検索頁へ
 
件 (1/186頁) 総数3707件
  意識と脳回路  
トラック
バック
次代の活力源は? 20/11/22 PM05
チームワークとは自分をさらけ出す事 感謝の心を育むには

361923
日本人と縄文体質 20/11/21 AM00
弥生時代以降、日本語の「P音」は「F音」のなかに消滅していった。 麻丘東出

361916
脳回路と駆動物質 20/11/20 PM10
慢性的な睡眠不足によって、脳は「自己破壊」する:研究結果 紀伊谷高那
トラック
バック
脳回路と駆動物質 20/11/20 PM01
成功する男の子の育て方。母は「やりっぱなし」を叱ってはいけない 感謝の心を育むには

361873
脳回路と駆動物質 20/11/19 AM00
左脳の働きが抑えられたら、右脳は天才だった!−1 森羅万象
トラック
バック
心の本体=共認機能の形成過程 20/11/17 PM09
マスク社会の危険性「それは表情を学ぶ機会を失った赤ちゃんたちによる『人の感情を理解しない人々の社会』の出現」 生物史から、自然の摂理を読み解く

361817
共認心理学:現代の精神病理 20/11/16 PM09
◆君たちの自在な思考や行動を妨げる言葉を見抜くシリーズ 1 「みんな○○している」 Bannister

361781
脳回路と駆動物質 20/11/15 AM09
「瞑想」のススメ 大森久蔵
トラック
バック
密室家庭は人間をダメにする 20/11/14 PM03
母親の影響力大!? 女の子の育て方で大切なこと 感謝の心を育むには

361684
宇宙・地球 20/11/11 PM08
私たちは終わることのない完全な永遠の状態の渦中にあるのだから D 『存在の定義』 匿名希望

361610
未知なる回路:気・霊感・予知 20/11/08 PM10
水は、テラヘルツ波の光エネルギーを、細胞が取り込みやすい超高振動音波エネルギーに変える 本田真吾

361606
素人による創造 20/11/08 PM09
本当に優秀な人たちに共通する「見えないものを観る力」の秘密 紀伊谷高那

361581
日本人と縄文体質 20/11/07 PM09
空気を読む日本人と日本語 大森久蔵

361563
本能⇒共認機能⇒観念機能 20/11/07 AM00
共認機能と観念機能の断層 岡田淳三郎

361562
次代の活力源は? 20/11/07 AM00
本能・共認機能を解放すれば、志が芽生え、可能性に収束する 岡田淳三郎
トラック
バック
子育てをどうする? 20/11/06 PM03
「男の子にイラつく親」が知らない才能の本質 感謝の心を育むには

361528
本能⇒共認機能⇒観念機能 20/11/05 PM09
霊長類の「色彩感覚」は共認機能と共に再構築された本能機能である Bannister
トラック
バック
いい女って、何? いい男って、何? 20/11/04 PM09
私たちは性行為の方法とイメージの両方を塗り替える必要がある(2) 共同体社会と人類婚姻史

361458
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/11/02 PM03
都合よく使ってきた「自立」で行き詰る子育て〜「自立」って何? 女の職場話
トラック
バック
試験・身分制度の根深い害 20/11/01 PM09
学校の勉強と社会に出てからの勉強は何が違う? 感謝の心を育むには
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp