検索頁へ
 
件 (1/232頁) 総数4637件
  科学・宇宙・地球  

325264
近代科学を切開する 17/03/25 AM00
科学の瓦解 〜実は科学の世界で、実験の再現性は驚くほど低い〜 紺碧空

325245
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/03/24 AM10
岐阜県土岐市での核融合実験始まる。トリチウムは排出されるのか? 多田奨

325221
これからの暮らしはどうなるの? 17/03/23 PM00
自動運転車が、運送会社に取って代わる日 時田 弘

325219
これからの暮らしはどうなるの? 17/03/23 AM10
なぜいま「ロボット倫理学」が必要か〜問題はすでに起きている 真鍋一郎

325191
新資源・新エネルギーの開発は? 17/03/22 AM00
最近、オオマサガスの報道が無いので  2/2 加藤俊治

325189
新資源・新エネルギーの開発は? 17/03/22 AM00
最近、オオマサガスの報道が無いので  1/2 加藤俊治

325185
新資源・新エネルギーの開発は? 17/03/21 PM11
実に年間約80万トン、100年以上! 海外からゴミを大量に輸入し続けるスウェーデン。その驚きの使い道って? 惻隠之心

325171
これからの暮らしはどうなるの? 17/03/21 PM03
Google「DeepMind」の人工知能は赤ん坊のように「触って覚える・判別する」能力を学習したとの発表 落地独歩

325162
宇宙・地球 17/03/21 AM00
地球が「氷の星」にならなかったのは植物のおかげ!? 志葉楽

325107
新資源・新エネルギーの開発は? 17/03/18 PM09
ソフトウッドをハードウッドにする「ケボニー化」 上前二郎

325078
近代科学を切開する 17/03/17 PM03
本能・共認機能のないAI 村田頼哉

325077
現代意識潮流を探る 17/03/17 PM01
人工知能本読みすぎて飽きたけどその中でも記憶に残っている本を紹介するA 匿名希望
トラック
バック
人工物質の脅威:大気・水・食品 17/03/17 AM00
プラスチックが海を終焉へと導く日 〜植物由来のプラスチック「リグノフェノール」の再考の日が近い〜 地球と気象・地震を考える

324972
これからの暮らしはどうなるの? 17/03/13 PM00
我々は人工知能に“本当は”何をさせたいのか?A 川内麻生

324971
これからの暮らしはどうなるの? 17/03/13 AM10
我々は人工知能に“本当は”何をさせたいのか?@ 川内麻生

324943
宇宙・地球 17/03/12 AM00
銀河系を押し返す「謎の宇宙領域」が見つかる:研究結果 本田友人

324923
近代科学を切開する 17/03/11 AM02
ニュートンのプリンキピアの運動の第三法則の再考(速度Vの要素がある作用反作用?) 千田祐介

324920
宇宙・地球 17/03/11 AM00
地球は誕生時から磁場が形成されたことで生命の進化をもたらした 稲依小石丸

324850
近代科学を切開する 17/03/07 PM11
地球の磁場が急激に変化:CERN(欧州原子核研究機構)が原因? 加藤俊治

324804
宇宙・地球 17/03/06 AM00
「地球に似た7つの惑星を発見」――NASAの発表を正しく理解するために大切なこと 本田友人
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp