検索頁へ
 
件 (1/801頁) 総数16009件
  意識と脳回路  

346213
脳回路と駆動物質 19/05/26 AM02
脳が疲れている…どうしたら脳が活性化するのか 匿名希望

346212
西欧科学は狂っている 19/05/26 AM02
「脳=コンピューター」という比喩が、脳科学の発展を妨げている 末廣大地

346211
脳回路と駆動物質 19/05/26 AM01
脳は「楽(らく)」ではなく「快」を求めている 村田頼哉

346210
脳回路と駆動物質 19/05/26 AM00
脳の回路はどう作られる?〜外界情報刺激が脳回路を創る 岸良造

346192
脳回路と駆動物質 19/05/25 PM01
パソコンを使うほど漢字は忘れ字は汚くなる、映像に慣れ親しむほど物事の骨格や本質が見抜けなくなる。 持国天

346186
未知なる回路:気・霊感・予知 19/05/25 AM02
心を動かす"音"の秘密 木戸康平

346152
社員の活力を引き上げるには? 19/05/23 PM11
「本質的には」が口癖の人は思考力が高い 森浩平

346135
素人による創造 19/05/23 PM01
僕らは「何をつくるか決めてから、手を動かすこと」にあまりに慣れ過ぎている 吉 四六

346122
否定脳(旧観念)からの脱却 19/05/22 PM11
問うことはすべて、探し求めること【ハイデガー「存在と時間」を読む】 花田裕実

346121
脳回路と駆動物質 19/05/22 PM10
夢に見たことが、目が覚めている時に脳内で再現される現象「デジャレヴ」とは?その謎を探る 二島圭入

346120
共認心理学:現代の精神病理 19/05/22 PM10
五感と切り離された都会。全ては数値で監理され、生身の人間はノイズ(雑音)扱い。 久里亜

346105
子育てをどうする? 19/05/22 AM10
なぜ、子どもの語彙力は「反復」で伸びるのか? 研究が示したこと 匿名希望

346104
本能⇒共認機能⇒観念機能 19/05/22 AM09
潜在思念が感じ取る、意味の共通感覚から音声言語が生まれる 本田真吾
トラック
バック
脳回路と駆動物質 19/05/21 PM09
視覚優位の日常が「聞く力」を弱らせている 感謝の心を育むには

346076
人類の起源と人類の拡散 19/05/21 AM09
自然への畏敬の念、仲間との深い共認関係のなかで、言語と絵画を通じ認識機能が発達していった 麻丘東出

346073
脳回路と駆動物質 19/05/21 AM02
人類にとって、把握機能の劣化は大問題ではないか。 佐藤賢志

346071
脳回路と駆動物質 19/05/21 AM01
脳は個々ではなく、全体を把握して記憶する 森山みくり

346070
脳回路と駆動物質 19/05/21 AM00
予測は脳回路をフル稼働して創出されるもの。 村田頼哉

346065
脳回路と駆動物質 19/05/20 PM10
脳と腸は密に関連…「腸脳軸」について分かっていること 末廣大地

346064
脳回路と駆動物質 19/05/20 PM10
麻酔をかけても活動する神経細胞!?グリア細胞への注目 廣渕一志
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp