検索頁へ
 
件 (1/894頁) 総数17880件
  否定脳(旧観念)からの脱却  
トラック
バック
否定脳(旧観念)からの脱却 20/09/25 AM01
織田信長の築城革命〜なぜ信長は引越を繰り返したのか〜 これからは探求の時代

360412
もはや学校は終っている 20/09/22 PM00
「物事を習得するためには、 段階を踏んで積み上げていく必要がある」って本当? 女の職場話

360405
新しい男女関係(→婚姻制)の模索 20/09/22 AM02
男性性の変貌 2/2 姜ヨセフ

360403
新しい男女関係(→婚姻制)の模索 20/09/22 AM01
男性性の変貌 1/2 姜ヨセフ

360335
否定脳(旧観念)からの脱却 20/09/19 PM09
優れたリーダーが伝えている「3つのなぜ」 直永亮明

360305
心の本体=共認機能の形成過程 20/09/18 PM11
感性を磨く 松山恵実

360195
次代の活力源は? 20/09/15 PM08
東大生が見た「頭が柔らかい人、硬い人」の習慣 「なぞなぞみたい」な東大入試を解く人の頭の中 匿名希望

360133
思考革命:問題意識発から可能性発へ 20/09/13 PM09
仕事がつまらないと思う人は「見方」を知らない 光大
トラック
バック
否定脳(旧観念)からの脱却 20/09/12 PM09
男女の違いを受け入れることで女性も活躍できる これからは探求の時代

360099
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/09/12 AM10
もう「建築家」なんていらない?A 山本紀克

360098
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/09/12 AM09
もう「建築家」なんていらない?@ 山本紀克

360089
素人による創造 20/09/11 PM11
ひとが「ふるえる」のは、自分が長い時間の流れの中において、「いるべきときに、いるべきところにいて、なすべきことをなしている」という実感を得たときである。 Bannister

360073
素人による創造 20/09/11 AM10
アートで育む仮説・問題解決能力 「13歳からのアート思考」 トビーフィッシュ

360006
素人による創造 20/09/08 PM10
世界の名だたる数学者がこぞって日本のチョークを買い求める理由 大阪凡人

360000
否定脳(旧観念)からの脱却 20/09/08 PM07
さとったところで自我は消えない! 我妻佑磨

359968
試験制度と暗記脳 20/09/07 PM07
知性というのは個人においてではなく、集団として発動するものだと私は思っている。知性は「集合的叡智」として働くのでなければ何の意味もない。単独で存立し得るようなものを私は知性と呼ばない。  Bannister

359952
西欧科学は狂っている 20/09/06 PM11
立花隆「文明のベクトルは速度を上げながら破局に向かっている」 森浩平

359913
次代の活力源は? 20/09/05 PM08
組織に依存せよ!チームラボ猪子寿之の人類進化論 わたっきー

359908
企業を共同体化するには? 20/09/05 PM03
社会の根底に性がある、それをみんなで話したい♪ 女の職場話

359880
いい女って、何? いい男って、何? 20/09/04 PM01
何もできない自分だからこそ大きな可能性を秘めているその理由 池谷菜奈子
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp