検索頁へ
 
件 (1/348頁) 総数6953件
  科学・宇宙・地球  

360469
市場の支配構造(金貸し支配) 20/09/24 PM06
悪魔的存在というようなものがあるとした場合、その存在が人間をコントロールする現実的な方法A 匿名希望

360434
環境破壊 20/09/22 PM11
「携帯電話の電磁放射が昆虫の大量死を引き起こしている可能性」をドイツ最大の自然保護団体の研究が示唆 匿名希望

360400
西欧科学は狂っている 20/09/21 PM11
【科学の本質を探る】中世暗黒説の崩壊と科学革命の提起 阿部正紀 古越拓哉

360399
新資源・新エネルギーの開発は? 20/09/21 PM11
台風をエネルギーに変えるマグナス効果を利用した風力発電 山澤貴志
トラック
バック
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/09/20 PM11
一部のポリウレタンマスクには猛毒成分が含まれている。 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 20/09/20 PM03
農業は脳業である11〜水田は稲だけをつくるところではない 新しい「農」のかたち

360347
原発 20/09/20 AM09
日立製作所、英国の原発建設計画から撤退へ 孫市

360310
人類の起源と人類の拡散 20/09/19 AM00
『チンパンジー⇒人類進化論』をちょっと違った視点でアプローチしてみる Bannister

360307
宇宙・地球 20/09/18 PM11
新しい太陽活動周期「サイクル25」が始まったとNASAとNOAAが公式に発表 匿名希望

360295
原発 20/09/18 PM07
<北海道>10年前から”極秘勉強会”「核のごみ」で神恵内村 沙茂

360273
環境破壊 20/09/17 PM11
「もう限界」海洋汚染を起こすプラスチックごみが、不法投棄されかねない状況に 新川啓一

360241
市場は環境を守れない、社会を統合できない 20/09/16 PM11
SDGsも百害あって一利なし。「拡大と成長」が大前提の資本主義からの脱却 どうなる資本主義

360167
西欧科学は狂っている 20/09/14 PM11
【科学の本質を探る】中世暗黒説の誕生と崩壊の端緒 阿部正紀 古越拓哉

360163
健康と食と医 20/09/14 PM10
抗生物質の取りすぎで起こる「人体の異変」を知っていますか? 花くる実
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 20/09/14 PM03
農業は脳業である10〜田んぼに新たな生態系をつくりだす 新しい「農」のかたち

360119
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/09/13 AM02
世界初の核使用である広島・長崎の原爆投下は、実は改ざんではないか。 佐藤有志

360117
宇宙・地球 20/09/13 AM00
生命の電磁波エネルギー受信は、螺旋状の構造水から始まる 本田真吾
トラック
バック
地震・噴火・気象 20/09/13 AM00
太陽からの磁力エネルギーが過去最低水準 地球と気象・地震を考える

360108
西欧科学は狂っている 20/09/12 PM08
教科書の気象学は矛盾だらけ 北村浩司

360107
地震・噴火・気象 20/09/12 PM08
気圧が変化する原理 小川泰文
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp