検索頁へ
 
件 (1/158頁) 総数3146件
  否定脳(旧観念)からの脱却  

346166
私権原理から共認原理への大転換 19/05/24 PM03
人はなぜ働くのか? 北口真穂

346116
もはや学校は終っている 19/05/22 PM09
生徒たちは「大学」ではなく「人」を選ぶようになるのでは 野崎章
トラック
バック
素人による創造 19/05/20 AM00
【理数教育論】九九を覚えていないのに東大トップの脳学者のハナシ 地球と気象・地震を考える

346039
民主主義と市民運動の正体 19/05/19 PM11
「民主主義」聞こえはいいが私たちが向かう所はどこか どうなる資本主義

346004
素人による創造 19/05/18 PM08
MBAの院生の創造性は幼稚園児より低い? 落地独歩

345876
日本人と縄文体質 19/05/14 AM09
世界一想像力があるのに自信がない日本人 大崎

345855
脳回路と駆動物質 19/05/13 PM01
ひらめきの瞬間に脳をスキャンして判明! 創造性を高める7つのポイント 時田 弘

345851
脳回路と駆動物質 19/05/13 AM02
天才たちに共通する「脳の使い方」があった! 真鍋一郎
トラック
バック
次代の活力源は? 19/05/13 AM00
エンジンは自分の中に、その燃料は志 これからは探求の時代

345775
試験・身分制度の根深い害 19/05/10 PM00
アップル流「子どものやる気を最大化する」方法(1/2) 山上勝義

345751
人類の起源と人類の拡散 19/05/09 PM05
人口が減ると日本が豊かになる理屈 匿名希望

345697
素人による創造 19/05/07 PM03
持ち続けるべきは好奇心。「なぜ?」と聞ける人間が優れている訳 紀伊谷高那
トラック
バック
人材・教育 19/05/06 AM00
西洋文明最大の英雄アレクサンダー大王の3つの戦略 これからは探求の時代

345659
事業・仕事 19/05/06 AM00
孫子の兵法〜敵の意表をついて小が大に勝つ 橋口健一

345655
次代の活力源は? 19/05/05 PM10
子供が熱狂する"勉強を教えない塾"の正体 時田 弘

345574
否定脳(旧観念)からの脱却 19/05/02 PM03
なぜ、松下幸之助は「運が悪い」と答えた人間を不採用にしたのか 匿名希望

345549
子育てをどうする? 19/05/01 PM03
もっと知りたいという思いが知的好奇心を育む ぴぴ

345506
共同体社会の実現 19/04/29 PM10
主体性の本質〜みんなと一緒に生きているか〜 男と女の職場話

345446
社員の活力を引き上げるには? 19/04/27 PM08
「短時間グループ追求」のススメ 〜設計編〜 佐藤賢志

345416
素人による創造 19/04/26 PM07
失敗がないのではない、成功するまでやる。京セラ稲盛和夫の哲学 紀伊谷高那
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp