検索頁へ
 
件 (1/163頁) 総数3242件
  否定脳(旧観念)からの脱却  

353012
西欧科学は狂っている 20/01/21 PM01
【科学技術史1】近代以前の技術は徒弟制の中で経験的に研鑽されてきたものであり、大学は無関係であった。 山澤貴志

352923
素人による創造 20/01/18 AM10
伝統産業とひとをつなぐ「能作」の秘密(社員15倍! 見学者300倍! 踊る町工場) 紀伊谷高那

352726
否定脳(旧観念)からの脱却 20/01/11 PM01
正当化観念を突破するには…観念停止と女の力が必要! 男と女の職場話

352582
次代の活力源は? 20/01/06 AM09
プログラミング言語『Blawn』自作し経産大臣賞受賞 開成中学3年・上原直人さんの謙虚すぎる素顔(3) 佐藤晴彦
トラック
バック
次代の活力源は? 20/01/04 PM09
激動の時代を進む組織のポイント これからは探求の時代

352416
西欧科学は狂っている 20/01/01 PM07
西欧近代科学とはじめて向き合った孤高のニュートン学者 志筑忠雄 匿名希望

352359
次代の活力源は? 19/12/30 PM10
伸びる子は「知識の杭」をたくさん打っている 井垣義稀

352259
西欧科学は狂っている 19/12/27 AM01
新しい科学の追求〜人類はまだ天才「南方熊楠」の思想にたどり着けない。現代人が見習うべき唯一無二の思考法 3/3 吉 四六

352236
素人による創造 19/12/26 AM10
アパレル革命を起こした男〜無駄を劇的になくす服づくり〜 新直

352135
社員の活力を引き上げるには? 19/12/22 PM10
読解力が弱い人は「言い換え」がうまくできない 大川剛史

352127
素人による創造 19/12/22 PM05
仕事のパフォーマンスの源泉は、経験の長さ<<<<<<<学習能力 別所彦次郎

352096
日本人と縄文体質 19/12/21 PM00
「主体」絶対の西欧芸術と「客体」を尊重する日本絵画 春野うらら

352040
次代の活力源は? 19/12/19 PM01
最上位の学生たち、いよいよ「大企業離れ」が止まらなくなってきた…! 吉 四六

351927
生物の起源と歴史 19/12/15 AM09
知られざる糖鎖とは?進化の鍵を握るのか コキマール

351904
次代の活力源は? 19/12/14 PM06
成長のチャンスを貰った。感謝をできる人が成功する当然のワケ 紀伊谷高那
トラック
バック
次代の活力源は? 19/12/14 AM00
人類の男の本来の闘争とは何か?⇒「対象の全容を少しでも解明したいという」静かな闘志、それが未知収束 縄文と古代文明を探求しよう!

351868
生物学を切開する 19/12/13 AM02
自然学の提唱2 匿名希望

351697
共認心理学:現代の精神病理 19/12/07 AM10
自己肯定感という「閉じた世界」からの脱出 望月宏洋

351661
日本を守るのに、右も左もない 19/12/05 PM11
日本をよくしたい 意識改革は家庭から 姜ヨセフ

351481
社員の活力を引き上げるには? 19/11/29 PM09
否定語を使うと成功できなくなる脳の仕組み 江崎栗子
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp