心の本体=共認機能の形成過程
85628 期待封鎖世代が一番実感できない感覚。。。『自分が居ることでみんなも充たされる。』
 
三輪歩未 ( 24 OL ) 05/02/13 PM00 【印刷用へ
最近、期待封鎖していたことに改めて気づくことがあった。

それは、露店仲間5人で、るいネットの投稿について話している時に、悩み相談になった時のこと。
悩みを打ち明けてくれたのは、今まで悩みを人前に出したがらない子だった。
悩みの中身も、何が悩みなのか本人もイマイチ良くわからないところから始まり、みんなでいろいろやり取りしていくと、今まで本人が自覚していなかった(捨象していた)不全や原因までもズルズルと出できた。

そこで、すごく不思議だったのが、その子の不全が明らかになるにつれて(その原因は、中学・高校時代にあったが)、聞いている私たちの中学・高校の頃の不全や充足体験がふと蘇ってくるということ。しかも、それを話したくなる。
そして、それをを話すと、なんか充足感が漂ってその場の雰囲気がよくなっていく。
だからその場にいるのが、なんかとても心地よい。

なんで心地いいんだろう?

自分の不全を話している時、相手(みんな)は自分に同化する。それはお互いが肯定視して共認充足している状態。だから、みんな居てくれてありがたいなぁっていう気持ちにもなるし、さらには、自分がここにいるだけで、みんなの充足に寄与しているんだ、みんなで充たしあいってこういうことなんだって、自分の存在をも肯定視していく。そんなやりとりが実感できたからなんだと思う。

そこで、ハッと気づいたことが。。。

そういえば、今まで、「相手が喜んでくれたら嬉しい。(ここでなら相手の不全がはれて表情が良くなっていくetc)」は実感できていた(つもり?)けど、「自分が居ることでみんなも充たされる。」という実感はなかったかも!
本当は、「充たし合い」って、「相手がいることで充足する」と「相手も自分が居ることで充足する」は一体のはず。だけど、期待封鎖してるがゆえにそれに気づけていなかった。

そういえば、謝罪と感謝のトレーニングでも「みんな居てくれてありがとう。」っていうのはすぐ出来た。だけど、「自分を肯定する」ってことは、頭からスッポリ抜け落ちていた気がする。

自分は期待封鎖してないと思っていたけど、いじめ世代の時代を生きてきたゆえ、期待封鎖の底流は深く刻印されている。

『自分が居ることでみんなも充たされる。』

もしかすると、期待封鎖世代が一番実感できない感覚がこれなのかもしれない。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_85628

 この記事に対する返信とトラックバック
新作X'masカード〜あなたがいるから みんな幸せ♪〜 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 06/12/04 PM04
95606 必要とされている感覚 小暮 勇午 05/08/05 PM09
感謝と謝罪のトレーニングで私たちに足りないもの=自分に感謝 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 05/06/06 PM10
89367 期待⇔依存とわがまま? 内田有紀 05/04/22 PM09
86472 自分を肯定的に捉えてもいい 磯貝朋広 05/02/27 PM11
86416 「期待されたら嬉しい・・・でも期待するのは苦手」なのはなんで? 倉橋利弘 05/02/27 AM00
86289 おもいを表現できないんじゃなくて、しなかっただけ。 河野梨恵 05/02/25 AM00
85888 個人の悩みの背後に“社会”を見た 久保田彰子 05/02/18 AM00
85851 自分への肯定視 広岡絵美 05/02/17 PM05
85776 期待封鎖してるがゆえに気づけなかったこと 芝田琢也 05/02/16 AM10
「自分=みんな」チョコ☆ 「女は太陽♪」 05/02/15 AM02
☆たからもの☆ 「☆たからばこ☆」 05/02/14 PM11

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
外圧適応態
外圧適応と多様化
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
収束と統合とは生きているという状態そのもの
雌雄分化における統合
闘争適応と共生適応の関係A
人類はDNAではなく、共認内容や観念内容を組み換えて適応している
ミラーニューロンと共認機能
改めて自然との共認
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
失語症の回復過程から言葉以前の共認を探る
主体認識と状況認識は一体では無いか
無意識とは本能・共認回路上の意識である
音読する感覚
音読と共認回路
対象への同化について
共認治癒力A
共認適応
ロール・レタリングという手法
脳構造についての視点
脳回路の2段階構造
胃腸から脳へ伝わる情報の方がはるかに多い
書籍紹介『奇跡の脳』B〜右脳マインドの働きとは?〜
書籍紹介『奇跡の脳』C〜左脳マインドの働きとは?〜
ドーパミンの基礎知識(ドーパミンの特異性)
ドーパミンは加速(増幅)物質
思考とドーパミンの分泌
エンドルフィンの不思議
エンドルフィンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その1
セロトニンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その3
「怒りのホルモン!」 ノルアドレナリン
「恐怖のホルモン!」 アドレナリン

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp