検索頁へ
 
件 (1/282頁) 総数5633件
  科学・宇宙・地球  

342597
これからの暮らしはどうなるの? 19/01/18 PM09
2018年は接客業の自動化元年 真鍋一郎

342581
地震・噴火・気象 19/01/18 AM01
地球の磁場をめぐる急激な「ポールシフト的事象」が発生中。北極の磁極が異常なほどの速さでシベリアへ移動していることが科学誌ネイチャーで発表される 廣渕一志

342575
環境破壊 19/01/17 PM10
“きれいな海”と安全なサカナを守れ加速する海洋プラスチックとの闘い 池谷菜奈子

342574
学者とマスコミが人類を破滅に導く 19/01/17 PM10
ピークオイル=石油枯渇説のウソ〜そのA takigawa hayami

342572
学者とマスコミが人類を破滅に導く 19/01/17 PM10
ピークオイル=石油枯渇説のウソ〜その@ takigawa hayami

342542
近代科学を切開する 19/01/16 PM08
未分化の細胞の“変身”を、ミリ秒単位で記録する──米研究者がつくった「4次元電子顕微鏡」の威力 古越拓哉

342526
近代科学を切開する 19/01/15 PM11
ホリスティック(holistic)の重要性 どーんと行こう

342511
新資源・新エネルギーの開発は? 19/01/15 PM06
1分で海水を「飲み水」に変える新技術 カボチャミキ

342506
これからの暮らしはどうなるの? 19/01/15 PM01
これからの社会変化 〜観念領域の革新をどう読むか〜 多田奨

342492
新資源・新エネルギーの開発は? 19/01/14 PM10
栄養価の高い「昆虫食」 匿名希望

342479
世界各国の状況 19/01/14 AM09
中国の宇宙戦略 望月宏洋

342473
新資源・新エネルギーの開発は? 19/01/13 PM11
太陽光発電する「道路」が実現されている 新川啓一
トラック
バック
脳回路と伝達物質 19/01/12 AM00
”意識(波動)”を科学する〜全ての人間は予知能力を持っている〜 地球と気象・地震を考える

342418
環境破壊 19/01/11 PM10
流産の原因は女性にではなく「男性にあった」 : 再発性の流産は「精子のDNAの欠陥」から起きている可能性が高いことが英国の科学者たちの研究で判明 匿名希望h

342395
新資源・新エネルギーの開発は? 19/01/10 PM11
巨大な銃で地球の奥深くに穴を開け地熱を取り出す計画が進行中(アメリカ) 真鍋一郎
トラック
バック
宇宙・地球 19/01/09 AM03
電気的宇宙論のススメ3〜プラズマが生み出す波 地球と気象・地震を考える

342348
環境破壊 19/01/09 AM01
池上彰も触れない、海の水質悪化で「魚たちがセックス狂になる」可能性とは!? 下水に流れ込む抗うつ薬が原因! 土偶
トラック
バック
地震・噴火・気象 19/01/09 AM00
定説・常識に囚われず、宇宙史・地球史・生物史を貫く自然の原理の本質解明にチャレンジしていく 地球と気象・地震を考える

342285
健康と食と医 19/01/06 PM09
人工物か天然物か。見るべき本質は? 穴瀬博一

342225
これからの暮らしはどうなるの? 19/01/04 PM10
AIの登場によって有用者階級と無用者階級に分かれる可能性がある? 匿名希望
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp