検索頁へ
 
件 (1/136頁) 総数2701件
  意識と脳回路  

330526
脳回路と伝達物質 17/10/19 PM09
ユダヤ人の音読、暗唱の習慣は最強の頭脳を作るトレーニング  1/2 加藤俊治

330462
いい女って、何? いい男って、何? 17/10/16 PM11
男と女(=人類)の根底を成すもの。本源の性、その世界。 匿名希望

330461
原始共同体社会 17/10/16 PM11
リズムさえも、共同体の生み出したもの 男と女の職場話

330431
これからの暮らしはどうなるの? 17/10/15 PM09
テレビに夢中になる子ども、危うさを感じてしまう「顔」 秋田稔行

330402
密室家庭は人間をダメにする 17/10/14 PM09
就職問題〜正論すぎて心に沁みる相談室 月あかり

330374
共認心理学:現代の精神病理 17/10/13 PM07
スマホにより崩壊する共認社会 二島圭入

330356
新資源・新エネルギーの開発は? 17/10/12 PM11
フリーエネルギー「マグラブ」の真実A 望月宏洋

330355
新資源・新エネルギーの開発は? 17/10/12 PM11
フリーエネルギー「マグラブ」の真実@ 望月宏洋

330280
未知なる回路:気・霊感・予知 17/10/10 AM00
ありがとうと無視 月あかり

330167
心の本体=共認機能の形成過程 17/10/05 PM06
「子供の友達をはかる物差し」5歳までは「平穏、物欲、外見」 がらがらどん♪

330097
共認心理学:現代の精神病理 17/10/02 PM05
人との接触を断たれた人間はどうなる? 真田俊彦

330078
心の本体=共認機能の形成過程 17/10/01 PM09
人間の五感は「オンライン」だけで相手を信頼しないようにできている 匿名希望

330034
脳回路と伝達物質 17/09/29 PM10
脳が一生成長し続けるためには 男と女の職場話

329904
子育てをどうする? 17/09/24 PM09
肌に触れることは、心に触れること 男と女の職場話

329666
学校って、必要なの? 17/09/16 PM07
学校は全く必要ではない 学校教育は社会で必要な力を低下させる 尾崎大翔

329566
心の本体=共認機能の形成過程 17/09/13 AM00
人類の進化に伴う脳容量の拡大率とその時に獲得した機能を追いかける 4 猿人は宇宙と一体だった! 酒井俊弘

329560
日本を守るのに、右も左もない 17/09/12 PM10
禁煙ファシズムから身体のコミュニズムへ 柏木悠斗

329523
本能⇒共認機能⇒観念機能 17/09/11 PM10
「音」から複雑で多様な意味を認識することができなくなってきた。人間の「凡人化」がここでも進んでいる。 二島圭入

329399
共同体社会の実現 17/09/07 PM07
脳の8割が完成"5歳まで"にやるべきこと 高橋謙太

329330
健康と食と医 17/09/05 AM02
「地面に裸足で立つこと」についての驚くべき体と健康への効用 本田真吾
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp