検索頁へ
 
件 (1/355頁) 総数7088件
  科学・宇宙・地球  

362084
西欧科学は狂っている 20/11/27 AM10
アメリカで「若年性認知症」がすさまじく急増。2013年からの4年間だけで200%以上も増加。そして思い出す「携帯の放射線が耳周囲の毛根細胞のDNAを破壊する」という研究 -2 Bannister

362083
西欧科学は狂っている 20/11/27 AM09
アメリカで「若年性認知症」がすさまじく急増。2013年からの4年間だけで200%以上も増加。そして思い出す「携帯の放射線が耳周囲の毛根細胞のDNAを破壊する」という研究 -1 Bannister
トラック
バック
西欧科学は狂っている 20/11/26 PM10
共に生きるシリーズ〜(プロローグ)さあ共生の時代へ。大変動の時代こそ、自然や生命の摂理に学ぶ これからは探求の時代

362068
西欧科学は狂っている 20/11/26 PM08
医療の闇の真実D 〜ロックフェラーとロスチャイルド 孫市

362067
西欧科学は狂っている 20/11/26 PM08
医療の闇の真実C 〜医療殺戮 孫市

362066
これからの暮らしはどうなるの? 20/11/26 PM07
医療用AIによる“診断”が加速する? 米国での保険適用決定が意味すること 末廣大地

362064
原発 20/11/26 PM05
原発は地震が来るから危ないのではなく、古いから危ない 新川啓一

362028
西欧科学は狂っている 20/11/24 PM11
国内死亡者数はコロナ禍前よりも減少している 稲依小石丸

362027
西欧科学は狂っている 20/11/24 PM11
判断が早すぎる日本の発達障害医療 和三盆

362026
西欧科学は狂っている 20/11/24 PM11
これまで「ヒト胎児組織」が使われたワクチンの接種は「数億人規模」に。そしてその胎児組織は日常の食品添加物にも使われている可能性が 匿名希望h

362023
西欧科学は狂っている 20/11/24 PM10
地球の人類を「すべて同じ思想のロボットにする」ための具体的な方法 B 匿名希望

362022
市場の支配構造(金貸し支配) 20/11/24 PM10
地球の人類を「すべて同じ思想のロボットにする」ための具体的な方法 A 匿名希望

362021
西欧科学は狂っている 20/11/24 PM10
地球の人類を「すべて同じ思想のロボットにする」ための具体的な方法 @ 匿名希望

361999
宇宙・地球 20/11/23 PM11
脳と宇宙の相似性 山澤貴志

361942
生物学を切開する 20/11/21 PM10
ゲノム編集の落とし穴 〜“セントラルドグマ”が書き直される可能性も〜 立川久

361896
環境破壊 20/11/19 PM11
太陽光発電が森林破壊や遠くの国の武装勢力支援につながる?メガソーラー問題から考える地球環境と平和・私たちの暮らしA 池谷菜奈子

361895
環境破壊 20/11/19 PM11
太陽光発電が森林破壊や遠くの国の武装勢力支援につながる?メガソーラー問題から考える地球環境と平和・私たちの暮らし@ 池谷菜奈子

361872
新資源・新エネルギーの開発は? 20/11/18 PM11
田んぼで発電!「泥の電池」実用化が目前  汚泥の浄化にも効果的 加賀正一

361849
地震・噴火・気象 20/11/17 PM11
1週間ほどの間に世界各地で巨大な火球が連続して爆発 匿名希望

361840
地震・噴火・気象 20/11/17 PM08
気候変動の最大の原因は、原発 匿名希望
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp