恋愛って、何?結婚って、何?
80096 社会とつながる『性』の再生
 
本田真吾 HP ( 48 建築家 ) 04/10/30 PM10 【印刷用へ
なんで屋劇場で『異性を求める力が弱くなってきたのは、何で?』を聞いた。大きな認識転換となったのは、性に係わる生物の適応システムは、それだけで完結して機能するのではないということ。

つまり、他のさまざまな本能機能を連続的に生起させ、全体システムの効果として、種の存続を実現するということだった。そして、人間の場合は、本能だけではなく共認・観念領域の規範も含まれるということである。

これは、性の活力の再生を考えることは、連動するその他の機能(共同体の再生・縄張り確保・子育て等)を含めた実現見通しが必要ということであり、性だけ取り出して考えても、答えはないと言うことになる。

しかしそう考えると、それまで農村共同体とその中の規範によって、子育てもある程度できていた戦前から戦後50年代くらいまでと、一気に都市人口比率(共同体のない社会)が高くなった60年から70年以降に、子育てがうまくいかなくなったこと。
その様な現実のなかで育った子供達が、ついには異性を求めるエネルギーすら失いつつあること。
また、出生率の推移や未婚・晩婚の上昇も同じ傾向を示すことなど、符合する点が多い。

これらのことから考えると、本能・共認レベルでは、旧規範(共同体の崩壊と一対婚という婚姻制度)のままでは、見通しが立たないため、異性を求めるエネルギーは湧いて来ないということだろう。

種の存続という根源的な課題に対して、潜在意識は実現の見通し=本能・共認機能に整合した新しい規範を求めているのだろう。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_80096

 この記事に対する返信とトラックバック
集団を超えた社会をどう統合し直すか?(3)〜一切の予断を排して人類の全文明を見直す〜 「日本を守るのに右も左もない」 11/04/12 AM10
229804 みんなで生きることは、みんなで充足すること これんじ 10/04/08 PM10
219773 性の活力再生は社会の再生と同義の課題 わっと 09/11/16 AM00
219772 『集まる』って大切なこと K-brace 09/11/16 AM00
219771 少子化問題の答え 斎藤一浩 09/11/16 AM00
性の衰弱⇒社会とつながる『性』の再生 「感謝の心を育むには」 09/11/15 PM07
219565 集まる⇒始まる 川井孝浩 09/11/13 PM04
219554 【図解】社会とつながる『性』の再生 山名宏明 09/11/13 PM01
「女の器」とは「性の充足で充たすための器」 「イマドキの男女事情!?」 06/12/30 AM05
126111 個としての性から開かれた性へと意識の転換が必要では? 後藤美奈子 06/07/17 PM07
126095 縄張り確保も女の期待発? かにかに 06/07/17 PM04
126093 自我・独占の性は男発 かにかに 06/07/17 PM03
126089 男の性欲が衰弱するのも悪くないかも かにかに 06/07/17 PM03
126007 本能も共認も充たす新しい規範 佐藤賢志 06/07/16 PM00
109819 個人課題としての性では出口はない 匿名希望 06/04/25 AM00
108976 適応とは、実現しようとする姿勢 匿名希望 06/04/14 AM00
100511 役割規範の衰弱による引力の衰弱 雪竹恭一 05/11/07 PM08
98685 性不全が新観念の欠乏を湧出させる 大河明日 05/10/07 PM04
98596 男と女の引力場が形成されるとき 吉国幹雄 05/10/06 PM01
98591 「私が、おばさんになったら?」 田中令三 05/10/06 PM00
89172 最近の恋愛の長期化?と性の引力について 大嶋洋一 05/04/19 PM10
86457 実現体は子どもから? base 05/02/27 PM06
85254 点と点とを繋ぐ新認識 山田純子 05/02/06 PM10
83176 男と子育て 森政子 04/12/26 AM00
83147 性の再生がみんな期待である以上、闘争課題と捉えるべき 鈴木龍也 04/12/25 PM07
82788 出産しない女性→「オニババ」 沼田竜一 04/12/18 PM10
82229 『性』の再生について 久保田彰子 04/12/08 AM00
80781 新しい規範は人を結びつける 後藤美奈子 04/11/13 PM03
80342 異性を求める力が弱まった理由、納得です 木村明子 04/11/05 AM01
80213 セックスレスは情報過多から? お百姓さん 04/11/02 PM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp