検索頁へ
 
件 (1/832頁) 総数16626件
  否定脳(旧観念)からの脱却  

330442
一次・二次大戦 17/10/16 AM00
ロックフェラーとフェビアン社会主義⇒金融社会主義による世界統一 匿名希望

330441
近代科学を切開する 17/10/16 AM00
ベーコンの理性主義。科学=人間の思考を自然を理解する為の「機械」と捉えた。 田野健

330440
否定脳(旧観念)からの脱却 17/10/15 PM11
相手の考えや期待に同化するにはどうすれば良いのか? 尾崎大翔

330421
事業・仕事 17/10/15 PM05
イノベーションとは「ありそうでなかったもの」 橋口健一

330395
素人による創造 17/10/14 PM05
12歳で「量子力学の教科書」執筆 日本の未来を支える若き天才 瀬部倫一郎

330216
次代の活力源は? 17/10/07 PM05
ソーシャルイノベーションの原点は、京都人の”得意わざ”にあった! 雪竹恭一

330065
素人による創造 17/10/01 AM01
ハエに青い光で死ぬプロセス 酸化ストレス 高校生が解明  匿名希望

330057
否定脳(旧観念)からの脱却 17/09/30 PM10
来るべき変化に備えるのに最も良い方法は、未来の創造に参加すること 志葉楽

330054
社員の活力を引き上げるには? 17/09/30 PM09
博報堂、イノベーションを誘発する独自プログラム「Future Scenario Mapping」 やおよろず

330053
素人による創造 17/09/30 PM08
ソーシャルイノベーションもグループ追求へ 雪竹恭一

330044
次代の活力源は? 17/09/30 AM10
世界シェア・トップを誇る日本の中小企業にあった「3つの共通点」 A 志水満

330043
次代の活力源は? 17/09/30 AM09
世界シェア・トップを誇る日本の中小企業にあった「3つの共通点」@ 志水満

329970
私権原理から共認原理への大転換 17/09/27 PM00
一般人の知恵を集めた「集合知」はどこまで信頼できるかA〜集合知の精度は多様性と人数に関連 津田大照

329969
私権原理から共認原理への大転換 17/09/27 AM10
一般人の知恵を集めた「集合知」はどこまで信頼できるか@〜専門家が知識を駆使するより、一般人の多数決のほうが正解に近づく 津田大照

329945
素人による創造 17/09/26 PM05
これぞ町工場の底力 廃業の危機を救った「おじいちゃんのノート」とは 雪竹恭一

329941
否定脳(旧観念)からの脱却 17/09/26 PM00
生きる意欲を失った子どもの心に付け込む悪魔の心理ゲーム 楊数未知

329917
新資源・新エネルギーの開発は? 17/09/25 PM01
「核のゴミ」処理問題を解決!?原発に一石投じたベンチャーの正体 中 竜馬

329913
学校って、必要なの? 17/09/25 AM02
「こっそり人の真似をしよう」 大学7年で落第したオヤジが語った、”天才”なにそれ? おいしいの? どーんと行こう

329874
マスコミに支配される社会 17/09/23 PM07
スケープゴーティング現象にいかに向き合うか〜批判的思考、無意識の意識化 根木貴大

329853
学校って、必要なの? 17/09/22 PM10
学校教育の弊害は産業界では常識〜「思考停止状態」じゃ、人生お先真っ暗 匿名希望
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp