枯葉のように 〔 著作 〕  環境・農業 
茅葺き民家や自然風景がたくさん載っている写真サイト。一見なんの変哲もない田舎の風景の中に、幼き日への郷愁や朽ち行く物への感傷といったものを超えた自然の畏敬さへ感じさせるものになっている。
  投票得点 37 投票者数 17 感想投稿 31件  
 
感想投稿をするには、ログインをしてください。

名もない茅葺の家屋の写真に、自分が生まれた田舎の家を思い出します。今では、無粋なトタンの屋根に変わってしまって…。ありがとうございました。
Posted by 小寺隆之 02/10/15 PM00

写真の色が、とてもきれいに感じられした。特に、花のある風景と、水のある風景が印象に残りました。見る人が「きれい」に感じる写真が撮れるって、すごいと思います。
Posted by 石橋創 02/10/14 PM09

「枯れ葉のように」。タイトルどおり、自然と戯れるのが好きな初老の管理人さんが淡々と美しい風景をカメラを通して切り取って、たのしんでられるのが目に浮かぶ。
写真仲間もたくさん増えて苦労話にも思い出話にもは花が咲いている様子が伝わる。
Posted by 八木繁昭 02/10/14 PM04

写真がとっても素朴で感動してしまいます。特に萱葺き民家の写真が好きです。
「愚人徒然の戯言」は都会に住む私なんかは考えないような、すごく新鮮な感じ方が多々あってすこし寂しくなりました。
Posted by 阿部詩織 02/10/09 PM10

秋の訪れとともに、紅葉の写真がどうしても気になり訪問しました。去年はピークを逃してしまいましたが、このサイトの写真を見ていると、「今年こそ」との思いが新たに湧いてきました。
Posted by 勝間正樹 02/10/08 PM11

技術的なこと、カメラのセッティングなどについて詳しいことは解りませんが(そのようなことを超えて)、どんな思いを込めてシャッターを押したのか、映像として何を残したかったのか、うっすらと伝わってくる写真集に引きずり込まれます。同じ時間・場所で、同じ機材を使っても、切り取られるものは全く違った、管理人さんの人柄・人生観がにじみ出たものと思えてきます。
Posted by 坂本伸一 02/10/08 PM01

茅葺屋根の家のぬくもり、ひと時安らぎの世界へ引き込まれます。美しい写真を見ながら、そこに住む人たちの慎ましい生き方を思う浮かべました。一方で、実際には多くの人々は豊かさを求めて時間に追われあくせくした生活を余儀なくされていることを思い、四季折々の美しい写真を見ながら、改めて足元の現実を見つめ直そうと思いました。明日の世代のために。
Posted by 川田 宏子 02/09/10 PM00

詩情と情感あふれる風景がよっかった。誰でも自然を見ているが、日々とうり過ぎて漠としか思い起こさないものにとっても、この写真構成を眺めていると、筆者の心に染みたであろう1つ1つの光景が凝縮して、見るものに悲しみにも思える感情を与えている。
Posted by 井上光利 02/08/23 PM10

枯葉の様に風の吹きようで足の向くまま、気の向くまま、自然に委ねた生き方っていいですね。サイトの写真どれもみな素晴らしいですね。自然の懐に包まれているようで温かさが伝わってきます。何故、富士山ていつ見てもこんなに感動するんでしょうね。不思議な気がします。
Posted by 日浦雅俊 02/08/03 PM11

いろいろな自然の風景があって心が休まります。中でも花のある風景と水のある風景が好きです。同じような風景でも季節によりその表情はさまざまです。このようなところで生活してみたいです。

Posted by 向芳孝 02/07/23 PM11

01 02 03 04 ( 2 / 4 ページ )
『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp