検索頁へ
 
件 (1/324頁) 総数6480件
  科学・宇宙・地球  

353029
宇宙・地球 20/01/21 PM11
オリオン座が崩れる? ベテルギウスに異変 太刀川省治

353017
環境破壊 20/01/21 PM06
人体動植物を含め、4700種類もの化学的に作られたフッ素化合物があらゆる環境に存在!しかもすでに環境中にあるフッ素化合物を完全に除去するのは不可能に近い 匿名希望

353014
環境破壊 20/01/21 PM05
地球全体に広がる「永久に分解されない」フッ素化合物がアメリカで法規制されることに。しかし、これを環境から完全に除外するテクノロジーは未だに存在しない 匿名希望

353013
健康と食と医 20/01/21 PM03
「抗生物質による腸内環境の破壊」により、パーキンソン病を発生させる 紺碧空

353012
西欧科学は狂っている 20/01/21 PM01
【科学技術史1】近代以前の技術は徒弟制の中で経験的に研鑽されてきたものであり、大学は無関係であった。 山澤貴志
トラック
バック
生物学を切開する 20/01/19 PM08
光子は人間のDNAと同居する時に初めて規則性を持つ 生物史から、自然の摂理を読み解く

352958
宇宙・地球 20/01/19 AM01
「反物質」の力でガンマ線レーザーが実現する? 新たな研究モデルから見えてきたこと 末廣大地

352956
宇宙・地球 20/01/19 AM00
量子もつれが相対論を脅かす kanarchy

352858
生命原理・自然の摂理 20/01/15 PM11
原発事故から10年の今、放射線で汚染された福島の無人地帯は、チェルノブイリ同様、「以前より豊かな動物の生態系が広がっている」ことが米国の科学者たちによる調査で判明 匿名希望h

352803
環境破壊 20/01/14 PM01
近代科学に極度に依存した人類の活動を、自然の摂理に即した活動へ転換することが必要な時代 本田真吾

352790
生命原理・自然の摂理 20/01/13 PM10
生命を、量から質への転換=階層的統合過程と共存共栄から捉える千島学説 本田真吾

352789
生命原理・自然の摂理 20/01/13 PM10
生命を、反エントロピー=統合過程という視点から捉える千島学説 本田真吾

352787
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/01/13 PM09
事実を知るとは、身近な事実を知り、それを取り巻く大きな枠との矛盾=不整合感を追求すること 酒井俊弘

352740
宇宙・地球 20/01/11 PM11
シベリアのクレーターは地下からの放電 匿名希望

352739
宇宙・地球 20/01/11 PM10
地磁気反転の謎に迫る 見えてきた内部磁場の動き kanarchy

352738
宇宙・地球 20/01/11 PM10
雷から「反物質」が生成されるメカニズム、ついに解明へ 光大

352737
生物の起源と歴史 20/01/11 PM10
6600万年前、恐竜を絶滅させた小惑星の衝突直後に起きたこと 小川泰文

352726
否定脳(旧観念)からの脱却 20/01/11 PM01
正当化観念を突破するには…観念停止と女の力が必要! 男と女の職場話

352719
宇宙・地球 20/01/11 AM00
「ブラックホールは実在しない」とする電気的宇宙論 中田燿平
トラック
バック
地震・噴火・気象 20/01/11 AM00
太陽活動の変動はどのような影響を及ぼすのかA〜・太陽活動の変動が及ぼす間接的な影響・〜 地球と気象・地震を考える
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp