否定脳(旧観念)からの脱却
985 現状の経済システムに問題あり
 
阪本剛 HP ( 27 SE ) 01/03/07 AM05 【印刷用へ
そもそも、消費が拡大しない限り、現在の経済システムが成り立たないところに問題があるのではないでしょうか。

 
■■■「ホモ・エコノミクス」というドグマ

 経済学では,「すべての人間は己の利益を最大化するように行動する」という人間像を前提条件として考えています。

 アダム・スミスに始まる近代経済学は、リカードによる数量化、ワルラスの限界革命と一般均衡理論、アロー、ドブリューの高度な数学による均衡理論の完成という歴史をたどって作られた、現在の数理経済学のモデルは、二つの行動原理が前提となっています。

 それは、企業は利潤最大化を、消費者は効用最大化を目的として経済活動を行う、というものです。

 このような人間像を「合理的経済人」(ホモ・エコノミクス)と呼びますが、この純理論モデルは、現実を説明しきれないにも関わらず、モデルの限界が明確でなかったこと、他の行動モデルを扱うことができなかったことを理由に、長い間、存続し続けました。

(現在の経済学では、ゲーム理論など、経済主体への条件付けが考慮されるようになってきています。)

■■■「神の見えざる手」
 
 この行動原理の導入によって、経済学は経済主体の行動を数学的に処理することが可能になり、市場における「神の見えざる手」の正当性を証明することができたのです。

 「神の見えざる手」とは、個人が(社会的公正を考えなくとも)己の欲望に忠実に経済活動(消費と生産)を追求すれば、市場の中で自ずと供給と需要の均衡が達成され、結果として社会的公正と福利が達成するという仮説です。

 経済学、およびここから派生した現代の財政理論、金融理論は、この仮説を軸に、補強と批判を繰り返しながら発展してきました。

 我々が経済を語るにおいても、このホモ・エコノミクスのモデルは、無意識に前提とされています。

 「なぜ、消費は拡大しないのだろう?」という問いを発する意識の裏側には、新古典派の理論モデルの考え方が明らかに反映されているのです。

■■■現状が示す理論の誤謬

 しかし、社会的正義は達成されたでしょうか?

 積み上がる財政赤字、破壊される環境、投機市場による実物経済の蹂躙は、解決できるのでしょうか?

 現状の不況は、この仮定に対する、まさに反証です。

 我々に必要なのは、「ホモ・エコノミクス」を越えた新しい経済原理ではないでしょうか? 
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_985

 この記事に対する返信とトラックバック
259954 お金のない世界は実現可能か?@ 徳永真亜基 11/12/29 AM10
明るい未来のために(11)‥‥人類の脳のOSのバージョンアップとは!? 「明るい未来のためにやらなければいけない、たった一つのこと」 11/12/14 PM00
231616 私が考えている経済について。 名無し 10/05/14 AM08
222895 人々の活力の出る社会システムが求められている 内山竜太郎 09/12/29 AM00
217542 経済学って本当に必要?? 三上恭平 09/10/18 PM06
217478 本当にそうなのかな?と考えること。 三上香緒里 09/10/17 PM10
10月11日大阪駅前交差点露店 「ハイビジョン動画付き」 「ルポルタージュなんで屋 Second Season」 09/10/12 AM10
216637 『信認関係』を重要視していない「経済学」は間違っている。 向芳孝 09/10/07 AM00
216546 アダム・スミスとは 山上勝義 09/10/06 AM00
216024 これまでの経済学が経済破綻の原因 斎藤一浩 09/09/29 AM00
215877 近代以降、経済学は100年ごとに新理論を必要としてきた。 庄恵三 09/09/27 AM00
215858 経済学の原点とは ざしきわらし 09/09/26 PM10
215052 マネー経済学への批判、本山先生による講演、その1.理念を逆転させた経済学 レオンロザ 09/09/15 PM04
188370 金融市場崩壊 マイン 08/10/01 PM04
188224 市場原理主義の失敗から学び、真の豊かさを育む社会へ。 ひまわり 08/09/30 PM11
181169 見えざる手について 伊東 08/07/13 PM10
近代経済社会の理解について 「晴耕雨読」 07/07/31 PM01
『ハゲタカ』から「資本主義システム」について考えてみる? 「にほん民族解放戦線^o^」 07/07/12 PM10
106459 資産価格による欺瞞 匿名希望 06/02/27 PM09
104743 ライブドア堀江社長逮捕に関すること たっぴ 06/01/28 PM10
100577 庶民の経済学への発信 谷光美紀 05/11/09 AM01
99396 あくまで社会の一部でしかない市場 布田貴士 05/10/19 PM11
99344 ゲーム理論の欠陥 庄恵三 05/10/18 PM11
95365 「行動経済学」 庄恵三 05/07/30 PM11
95160 経済も目先ではダメ 谷崎俊文 05/07/26 PM10
94197 「共認経済」における期待と応望 井草貴浩 05/07/09 PM10
93035 経済学が必要とされたのは? 立石裕美 05/06/20 PM07
93000 近代経済学は非現実を対象化⇒机上の空論にしかならない 平野令 05/06/19 PM10
92939 ホモ・エコノミクスに感じる違和感 呉珍之 05/06/18 PM10
『たばこカード』08年より導入 「あ!なんで屋だ!」 05/04/12 PM11
88676 共認パラダイムによる学問の再構築 田中素 05/04/11 PM06

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp