検索頁へ
 
件 (1/325頁) 総数6490件
  科学・宇宙・地球  

353141
宇宙・地球 20/01/26 AM01
ダークエネルギー、実は存在しなかった? 〜海外ではすでに常識の域に達しているのでは〜 紺碧空

353140
生物の起源と歴史 20/01/26 AM00
【科学の本質を探る】生物進化論の未解決問題(その6)化学進化による生命の起源説 阿部正紀 古越拓哉

353139
宇宙・地球 20/01/25 PM11
水の原理追求〜水は電気を通すのか??〜part2 木戸康平

353138
宇宙・地球 20/01/25 PM11
水の原理追求〜水は電気を通すのか??〜part1 木戸康平

353122
環境破壊 20/01/25 AM10
化学物質が子供からIQを奪っている 中田燿平

353104
環境破壊 20/01/24 PM06
マイクロプラスチックはこんなところにも!水稲栽培に使われる「一発肥料」 小川泰文

353096
新資源・新エネルギーの開発は? 20/01/24 AM02
核融合炉開発の現状ー2〜小型トカマク装置で、トカマク放電によるプラズマを見る 匿名希望

353095
新資源・新エネルギーの開発は? 20/01/24 AM01
核融合炉開発の現状ー1〜核融合炉、核融合反応とは何か? 匿名希望

353078
新資源・新エネルギーの開発は? 20/01/23 PM08
小水力発電こそ、日本列島の自然と調和したエネルギー 森羅万象
トラック
バック
宇宙・地球 20/01/22 PM10
地球の循環とは何か?(1/2) 新しい「農」のかたち

353029
宇宙・地球 20/01/21 PM11
オリオン座が崩れる? ベテルギウスに異変 太刀川省治

353017
環境破壊 20/01/21 PM06
人体動植物を含め、4700種類もの化学的に作られたフッ素化合物があらゆる環境に存在!しかもすでに環境中にあるフッ素化合物を完全に除去するのは不可能に近い 匿名希望

353014
環境破壊 20/01/21 PM05
地球全体に広がる「永久に分解されない」フッ素化合物がアメリカで法規制されることに。しかし、これを環境から完全に除外するテクノロジーは未だに存在しない 匿名希望

353013
健康と食と医 20/01/21 PM03
「抗生物質による腸内環境の破壊」により、パーキンソン病を発生させる 紺碧空

353012
西欧科学は狂っている 20/01/21 PM01
【科学技術史1】近代以前の技術は徒弟制の中で経験的に研鑽されてきたものであり、大学は無関係であった。 山澤貴志
トラック
バック
生物学を切開する 20/01/19 PM08
光子は人間のDNAと同居する時に初めて規則性を持つ 生物史から、自然の摂理を読み解く

352958
宇宙・地球 20/01/19 AM01
「反物質」の力でガンマ線レーザーが実現する? 新たな研究モデルから見えてきたこと 末廣大地

352956
宇宙・地球 20/01/19 AM00
量子もつれが相対論を脅かす kanarchy

352858
生命原理・自然の摂理 20/01/15 PM11
原発事故から10年の今、放射線で汚染された福島の無人地帯は、チェルノブイリ同様、「以前より豊かな動物の生態系が広がっている」ことが米国の科学者たちによる調査で判明 匿名希望h

352803
環境破壊 20/01/14 PM01
近代科学に極度に依存した人類の活動を、自然の摂理に即した活動へ転換することが必要な時代 本田真吾
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp