検索頁へ
 
件 (1/150頁) 総数2991件
  否定脳(旧観念)からの脱却  

335830
新しい共認勢力 18/05/21 AM00
全ては「教育革命」に通ず 大森久蔵

335787
次代の活力源は? 18/05/19 PM07
「思い込み」は頭で考えていたら永遠に突破できない 男と女の職場話

335647
否定脳(旧観念)からの脱却 18/05/14 PM07
人間嫌いの原因が判明!他人を見下す心理メカニズムから治し方が分かった 匿名希望

335539
素人による創造 18/05/10 PM07
伝説の技術者・横井軍平「私はなぜ任天堂を辞めたか」D 必要なのはみんなの期待に応えること。「付けれるものは全部付けました。あとはお客さんのご自由に」では仕事をしたことにならない。 ハリケーンミキサー

335426
次代の活力源は? 18/05/06 PM08
「老けない人」は大人になっても遊んでいる−遊びと仕事は境界線が曖昧なほうがいい− 穴瀬博一

335345
否定脳(旧観念)からの脱却 18/05/03 PM10
ポジティブ思考がとても危険である理由 Bannister

335320
宇宙・地球 18/05/02 PM11
素朴な『何?何で?』の延長上に、最先端の科学追求がある 佐藤有志
トラック
バック
素人による創造 18/05/02 PM09
子どもはみんな発明家!〜空き缶の分別ゴミ箱発明で特許をとった小学生。 感謝の心を育むには

335214
次代の活力源は? 18/04/29 AM10
働くことの意味 − 人間の基本的欲求である 匿名希望
トラック
バック
私権原理から共認原理への大転換 18/04/25 PM10
日本人の活力最低・・・社会を覆う私権観念、その脱出口。 日本を守るのに右も左もない

335097
思考革命:問題意識発から可能性発へ 18/04/24 PM10
うまくいっていない現実を直視して「生成関係(実現関係)」を発掘する 稲依小石丸

335096
素人による創造 18/04/24 PM09
視覚優位の日常が「聞く力」を弱らせている 美輪真緒

335091
否定脳(旧観念)からの脱却 18/04/24 PM07
努力の努は、奴隷のド 匿名希望

335076
企業を共同体化するには? 18/04/23 PM11
「ワークライフバランス」を追求すればするほど奴隷の思想に嵌っていく 清水昌広

334917
社員の活力を引き上げるには? 18/04/17 PM09
脱・下請け!建設業界で中小企業が生き残るために【副業は人手不足業界を救えるか?】 楊数未知

334769
民主主義と市民運動の正体 18/04/11 PM09
思考停止が生み出す「差別のない平等な社会」という幻想 本田真吾

334684
次代の活力源は? 18/04/07 PM10
モチベーションの誤解と主体性の鍵 斎藤幸雄

334662
素人による創造 18/04/06 PM10
内田樹氏が伝える同化能力とは〜解釈を手控えて、一時的に「宙吊りにできる」能力 田野健

334520
学校って、必要なの? 18/03/31 PM10
高校生が無線通信の新技術を発表 〜実現すれば現行の10倍のスピードに( 電子情報通信学会) 瀬部倫一郎

334473
近代科学を切開する 18/03/30 AM00
近代哲学の狂った観念から生まれた微積分学は当然物理現象を説明できない。 岸良造
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp