検索頁へ
 
件 (1/68頁) 総数1351件
  科学・宇宙・地球  

333467
宇宙・地球 18/02/14 PM11
地球磁場は反転しない どーんと行こう

333442
地震・噴火・気象 18/02/13 PM10
「地球の磁場が反転しつつあることへの懸念」で世界は結構な騒動の渦中に 廣渕一志

333348
宇宙・地球 18/02/09 PM11
【錬金術】地震の揺れにより「ほぼ瞬時に」金鉱脈形成されることが確認される(オーストラリア研究) 瀬部倫一郎
トラック
バック
近代科学を切開する 18/02/08 AM00
近代(現代)科学はもう旧い!物質世界に傾斜した近代(現代)科学に替わる新たな”ポスト物理(質)主義科学”とは? 地球と気象・地震を考える

333280
新資源・新エネルギーの開発は? 18/02/07 AM00
ロスチャ密かに「常温核融合」開発のスポンサー 池上 武

333228
これからの暮らしはどうなるの? 18/02/04 PM11
12年後に実現する? 量子通信による「安全なインターネット」の可能性 古越拓哉

333207
近代科学を切開する 18/02/04 AM00
「物質は意識から生まれる」「意識は脳活動ではない」世界中の学者が賛同! 人類最大の科学革命をもたらす”ポスト物理主義科学”とは? 紺碧空

333189
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 18/02/03 AM09
インフルエンザは遺伝子操作されて強力になった風邪のこと〜スペイン風邪で5千万人死亡の真相!?(1) 佐藤晴彦

333185
新資源・新エネルギーの開発は? 18/02/03 AM00
100年後まで「太陽光などの新エネルギー」は無関係・・・技術の本質とはなにか? 今井勝行

333184
宇宙・地球 18/02/03 AM00
RE:地球内部から「次々と噴き出してくる熱」は何を意味しているのか どーんと行こう

333063
生物学を切開する 18/01/29 AM00
「安全な遺伝子ドライヴ」で、進化を超高速化する──米国防総省が研究に巨費を投じる理由 古越拓哉

333026
世界各国の状況 18/01/27 PM05
中国のAI軍事革命が今後脅威になる可能性 匿名希望

333025
人工物質の脅威:大気・水・食品 18/01/27 PM03
WiFiやスマホの電磁波が生物に与える影響 匿名希望
トラック
バック
新資源・新エネルギーの開発は? 18/01/27 AM09
世界に安全な水を提供する日本ポリグル梶@〜志が事業と人の輪を拡大していく〜 これからは共同体の時代

332748
近代科学を切開する 18/01/16 AM09
道具的理性批判―物理学の間違いは無意識に繰り込まれている どーんと行こう

332677
生物学を切開する 18/01/13 AM00
6つのコードをもつ「半合成生物」で、自然界に存在しないタンパク質を生み出すことに成功:研究結果 末廣大地

332653
近代科学を切開する 18/01/12 AM00
近代科学の思考欠陥 〜数学とはモノや自然を管理するための道具に過ぎず、数学で自然を捉えることができるというのは、人間の思い上がり〜 紺碧空

332611
密室家庭は人間をダメにする 18/01/10 AM09
「スマホ依存」で米・中高生の「自殺率」が急上昇! アクセスの容易さが原因か? 長曾我部幸隆

332523
近代科学を切開する 18/01/07 AM00
人工知能と人工生命(佐野千遥著)〜序説〜その3 千田祐介
トラック
バック
近代科学を切開する 18/01/07 AM00
現代科学の終焉⇒”素人”の創造が未来を切り拓く 地球と気象・地震を考える
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp