検索頁へ
 
件 (1/352頁) 総数7028件
  科学・宇宙・地球  

361390
西欧科学は狂っている 20/10/30 PM10
致死率30%超、スーパー耐性菌がコロナの陰で流行拡大の恐れ 直永亮明

361375
環境破壊 20/10/30 PM00
「検査で精子が、8匹とか12匹・・・」“男性不妊” の実態と原因 志葉楽

361364
西欧科学は狂っている 20/10/29 PM10
「人に触ること」がタブー視されると何が起こるのか? 小川泰文

361348
西欧科学は狂っている 20/10/29 AM09
【東洋医学と西洋医学の違い】とは? 匿名希望

361306
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/10/27 PM03
2008年の論文にすでに記載されている「新型コロナウイルス」と「次世代の未知ウィルス」。そして次々と撤回され消えていく過去の医学論文と研究者の失踪。 Bannister

361305
世界各国の状況 20/10/27 PM01
韓国のインフルエンザワクチン接種後の死者数が50人に。しかし、「昨年は接種後に1500人以上亡くなっていたので今年が異常なのではない」と保健当局は接種を中止せず 匿名希望
トラック
バック
西欧科学は狂っている 20/10/27 AM09
【実現塾】人工物質による動物のメス化と人類の精子1/4に激減・・・なぜ止められないのか?思考停止の原因構造 生物史から、自然の摂理を読み解く
トラック
バック
西欧科学は狂っている 20/10/26 PM09
生物として、人類は世界帝国を求めていたのでしょうか? 生物史から、自然の摂理を読み解く

361266
西欧科学は狂っている 20/10/25 PM09
Wi-Fiや電磁波が飛び交う生活そのものが、生体を狂わせる 匿名希望

361246
新資源・新エネルギーの開発は? 20/10/24 PM11
「こんな素材を待っていた」...“脱プラ”新ブランドを立ち上げた粘着製品メーカー 二島圭入

361245
西欧科学は狂っている 20/10/24 PM11
5Gは電磁波兵器 佐藤有志

361222
原発 20/10/23 PM11
フクシマ 放射能汚染水の海洋廃棄・・国と東電の動き 酒井俊弘

361221
西欧科学は狂っている 20/10/23 PM11
哺乳瓶授乳で1日当たり100万個以上の微小プラ粒子を乳児が摂取 峯川道明

361220
環境破壊 20/10/23 PM11
二酸化炭素の300倍も温室効果が高い「亜酸化窒素」が地球の未来を危うくしている 光大

361214
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/10/23 PM09
コロナウイルスは汚染された猿の腎細胞内でのみ増殖する 匿名希望

361191
西欧科学は狂っている 20/10/22 PM11
放射能の真実と健康への作用を探る 玉田 聡
トラック
バック
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/10/22 PM05
ワクチンは危険です。さらに、開発手順を省略した短期完成のワクチンなど危なくて使ってはいけません。 金貸しは、国家を相手に金を貸す

361148
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/10/21 PM06
糖尿病、人工透析も意図されたもの・・・人々を欺く抗ガン剤と同じ再発リピートビジネス 森羅万象

361143
西欧科学は狂っている 20/10/21 PM00
デンマークで毛皮用のミンクにコロナウイルス感染が確認され、「250万頭」の殺処分が進行中 匿名希望

361142
西欧科学は狂っている 20/10/21 AM10
コロナワクチンのために、サメ50万匹が殺されるだけではなく、カブトガニも50万匹使用されることを知る。そしてワクチンにはこんなに多種類の「生き物たちの要素」が加えられているA 匿名希望
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp