採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ
84204 縄文時代中期における加工食品の始まりと交換経済の活性化
 
田野健 HP ( 42 監理 ) 05/01/19 AM00 【印刷用へ
縄文時代の特徴の一つとしてこの掲示板ではこれまで扱ってきませんでしたが縄文中期における関東地方の大集落の散在という現象があります。
三内丸山で部族連合で縄文中期に人口増が認められた東北地方は縄文中期には小山修三氏の遺跡から算出した資料にでは人口46700人(人口密度0.7人/平方キロ)となっています。それに対して同時期、関東地方では95400人(人工密度2.98人/平方キロ)とおおよそ4倍の人口を抱えます。
〜参考投稿15930

この関東地方の急激な人口増の要因は気候の問題やそれに起因する海進、海退に伴なう地形の変化等、さらに食糧事情の好転等複数の要因が考えらるが、単に気候的要因だけではない、何らかの生産様式に関与する変化が起きている事を暗示していると思われる。

>この時代、関東平野では千葉、東京、神奈川といった海浜地帯から直径100m〜200mの大型貝塚が確認されている。貝塚は縄文時代通してこの地域には存在するが、それまでの規模が住居跡と並存する小型なものに対してこの期間に極端に大型化する。
千葉県加曾利貝塚の保存調査によって明らかになったのはこの時代の大型貝塚が明らかにそれまでの貝塚と目的性が異なるという事。
それまでは貝塚は生活の残滓としてのゴミ捨て場であり、大型のそれは祭祀場、あるいは何らかの生産の為の施設であるという点である。
大型貝塚を取り囲むように多くの居住跡が確認され、居住跡は何世代も移行していく中で転々と遺跡が移動していくのに対して貝塚は固定的であり、縄文中期〜後期にかけてのおよそ1000年の間、集落の要として機能してきた事を物語っている。

加曾利貝塚を初めとしてこの時代の貝塚に共通する事がある。
直径2〜3mの大型の焚き火跡が中央にあること、焚き火の周りに煮沸用の土器が多数排出されていること。その周りに貝殻の堆積があり、その中には貝殻が閉じたままのものも確認されている。この事をもって大量の貝を土器で煮て大量の保存食=干貝を生産していたのではないかと推察されている。干貝の生産は塩の代わりとして機能していた。すなわち、大量に採取した貝類をいったん土器で煮て海水に含まれたバクテリアを殺し、たんぱく質を凝固させ水分を抜き、口の開いた殻から身だけを取り出して天日に干して「干貝」として加工する。その干貝こそ当時の貴重な保存食料として珍重されていたのである。その干貝は1年中とれる沿岸地域の集落において、ただ単に冬の食料対策として機能するためだけにあったとは考えられない。

大型貝塚は後期末から晩期初頭にかけて姿を消した。そして同じ時期、茨城霞ヶ浦沿岸で土器による製塩がなされていることが確認されている。塩はさまざまな食料の保存剤として重宝されたのは容易に想像できる。
(以上 森 浩一著「縄文・弥生の生活」より抜粋)

干貝の生産と塩の発明、森氏が提示したように単に食糧事情が好転したという事だけではなく、加工食品としての商品として交換価値を作り出したという事ではないかと思われる。関東の縄文遺跡ではこの地域では確保できない土器の土や石材らが確認されている。縄文ネットワークとしての交換経済の活性化は三内丸山に限らずこの時代、同時的に起きていたと思われる。そしてそれらが、狩猟採取という森林地帯から海浜地帯へ居住域を拡大できた最大要因の一つではないだろうか?
また、この事は同時に縄文採取生産が自己完結の地域密着型ではなく、中期あたりから交換経済を基本にした豊かなネットワークを構築していた事を伺わせる。そこでは同類圧力発の贈与関係から一歩出た縄文時代の有り方も提起できるのではないだろうか?

 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_84204

 この記事に対する返信とトラックバック
日本の長寿の源流は、縄文人にある?! 「縄文と古代文明を探求しよう!」 08/03/06 PM09
縄文:東西−堅果類食料の違い〜生活様式の違い 「縄文と古代文明を探求しよう!」 07/02/09 PM08
105794 縄文時代の像の変遷について 匿名希望 06/02/16 PM01
86430 日々、充実した生活 石橋創 05/02/27 AM02

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp