検索頁へ
 
件 (1/321頁) 総数6406件
  科学・宇宙・地球  

351801
環境破壊 19/12/10 PM08
魚の幼生はマイクロプラスティックを餌と間違える。それを人間が食物連鎖を通じて摂取する:研究結果 古越拓哉

351782
生物の起源と歴史 19/12/10 AM00
200万年続いた「雨の時代」が恐竜の進化の引き金になったかもしれない 土偶

351745
生物学を切開する 19/12/08 PM10
現代医学の基底部にある「骨髄造血説」の根拠は何か・・・? 柏木悠斗
トラック
バック
宇宙・地球 19/12/08 AM10
ジュラ紀の生態系崩壊、原因は地球の極移動 地球と気象・地震を考える

351725
宇宙・地球 19/12/08 AM09
低い山で湧水がでる理由は、負の電磁率の概念がないと説明できない。 佐藤有志

351703
西欧科学は狂っている 19/12/07 PM04
未来が私たち人類を必要としている理由 匿名希望

351695
環境破壊 19/12/07 AM02
5Gはイオンの相乗作用で人間の脳細胞を汚染し挙動変化をもたらします  匿名希望

351690
西欧科学は狂っている 19/12/06 PM11
遺伝子操作されたDNAを放出するな。ゲノム編集規制に向かう世界〜これに抗う米国とそれに追従する日本 匿名希望

351663
地震・噴火・気象 19/12/05 PM11
北半球上空の成層圏で異常な低温が続いている。それはすでにオゾンホールを生み出しており、紫外線の保護層が消えた中で皮膚ガンが多発する時代に? 匿名希望h

351652
健康と食と医 19/12/05 PM07
がん発見「腫瘍マーカー検査」の知られざる真実 真鍋一郎

351650
人工物質の脅威:大気・水・食品 19/12/05 PM06
身の回りの化学物質が子供の健康を脅かす 柴田英明

351538
西欧科学は狂っている 19/12/01 PM10
人工ウイルスがテロ兵器になる日 コキマール
トラック
バック
地震・噴火・気象 19/12/01 PM09
10月の台風19号と9日の東京地震は関連していた! 地球と気象・地震を考える

351528
農村を活性化させる為には? 19/12/01 PM06
集中から分散へ〜「ソーラーシェアリング」が農村都市を変える ぴぴ

351521
生命原理・自然の摂理 19/12/01 AM09
AIは「パラパラ漫画」だが人間は違う 石山 巌

351516
宇宙・地球 19/11/30 PM11
本当なら世紀の大発見!自然界に第5の力が存在する証拠を発見(ハンガリー研究) 匿名希望
トラック
バック
生物学を切開する 19/11/30 AM00
千島学説の進化論 〜生命現象は変化と発展性のある螺旋運動〜 共同体社会と人類婚姻史

351473
市場は環境を守れない、社会を統合できない 19/11/29 PM03
物質的な富は私たち人間の幸福と精神的健全を破壊している 匿名希望

351466
宇宙・地球 19/11/29 AM02
新宇宙理論:宇宙はまるい 望月宏洋

351465
地震・噴火・気象 19/11/29 AM01
【地球論・宇宙論4】地震発生の仕組みは、放電現象による岩石の変形 松重臣
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp