子育てをどうする?
99920 子育て=人を育てるということ
 
田宮礼子 ( 26 OL ) 05/10/28 PM01 【印刷用へ
子育てについて考えました。

会社内に保育所があればいい。
社会と繋がる共通課題がないと物足りない。
役割を子供にも与えなきゃ。。
相談できる相手が近くにいたらいいなあ。
・・・じゃあ、どういう仕組みを作ったらいいんだろう?

形ばかりに拘ってしまって動かなくなってしまいました。
なんかこれって
>社会統合の問題を考えると、すぐに統合様式=(統合を担う)最先端機能に目が行ってしまうが、既にそこに大きな落とし穴がある。・・・実は、最も重要なのは、その統合様式の大前提をなす、置かれた環境を貫く闘争圧力の把握である。(29835
落とし穴にはまっているなあ、と思いました。

そこで子育てを
「人を育てること」という風に捉えなおしてみました。
すると
「なんだこれはなにも子育てだけじゃないな、今やってる仕事と同じやなー」とすっと入ってきました。

仕事をする上で求められること。例えば、対応の仕方、仕事の段取りの立て方、営業能力・技術を高度化させること・・・などなど色々あるけれども、これは「目の前にいる相手に同化し期待に応えていくこと」やそのために「逃げない、ごまかさない、あきらめない」でいること=圧力を把握し応えていけることがしっかり基盤にあれば、後からいくらでも高度化していけるものではないかと思う。だからまずは、闘争圧力をいかに仲間と共有できるかということを意識する。子育てもそれと同じ。

形ばかりに目を向けて、見えづらくしていた子育て問題。
実は形が問題なのではなくて、すっかり豊かになってしまった現代に、共有できる圧力がなくなってしまったということが最大の問題だったんだということに気が付きました。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_99920

 この記事に対する返信とトラックバック
314931 「構造認識」は不安な母達の道標となる 三上香緒里 16/05/07 PM00
家庭の教育と社員(共同体)の教育って繋がってる?!(1)プロローグ〜子育て=人を育てるということ 「感謝の心を育むには」 10/10/01 PM08
子育てを家庭に任せてはおけない!-5〜@本来どうあるべき?子育って、なに?(2) 「感謝の心を育むには」 10/01/04 PM10
161332 子育ては仲間と共有できるかにかかている 菅原正輝 07/09/15 AM11
116760 子供はまともな所を歩かない 浦野てる代 06/05/28 PM01
100758 同じ共認動物として対象化できて「みんな」の地平に立てる 前上英二 05/11/12 PM10
100520 本気で取り組むということ 姫嶋親子 05/11/07 PM11

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp