334055
るいネットを応援する 18/03/13 PM07
【メルマガるい802】 日本人の起源 [2018.03.13] るいネット編集部

334006
人類の起源と人類の拡散 18/03/11 PM00
皮膚や粘膜の湿潤を保って傷口を作らないようにすれば、めったに病気はしない。 持国天
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp