恋愛って、何?結婚って、何?
77788 チャネリングは日常的な意識だった
 
阿部和雄 ( 41 設備士 ) 04/09/13 PM01 【印刷用へ
“チャネリング”をWEBで検索すると宇宙や高次の意識存在との交信によりメッセージを受け取り、自動書記や口頭で依頼者(質問者)に伝える・・・という事例が多くでてきます。直接的には90’年代アメリカ発の精神世界への収束現象(ややオカルトや占い的なものもありますが)のようですが、古来より伝わる巫女やイタコの現代版ともいえるでしょう。

今でこそシックスセンス(第六感)とか物質を超えた精神世界などといわれていますが、万物を共認対象とし、期待と応合の中から精霊を見出してきた人類にとって、チャネリングは当たり前の日常的な意識だったのだと思います。むしろ観念を使うということは、共認機能の深いところで常に対象とチャネリングしていること、といえるかもしれません。

しかし、私権に基づく“自我”意識が、あらゆる対象を疑い、利害関係のフィルターで峻別し、支配・利用するようになって以降、本来の観念機能(=チャネリング)がオカルト的なものへと特別視されるようになってきたのだと思います。

自然であれ、人であれ、そして男女関係であれ自我を廃し、対象(相手)と同化し、期待を込め応え合う関係は、本能的な感覚機能(いわゆる五感)をこえたところからの充足感(共認充足)をもたらします。この感覚・意識がチャネリング〜観念機能の真髄なのだと思います。


 
 
  この記事は 77772 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_77788

 この記事に対する返信とトラックバック
78466 チャネリングは対象化の純度を上げていくこと 高梨俊寛 04/09/27 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
雌雄分化における統合
オスメス分化の塗り重ね構造
もともと、生物には親子関係など無かった
蛋白質は多様に連鎖反応する
オス・メスの事実の確認
進化積層体の意味
原始生物の適応(1)代謝系の進化と循環系
全てを個体に還元することはできない
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
免疫系に見られる認識、階層と構造について、その2
HLA分子
今西錦司の自然観に対する共感
老化のメカニズム
精子と卵細胞、そして母体
連続と不連続 mt-DNA解析への疑問
「種」をめぐって「構造」と「機能」
生物多様性のなぞ、その実現構造1
生物多様性のなぞ、その実現構造2
機能進化は遺伝子の変化に直結していない。
ウィルスの変異の仕組み
@iPS細胞とは?〜ES細胞の起源〜
AiPS細胞とは?〜ドリーの誕生〜

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp