恋愛って、何?結婚って、何?
83845 「旧観念支配」が性の充足を破壊していった
 
阪本剛 HP ( 31 SE ) 05/01/10 PM06 【印刷用へ
> 旧観念を全的に否定し新たな認識を形成してゆくことが、男女の豊かな関係を再生する第一歩である、といってもいいのではないでしょうか。(40120

 話題になっている新書「オニババ化する女たち」(光文社新書)を読みました。タイトルはなかなか過激ですが、大変興味深い内容だったので、紹介します。 

■更年期は「喜び」
 あるブラジル人の女性人類学者が、インディオの出産を学ぶために、アマゾンでフィールド調査をしました。その調査で発見したことに、その女性人類学者は大変驚いたそうです。

 そのインディオの村では、女性は閉経すると、とても喜ぶのだそうです。
 なぜか?
 その理由は、妊娠する心配がなくなったから、子どもを気にせずにセックスを楽しめるようになるから。
 実際、この村では、閉経後に、セックスがますます活発になっているのだとか。

 現代社会では、閉経を向かえた女性は、もう女ではなくなった、というような偏見があります。また、更年期というのは、体の調子が崩れる、まさに「悪いもの」という見方が一般的です。実際、マスコミでは、このような意見、論調が垂れ流されつづけています。

 しかし、インディオ社会のように、更年期自体が肯定視されていて、セックスが閉経後も盛んに行われているならば、おそらく女性ホルモンの力によって、女性の肉体は年を経ても活性化していくでしょう。
 また、なにより性の充足を存分に味わえる期間として、更年期を迎えるのが楽しみになるのは、不思議なことではないと思います。

■月経は女性が「生まれ変わる」こと
 北部アメリカのアメリカインディアンたちは、女性が初潮を迎えると、お祝いと同時に、こう伝えるのだそうです。
>「ああ、これであなたも毎月生まれ変わるチャンスができた、女はいつでも変わることができる、毎月、月経を通じて生まれなおしができるのだよ」
 誰でも、日々、生きていく中で、つらいことがある。しかし、女性は、毎月、月経が来るたびにすべて流してしまえる、生まれ変わることができる、という発想なのです。 

 現代社会でも、例えば日本では初潮にはお赤飯を炊いて、一応お祝いらしきことはするでしょう。
 そのとき、本人や母親の心の中には、何か面倒なものがはじまった、という否定視の意識がよぎることが多いのではないでしょうか。

 現在の学校教育の現場では、ジェンダーフリー教育の結果、男女の役割分担が否定され、生理などに関する性教育も男女同時に行われることが多いのです。初潮は男女平等主義から見れば厄介なものでしかないでしょう。

 初潮は子どもを産むことが可能になったことのサインです。
 出産という、もっとも重要な能力の始まりに対して、プラスで見れるのか、マイナスで見れるのか、ということは非常に大きな影響を、女性の心理にあたえるのではないでしょうか?

■出産の至高体験
 先進国では病院で出産することが当たり前になっています。が、日本にはまだ、助産婦さんが出産をケアする、助産所が(全国に約300箇所)存在します。

 その助産所に残されている、出産を終えた妊婦たちによる手記を読むと、共通点があります。
 それは至高体験です。
>「宇宙との一体感を感じた」
>「自分の境界線がないようだった」
>「大きな力が働いていてそれに動かされているようにゆだねていた」
 といった肯定感、幸福感を経験しているのです。

 上記のような出産がいかにすばらしい体験だったか、を伝える機会はあまりに少ないと思います。わざと隠されているのでは?と勘ぐりたくなるくらいです。
 
 今の女性に、出産についての持つイメージを聞くと、「痛い」「苦しい」「つらい」といった反応が返ってくることが多いと思います。
 実際、テレビのドラマや、学校の保健の授業で見せるビデオには、そうした「痛い」「苦しい」お産のシーンばかりが流れています。しかし、「痛い」「苦しい」と思わされてきたから、本当に「痛い」「苦しい」ものになった、とは言えないでしょうか?

 更年期、初潮、出産に関する事例を紹介しましたが、マスコミ、学者・学校が、こぞって誤った事実認識=旧観念を撒き散らしつづけている例は他にも数多くあるように思います。
 このことによって、性への肯定的な意識も、充足も破壊されてきたのではないでしょうか。

資料:
「オニババ化する女たち」(光文社新書)
 
 
  この記事は 40120 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_83845

 この記事に対する返信とトラックバック
「オニババ化」しないために 「共同体社会と人類婚姻史」 18/08/04 AM09
111674 『オニババ化する女たち』 高菜ごはん 06/05/05 PM09
108536 性にも評価指標が必要 門奈津子 06/04/04 PM11

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp