検索頁へ
 
件 (1/879頁) 総数17569件
  否定脳(旧観念)からの脱却  

351697
共認心理学:現代の精神病理 19/12/07 AM10
自己肯定感という「閉じた世界」からの脱出 望月宏洋

351696
共認心理学:現代の精神病理 19/12/07 AM09
「できない自分」に安心安住する残念な人の特徴 森浩平

351662
否定脳(旧観念)からの脱却 19/12/05 PM11
「今あるものに感謝する」 ビッグチキン

351661
日本を守るのに、右も左もない 19/12/05 PM11
日本をよくしたい 意識改革は家庭から 姜ヨセフ

351530
素人による創造 19/12/01 PM08
仲間と一体化して追求する 佐藤有志

351481
社員の活力を引き上げるには? 19/11/29 PM09
否定語を使うと成功できなくなる脳の仕組み 江崎栗子

351395
社員の活力を引き上げるには? 19/11/26 PM06
本源人物を見極める Bannister
トラック
バック
日本を守るのに、右も左もない 19/11/24 PM03
「統合」なき「分化」は諸問題の根本解決には至らない〜江戸時代に学ぶ日本の統治機構〜 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 19/11/23 PM09
土の探求11〜サー・アルバート・ハワード 新しい「農」のかたち

351319
脳回路と駆動物質 19/11/23 PM08
人間の脳の信号はゼロイチではない。脳の可能性を知ればシンギュラリティを超えた世界が見えてくる。E 江崎栗子

351258
現代意識潮流を探る 19/11/21 PM03
「あの日本人でさえ怒りを制御できないのなら、世界はもう危機的状況」 佐藤晴彦

351243
共認心理学:現代の精神病理 19/11/20 PM09
「悩みがあるの」と小3の息子に聞いてみた。即答「ない」 三上公平
トラック
バック
もはや学校は終っている 19/11/19 PM09
決断力は追求力 これからは探求の時代
トラック
バック
社員の活力を引き上げるには? 19/11/16 PM03
ラグビー、平尾の残した「闘争」〜潜在思念が生み出す言葉の力 縄文と古代文明を探求しよう!

351110
否定脳(旧観念)からの脱却 19/11/15 PM06
「失敗は成功のもと」を実践するには 稲依小石丸

351031
次代の活力源は? 19/11/12 PM10
ユーグレナ高校生CFO誕生!「持続可能な社会のために研究者支援を」 匿名希望

351027
共認運動をどう実現してゆくか? 19/11/12 PM08
近世の集団のあり方=小人数での創造は普遍的なありようだった 峯川道明

351021
試験・身分制度の根深い害 19/11/12 PM03
本当に自分のものになった言葉を使いたい。 春野うらら
トラック
バック
共認運動をどう実現してゆくか? 19/11/12 PM01
「図解化」の可能性〜現代の社会潮流と次代の追求を、「図解化」する事で明らかにして行く 日本を守るのに右も左もない

350973
素人による創造 19/11/10 PM08
図解化演習は身体性を伴う同化追求⇒現実場面の武器になる 佐藤有志
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp