検索頁へ
 
件 (1/880頁) 総数17585件
  意識と脳回路  
トラック
バック
密室家庭は人間をダメにする 21/03/07 PM03
達成感を味わう経験が子供を健やかに成長させる 感謝の心を育むには

365074
日本人と縄文体質 21/03/06 PM01
日本人の脳の働きの特殊性とその発揮による集団独創 匿名希望

365054
密室家庭は人間をダメにする 21/03/05 PM10
「保健室など学校機能の強化を」 自殺予防で有識者ら 匿名希望

365016
脳回路と駆動物質 21/03/04 PM03
脳が記憶するとき(LTPとは何か)(2)〜LTPとは〜 匿名希望h

365008
共認心理学:現代の精神病理 21/03/04 AM02
電子機器にはまった子どもたち ぐみん

364966
西欧科学は狂っている 21/03/02 PM09
人工培養したミニ脳を約1年で乳児の脳に成長させることに成功 Bannister

364957
子育てをどうする? 21/03/02 PM05
体を動かすことで集中力も高まる 大嶋洋一

364956
子育てをどうする? 21/03/02 PM03
母親に必要なのは、常に、ただ、笑顔で在ること 匿名希望
トラック
バック
試験・身分制度の根深い害 21/03/02 PM01
「教育という名の虐待」が蝕む愛着障害という病 感謝の心を育むには
トラック
バック
密室家庭は人間をダメにする 21/02/27 PM03
素直な子供の育て方【真っ直ぐに育ってほしいと願う親御さん向け】 感謝の心を育むには

364871
次代の活力源は? 21/02/27 PM00
自己ではなく世界を肯定してみよう 東大教授「自己啓発本を読んでも自己肯定感が高まらない根本原因」 森浩平

364811
共認心理学:現代の精神病理 21/02/25 PM08
現代女性は昔の女性より月経の回数が増えている 匿名希望

364806
共認心理学:現代の精神病理 21/02/25 PM00
テレビをずっと見ていると、腑抜けになってしまう ぐみん

364805
脳回路と駆動物質 21/02/25 AM10
脳が記憶するとき(LTPとは何か)(1)〜脳の可塑性〜 匿名希望h

364789
本能⇒共認機能⇒観念機能 21/02/24 PM09
人類は「声の力」で仲間とのつながりを深めてきた 稲依小石丸

364764
脳回路と駆動物質 21/02/23 PM06
RNAに「記憶は貯蔵」されている。生きた生物間でのRNA の注入による記憶の移植に成功 A Bannister

364762
脳回路と駆動物質 21/02/23 PM05
RNAに「記憶は貯蔵」されている。生きた生物間でのRNA の注入による記憶の移植に成功 @ Bannister
トラック
バック
西欧科学は狂っている 21/02/23 PM03
脳科学と教育 感謝の心を育むには

364724
脳回路と駆動物質 21/02/22 PM00
手書きメモはPCに勝る 大嶋洋一

364708
共認心理学:現代の精神病理 21/02/21 PM09
心と身体は一体:「不機嫌が続くと免疫も低下」…感情的に暴走する人、しない人の決定的違い 時田 弘
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp