検索頁へ
 
件 (1/172頁) 総数3434件
  意識と脳回路  
トラック
バック
もはや学校は終っている 20/01/25 PM03
子供の不登校に疲れた……子供のケアの前に親自身のケアをする方法 感謝の心を育むには

353093
脳回路と駆動物質 20/01/24 AM00
脳の「意識と物質のミッシングリンク」解明か? 新たな電気信号を発見!(最新研究) 吉 四六

353083
私権原理から共認原理への大転換 20/01/23 PM09
教育からの「不可能視」→赤ん坊に戻って一体の充足を求める☆ 男と女の職場話

353035
人類の起源と人類の拡散 20/01/22 AM02
類人猿は何故言葉が出ないのか? その3 言葉の獲得と二足歩行 孫市

352952
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 20/01/18 PM10
終焉に向かうアメリカ社会 : 各種統計が示す超大国の驚くべき「病んだ数値」A〜日本も同じなのかもしれない。これから「どう生きていくか」を考えていかなければならない世の中であるということ 匿名希望

352935
共認心理学:現代の精神病理 20/01/18 PM05
男の子ママ震撼! あの事件に学ぶ、わが子に言ってはいけない言葉とは? 柴田英明

352898
心の本体=共認機能の形成過程 20/01/17 PM03
赤ちゃんとの交流は、大人と「脳を同期」させる作用があると判明 松山恵実

352896
本能⇒共認機能⇒観念機能 20/01/17 PM01
追求の根っこには充足があるもの♪ 男と女の職場話

352817
るいネットを応援する 20/01/14 PM09
【メルマガるい898】 人類進化史上の脳の違い [2020.01.14] るいネット編集部

352785
密室家庭は人間をダメにする 20/01/13 PM09
子供からの家庭内暴力。親への「怒り」が原因。 ABC豆

352769
人類の起源と人類の拡散 20/01/13 AM02
言語の起源(乳幼児の言語習得と重ね合わせた仮説) 田村正道

352750
人類の起源と人類の拡散 20/01/12 PM01
ヒトの子育ての基本は『共同養育』(それを可能にしたヒト特有の心) 男と女の職場話

352692
人類の起源と人類の拡散 20/01/10 AM00
ネアンデルタール人や現生人類の脳容量の違いはどこにあるか 山本紀克
トラック
バック
脳回路と駆動物質 20/01/09 PM09
なぜヒトは夢を見るのか?/睡眠中は最も「ひらめき」が起こる時間!?【睡眠と夢の脳科学】 生物史から、自然の摂理を読み解く

352610
未知なる回路:気・霊感・予知 20/01/07 AM02
動物たちが持つ信じられないような『第六感』 匿名希望

352488
人類の起源と人類の拡散 20/01/03 PM10
ネアンデルタール人は現代人より小脳の比率が小さい〜それが何を意味するか? 田野健

352487
共認心理学:現代の精神病理 20/01/03 PM10
赤ちゃんは「抱っこ」など肉体的接触を数多くされるほど「DNAが良い方向に変貌する」 玉田 聡

352470
人類の起源と人類の拡散 20/01/03 PM01
「共認機能に、本能機能を収束させる」とはとんでもない発見だ! 酒井俊弘
トラック
バック
次代の活力源は? 20/01/03 PM00
プラス視が仲間づくり・組織づくりの原点 これからは探求の時代

352464
日本人と縄文体質 20/01/03 AM02
日本語の色の言葉は4色しかなかった?⇒色から読み取る現代の認識の基盤〜Part2〜 木戸康平
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp