検索頁へ
 
件 (1/871頁) 総数17406件
  否定脳(旧観念)からの脱却  
トラック
バック
もはや学校は終っている 19/07/16 PM08
「学問は最高の遊びである」 感謝の心を育むには

347589
試験・身分制度の根深い害 19/07/13 PM09
その「ものさし」の基準は何か。部下や子供の評価に必要なもの 伊達政宗

347581
もはや学校は終っている 19/07/13 PM01
わが子を批判する「学校へ行った大人たち」へA 池谷菜奈子

347579
もはや学校は終っている 19/07/13 PM00
わが子を批判する「学校へ行った大人たち」へ@ 池谷菜奈子

347559
もはや学校は終っている 19/07/12 PM08
学歴はなくとも研究業績は博士に匹敵する人たちA〜日本の独学者列伝 太刀川省治

347558
もはや学校は終っている 19/07/12 PM08
学歴はなくとも研究業績は博士に匹敵する人たち@〜学校は学問をする唯一の場ではない 太刀川省治

347557
素人による創造 19/07/12 PM07
「とんでもない難題」を乗り切る人の頭の使い方〜スタンフォード大の「思考力」の鍛え方〜 玉田 聡

347532
地域活動 19/07/11 PM10
日本一の車社会、福井県で鉄道利用者が大幅増加している理由 孫悟空

347531
思考革命:問題意識発から可能性発へ 19/07/11 PM10
行列のできる人気店は、なぜわざわざ「集客」を考えないのか 紀伊谷高那

347461
素人による創造 19/07/09 PM00
AIより頭がよくなる"世界標準の勉強法"〜"空はなぜ青い?"という問いが大事 蟹江西

347437
素人による創造 19/07/08 PM08
盆地京都を庭園都市と見立てる庭園は総合生活空間 高梨俊寛

347431
否定脳(旧観念)からの脱却 19/07/08 PM01
「人間と自然の共生」はファンタジーだった。パラサイト・イブに見る「科学とは何か」問題。 匿名希望

347385
社員の活力を引き上げるには? 19/07/06 PM08
単に言われるがまま、業務を反復しているだけの時間は「経験」ではない 別所彦次郎

347378
もはや学校は終っている 19/07/06 PM03
オラクルが開設したデザインテックハイスクール 匿名希望

347376
新しい共認勢力 19/07/06 PM01
罪悪感を乗り越えて、新しい福祉に挑む / MUKU&ヘラルボニー 匿名希望

347319
古代社会 19/07/04 PM08
人の思想・意識の根源を知る〜プラトンの自然観・ティマイオス〜 花田裕実

347316
市場の支配構造(金貸し支配) 19/07/04 PM07
】■我々はノンフィクション作家故鬼塚英明氏が『遺言』で遺した『全く新しい経済学=共生経済学』を今こそ創り出そう!(No1)その1 惻隠之心
トラック
バック
日本人と縄文体質 19/07/03 PM10
「貝塚」は縄文人のゴミ捨て場ではなかった!縄文の精神に立ち返って既成の事実を見直す事で、新たな事実と可能性が見えてくる。 日本を守るのに右も左もない

347266
もはや学校は終っている 19/07/02 PM08
自分と同じような、不登校に苦しむ人のためになる仕事をしたい 本田真吾

347235
素人による創造 19/07/01 PM05
なぜ意思決定は「感情的」に行うべきなのか 匿名希望
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp