子育てをどうする?
98313 『目先ではダメ』だから少子化は進む一方
 
西知子 ( 30 秘書 ) 05/10/01 PM10 【印刷用へ
少子化が止まらない。政治家やマスコミは経済的理由が一番の要因だと主張し、補助金(税免除含)で解決しようとするけど、頭が悪い(固い)としか思えない。

事実、豊かになればなるほど少子化は進んでいるし、経済的理由で子供を産まないという人は、周りにはいない。
みんなから出てくるのは、子育て不安と役割不安。つまり、精神破壊が進み社会不安が増大する中で子供を育てることの不安、そして子育てをすることで社会と分断されることの不安。

「昔はよかった、子供はみんなで育てるべき」主張も、共同保育的実践例もあるが、それでは答えになっていない。
「みんなで育てる」には「みんなの子」という意識が不可欠。昔、それが可能だったのは、生産も婚姻も「みんな課題」で、出産⇒子育ては、その延長にあったから。
現在のように、生産は個人課題(私権課題)に矮小化され、結婚は個人の自由に基づいて行われている状態では、目先の合同保育しかできない。
だからこそ少子化は止まらない。

結婚よりも政治よりも、自分のことでなく子供のことだからこそ、『目先ではダメ』を女は無意識に強く自覚していると思う。
 
 
  この記事は 77058 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_98313

 この記事に対する返信とトラックバック
【男女関係の行き詰まりと可能性】〜子育て課題<少子化の実態と要因> 「共同体社会と人類婚姻史」 11/11/17 AM02
235813 まずは大人の協力体制 石井望 10/08/07 PM10
208060 本源集団の再生を実現していきたい☆+゜ ぴのこ 09/06/03 PM06
150555 確かに 匿名希望 07/04/29 AM02
145673 まずは些細な充足体験から。 キイロイトリ 07/02/23 PM11
144386 「女性は子供を産む機械」発言について 新山 砂名 07/02/08 AM09
141690 未婚女性が抱く「出産や子育ての不安」はどこからくるか? 猛獣王S 07/01/06 PM05
140972 答えの供給者が増えてはじめて、子供は産める。 谷光美紀 06/12/24 PM05
「安倍政権の政策と実態〜少子化政策〜」 「感謝の心を育むには」 06/10/06 PM11
127770 子育ては、社会を作ることと直結している 小松由布樹 06/08/09 PM05
127760 みんな意識は切実さから生まれる。 丸一浩 06/08/09 PM00
120601 本源的な女性に期待する 浦野てる代 06/06/13 PM06
120333 子育て不安・・・・ わんこ 06/06/12 PM09
120226 子育ての一人(個人)課題はマイナスのカタマリ 西田咲季 06/06/12 PM01
少子化が止まらないのなんで?〜「日本の将来が不安」で、ためらい〜 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 06/05/31 PM03
少子化対策、これで解決するの!? 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 06/05/22 AM09
113679 「みんなの子」という意識を生起させる認識 松川洋久 06/05/14 PM06
103769 少子化が止まらない 福田慎一郎 06/01/08 AM02
出産直後の友人 「いい男・いい女 」 05/12/13 AM11
99783 少子化と小さな政府 上山昇良 05/10/26 AM04
少子化対策 「すーさん’s アイ」 05/10/22 PM10
99065 「みんなで育てる」を供給側からの視点で考える 西村秀彦 05/10/14 AM02
お風呂屋さん再考☆? 「ヒヨッコ百姓日記」 05/10/13 AM00
98933 何故少子化が問題になるのか? 川井孝浩 05/10/11 PM11
98802 「個人の尊重」がもたらした不安 吉岡由香里 05/10/09 AM09
夕方のニュースで… 「なんで屋のんのん電波!!Σ≡Σ≡L(´∀`*L)」 05/10/09 AM02
おふろ屋さん再考☆その教育効果とは(?_?)☆ 「ヒヨッコ百姓日記」 05/10/08 PM05
子育て不安(+_+) 「いつもここから☆」 05/10/08 PM03
98630 BC1世紀末のローマにおける少子化傾向 矢野聡子 05/10/06 PM10
少子化対策も目先ではダメ 「なんで屋―草の根活動―」 05/10/06 PM00
女の充足基盤 「〜恋愛の行方〜」 05/10/06 AM03
現実とズレ続ける政治家や官僚・マスコミの問題意識 「なんでやシート」 05/10/04 AM02

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp