検索頁へ
 
件 (1/101頁) 総数2016件
  生物史と自然の摂理  

347681
生物学を切開する 19/07/17 AM00
「学習行動」はRNAを介して子孫に遺伝する:線虫の研究から明らかに 末廣大地
トラック
バック
生物の起源と歴史 19/07/17 AM00
生命と物質の共進化⇒安定化に向う物質と変異に向かう生命のバランス 共同体社会と人類婚姻史

347676
日本人と縄文体質 19/07/16 PM10
「波動」と「気」と「精霊信仰」 佐藤有志

347652
生物の起源と歴史 19/07/15 PM11
細胞膜は、内側に代謝機能を制御する“膜骨格”がある「三重構造」!? 麻丘東出

347635
生物の起源と歴史 19/07/15 PM00
性淘汰理論をうみだしたチャールズ・ダーウィン 長曾我部幸隆

347621
未知なる回路:気・霊感・予知 19/07/14 PM09
螺旋運動は、横から見れば波動、正面から見れば回転である 大森久蔵

347619
生物学を切開する 19/07/14 PM09
螺旋形が生命体の要となる理由 北村浩司

347599
生物学を切開する 19/07/14 AM00
エネルギーは「ケトン体」 匿名希望

347598
生物の起源と歴史 19/07/13 PM11
ソマチッドと珪素の関係 橋口健一

347593
健康と食と医 19/07/13 PM10
土に触れる生活が心身の健康につながる。抗ストレスの妙薬は「土壌」にあった 達磨防人

347574
環境破壊 19/07/13 AM01
[衝撃] 2億5000万年前の地球史上最大の大量絶滅では「まず植物が先に絶滅」し、それから他のすべての絶滅が始まったことが判明。そこから思う「今まさに進行している地球の6度目の大量絶滅事象」B 土偶

347573
生物の起源と歴史 19/07/13 AM00
[衝撃] 2億5000万年前の地球史上最大の大量絶滅では「まず植物が先に絶滅」し、それから他のすべての絶滅が始まったことが判明。そこから思う「今まさに進行している地球の6度目の大量絶滅事象」A 土偶

347572
生物の起源と歴史 19/07/13 AM00
[衝撃] 2億5000万年前の地球史上最大の大量絶滅では「まず植物が先に絶滅」し、それから他のすべての絶滅が始まったことが判明。そこから思う「今まさに進行している地球の6度目の大量絶滅事象」@ 土偶

347490
るいネットを応援する 19/07/10 PM01
【メルマガるい871】 細胞生物学の定説が覆る!? [2019.07.09] るいネット編集部

347484
生物学を切開する 19/07/10 AM01
すべての自然現象は、波動と螺旋性を基礎としている(千島学説)〜その2 橋口健一

347483
生物学を切開する 19/07/10 AM00
すべての自然現象は、波動と螺旋性を基礎としている(千島学説)〜その1 橋口健一
トラック
バック
生物学を切開する 19/07/10 AM00
千島喜久男のバクテリアの自然発生の実験 共同体社会と人類婚姻史

347457
生物の起源と歴史 19/07/09 AM03
代謝機能の進化のために、生命体は「炭素」を主元素とする生物になった 麻丘東出

347453
生物学を切開する 19/07/09 AM00
千島博士の断食論〜減食、断食すると細胞が赤血球に逆戻りする〜 佐藤有志

347452
西欧科学は狂っている 19/07/09 AM00
細菌自然発生説の否定や骨髄造血説は「自然を拷問にかけて白状させる」方法で生み出された 北村浩司
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp