検索頁へ
 
件 (1/293頁) 総数5848件
  科学・宇宙・地球  

346212
西欧科学は狂っている 19/05/26 AM02
「脳=コンピューター」という比喩が、脳科学の発展を妨げている 末廣大地
トラック
バック
西欧科学は狂っている 19/05/26 AM00
自然の支配視→分子時計をはじめとする生命機械論 共同体社会と人類婚姻史

346208
環境破壊 19/05/25 PM11
大嘘だらけの「プラスチック製ストロー有害説」 takigawa hayami

346206
環境破壊 19/05/25 PM11
インド洋で数百万本の歯ブラシやストロー見つかる 深刻なプラ汚染 立川久

346182
宇宙・地球 19/05/24 PM11
地球のモデル@ 前田重男

346181
西欧科学は狂っている 19/05/24 PM11
さらばキログラム原器 我妻佑磨

346175
健康と食と医 19/05/24 PM09
培養肉の開発が商品化一歩手前まで来ている 小川泰文

346174
これからの暮らしはどうなるの? 19/05/24 PM09
空港のUSB充電ポートは極めて危険、セキュリティ専門家が警告 takajin

346139
これからの暮らしはどうなるの? 19/05/23 PM07
軍事兵器と同じ周波数の5G。”本当の問題に目を向けさせない”日本のマスコミと医学界 紺碧空

346137
これからの暮らしはどうなるの? 19/05/23 PM05
ネット階級社会 インターネットがつくる新たな階級社会という悪夢 高橋克己

346118
西欧科学は狂っている 19/05/22 PM09
英AIエンジニアの25%が「仕事を辞めたい」と考える理由 孫市

346103
環境破壊 19/05/22 AM02
止まらない精子減少の行方3 彗星

346102
環境破壊 19/05/22 AM01
止まらない精子減少の行方2 彗星

346101
環境破壊 19/05/22 AM00
止まらない精子減少の行方1 彗星

346084
環境破壊 19/05/21 PM06
全米で“反5G運動”が急速拡大中、日本は大丈夫か!? 脳腫瘍協会トップ「今後30年でどんな健康被害がでるか把握不可能」 紺碧空

346067
環境破壊 19/05/20 PM11
マイクロプラスチック問題 人体への影響は? 立川久

346066
環境破壊 19/05/20 PM11
人は毎食、食事と一緒に約100個のマイクロプラスチックを食べている

346063
健康と食と医 19/05/20 PM10
腸内の細菌カタログが完成すれば、「大便が薬になる」日がやってくる 匿名希望

346034
環境破壊 19/05/19 PM09
地球の水は人間の薬により、もはや死につつある 蔵端敏博
トラック
バック
環境破壊 19/05/18 AM00
精子半減をどうする!?@ 〜少子化の元凶は化学物質〜 共同体社会と人類婚姻史
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp