検索頁へ
 
件 (1/253頁) 総数5048件
  科学・宇宙・地球  

331887
新資源・新エネルギーの開発は? 17/12/16 AM00
二次元物質「グラフェン」が永久機関になる可能性! “夢の新素材”でフリーエネルギー時代突入か 紺碧空

331886
近代科学を切開する 17/12/16 AM00
ファラデーの電気力線 どーんと行こう

331856
宇宙・地球 17/12/14 PM08
ビル・ゲイツも「未来都市」の建設に動き始めた──アリゾナ州の砂漠に20万人都市をつくる巨大プロジェクト 末廣大地

331851
近代科学を切開する 17/12/14 PM06
「日本語の科学が世界を変える」〜著者は科学ジャーナリスト松尾義之 岸良造

331850
これからの暮らしはどうなるの? 17/12/14 PM05
AIによるサイバー攻撃。対策側もAIをもってAIを制す。しかし・・・ 太刀川省治

331819
地震・噴火・気象 17/12/13 AM00
地球上の「超巨大噴火」の発生周期がこれまでの定説より何十倍も短いことが英国ブリストル大学の最新の研究で明らかに。これによって現在は「完全に噴火発生時期の範囲内」に 廣渕一志

331781
宇宙・地球 17/12/10 PM11
人類の目的地は金星 どーんと行こう

331707
近代科学を切開する 17/12/07 PM11
アイザック・ニュートンの動的作用反作用の法則Fv=-Fv(科学を変革する数式) 千田祐介

331665
宇宙・地球 17/12/06 AM01
雷の「核反応」で陽電子が生まれている 立川久
トラック
バック
近代科学を切開する 17/12/04 AM09
真実か詐欺か? 核廃棄物も黄金に変える“元素変換” 地球と気象・地震を考える

331618
宇宙・地球 17/12/04 AM02
惑星の公転は慣性力ではない、複雑な螺旋を描いている どーんと行こう

331595
近代科学を切開する 17/12/03 AM01
地震も含めて、地球上の自然現象は、素粒子や磁気を介して宇宙空間と繋がっている 本田真吾

331571
新資源・新エネルギーの開発は? 17/12/02 AM01
世界を変えたロシアの10大発明 末廣大地

331547
宇宙・地球 17/12/01 AM02
惑星の磁場、岩石惑星とガス惑星は逆向き どーんと行こう

331519
宇宙・地球 17/11/29 PM11
宇宙人の建造物と呼ばれる星・ダイソン球「KIC 8462852A」の真相が明らかに!? 不規則に急減光する星の謎とは? 土偶

331502
新資源・新エネルギーの開発は? 17/11/29 AM10
「ペロブスカイト太陽電池」パナソニックが実用化へ 紺碧空
トラック
バック
生物の起源と歴史 17/11/29 AM02
『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-43 〜微生物の起源−25 生命エネルギーは酸化還元反応〜 新しい「農」のかたち

331471
近代科学を切開する 17/11/28 AM01
ノーベル医学賞を受賞した科学者でも、認識誤認する、という事実。 佐藤有志

331373
新資源・新エネルギーの開発は? 17/11/24 AM01
ペロブスカイト型太陽電池によって原発すべて廃炉 孫市

331348
宇宙・地球 17/11/23 AM00
爆発後に何度もよみがえる「ゾンビ星」が観測される 水沢奈々
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp