検索頁へ
 
件 (1/146頁) 総数2908件
  否定脳(旧観念)からの脱却  

328927
学校って、必要なの? 17/08/20 AM01
「部分」は教えることが出来ても「全体」は教えようがない 大島健男

328916
素人による創造 17/08/19 PM09
仕事は本来楽しいもの!「楽しいリサイクル」で戦争までなくそうとする岩元美智彦さん 二島圭入
トラック
バック
次代の活力源は? 17/08/18 PM09
世界を変えるビジネスはたった一人の熱から生まれるB〜熱い想いが実現のエネルギーとなる これからは共同体の時代
トラック
バック
近代科学を切開する 17/08/18 AM00
『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-40 〜微生物の起源−22 スミルノフ物理学を理解するには〜 新しい「農」のかたち
トラック
バック
学校って、必要なの? 17/08/17 PM10
試験のための勉強は不要。社会の期待をつかむ、応えるための勉強が必要になってくる。 感謝の心を育むには

328849
次代の活力源は? 17/08/16 PM08
仕事って究極の遊びだ〜苦役の仕事は、遊びの仕事に勝てない 中村英起
トラック
バック
実現論を塗り重ねてゆく 17/08/16 PM03
日本語の科学の可能性 生物史から、自然の摂理を読み解く

328798
素人による創造 17/08/14 PM09
天才アインシュタインが父として息子に語った「学習法」 今野恵祭
トラック
バック
近代科学を切開する 17/08/14 PM09
科学はなぜ停止したのか? 生物史から、自然の摂理を読み解く

328785
否定脳(旧観念)からの脱却 17/08/14 AM09
30年間も"自分探し"を続けた50代の末路「どこかに好きな仕事があるはず」 今井勝行

328730
日本人と縄文体質 17/08/11 PM10
日本人の性質を考えるーなぜ日本人は民主主義よりも資本主義に順応したのかCー どうなる資本主義

328698
思考革命:問題意識発から可能性発へ 17/08/10 PM07
本丸は日常生活における対象への向かい方〜グループ追求にて〜 男と女の職場話
トラック
バック
新しい共認勢力 17/08/09 PM07
実現塾報告・・・【勝てる】という見通しの元に反金貸しの闘いに踏み出した、プーチン・トランプは脱制度・脱常識の可能性 日本を守るのに右も左もない

328648
私権原理から共認原理への大転換 17/08/08 PM01
キリスト教社会に深く刻まれている「労働=苦役」 深ヰ紫
トラック
バック
本能⇒共認機能⇒観念機能 17/08/08 AM02
古典の暗誦〜先人の事実認識への同化が思考力を高める最良の方法。 感謝の心を育むには

328533
素人による創造 17/08/03 PM08
人は、天賦の才を決して私物化してはなりません 男と女の職場話
トラック
バック
密室家庭は人間をダメにする 17/08/03 PM03
社会に出て仕事をしていく上で、凡庸なのはものすごく悲惨なこと 日本を守るのに右も左もない

328504
共同体社会の実現 17/08/02 PM05
「人はそもそも悪だ」ということを受け入れれば、共同体への収束度は上がっていく 二島圭入

328422
素人による創造 17/07/30 AM10
絶対にゆるまないネジ」はいかに生まれたかA 惻隠之心

328412
次代の活力源は? 17/07/29 PM10
【注目の町工場】努力が実を結び、確かな腕が信頼を呼ぶ! マルミツテクノ 雪竹恭一
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp